子供に身に付けたい「生きる強さ」を育てる子育て術

子供の人生をより豊かにする為に
心を強く育てたい。

「心を強く」するその為に親ができることはなんでしょうか?

予想外のアクシデントや、
事故や事件トラブルに対応できる
力を持つと生きる事に
喜びや楽しいさを見出すことができると
生きやすく、より豊かに人生の時間を
過ごすことができるようになります。

今日は、
子供の心を強くさせる子育て術
副作用とシンプルな子育て方法は2つ
を綴ってゆきます^^

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

そうそう、先にお知らせを
11月2日4日に東京でセッションを行います。
時間やご予約については、明日メールマガジンにて配信しますね。

「努力・苦労」を避ける副作用

努力!苦労!って言葉好きですか?
私は好きじゃないです(笑

聞いただけでウゲー、しんどー、面倒臭い。
ってなります。

努力も苦労もなく欲しいものが手に入る。
それはやっぱり魅力的で
嬉しいなぁって思いませんか?

私も思います。(笑

でも、
この努力、苦労を避けてしまうと
人生に貧しさを感じる。。という副作用があるのです。

人は、努力とか苦労とか
「しんどさ」「痛み」と感じること
ただ、しんどいだけ。
ただ、痛いだけ。
ってやっぱ嫌じゃないですか。

人間の脳も「痛み」を避けるように動いてるので
避けようとする働きがあります。

そして、もう一つ、

できるだけ楽、平坦に。無難に。
努力、苦労を経験せずに生きると、
これもまた、脳は避けようとします。
人は経験した事ない出来事にも
「不安」を感じて避けようとします。

やっぱり
努力とか苦労って、人って避けたいもの
なんですよね。

避け続けていると、
「経験」というものが激減してしまいます。

人は、いろいろな事を経験し
できなかった事ができるようになった時に
自分の成長を感じて

「よし次も頑張ってみよう。やってみよう」
と喜びを感じる事が多いんですが、

その「経験」が減ってしまうと
自分を成長させる喜びを感じる機会がなく
平々凡々と過ごし
無難な人生で感情の起伏を起こさなく
毎日がつまらなく感じてしまいます。

それともう一つ。
経験が少ないと

突然の出来事に弱くストレスに感じたり
パニックを起こしてしまい。
想定外のアクシデントに弱くなってしまいます。

失敗することのメリット

努力や苦労をしたっていいことない。
そんな思いってありませんか?

それはもしかしたら、
努力や苦労は報われず、失敗したら・・・

なんて思いに結びついているのかもしれません。

「失敗は成功のもの」なんて言葉あるじゃないですか。
この言葉

私は、「失敗したって成功しなかったら意味ねえだろ」
って思っていました。

成功しなければ意味がないって思っていたんですよね。

成功や達成は大事
できなかった事ができるようになった時や
やったぜ!!っていう成功体験は
人の自己肯定感は育てくれます。

だから、成功は大切なんだけど

本当に大切なのはそこじゃなくて

経験した事なんですよね、

結果で人が成長するんじゃなくて、
プロセスで人は成長してゆきます。

だから沢山の失敗をして完成させることは
その数だけ人を成長させてくれるんです。

失敗は人を成長させてくれる。
さっきも書きましたが、
人は成長することで喜びを感じます。

実はそれだけじゃなくて、
突然の出来事に弱くストレスに感じにくく
想定外のアクシデントに強くなると
パニックにならなくていい!
というメリットもあるんです。

失敗が人生を豊かにし、心も強くなるんですね^^

親ができる2つのこと

親ができる事って実はとってもシンプル。

まずは
失敗や子供の持つ不安を見守り
心から応援すること

親が見守ってくれる、応援してくれる。
それは子供にはとっても心強い事です。

親が見てくれてる、それだけ勇気が湧いてくる事もあります。

そして2つ目
気持ちに寄り添ってくれる事

傷ついた時にひとりぼっちになる事は悲しすぎる。

うまくいった時、一緒に喜んでくれる。
失敗した時は、その傷に寄り添ってくれる。
「悔しいね」って、「辛いね」って・・・・

実は、見守るのも、寄り添うのも難しい。。。
シンプルなことほど難しい・・・・

見守らずに手出し口出ししちゃうし。
その方が早いし。。。。

でも、子供の経験のため、
それが失敗するか、うまくいくか、自分で経験してみて
初めてわかる事だらけ。

だからこそ、手出し、口出しない事って大切

寄り添うのはもっと難しい。
気持ちを切り替えようとしてしまうし、
励ましてしまう。

親にとって子供が傷つく姿って、心が痛むもの。

だから傷ついてる姿って見たくない。

でもその思いは、子供の成長を止めてしまうから要注意!!

傷ついて、その心の傷は回復するんだ!って
知るチャンス。

傷ついた時に寄り添ってもらうと
涙が止まらなくなって嗚咽を漏らすかもしれない。
息ができないほど苦しさを感じるかもしれない。

そんな時に、親の手が背中にあるだけ
子供は自分の気持ちに集中できる。

そしていっぱい泣いて、泣き飽きたら、前向いて
もう一度頑張ってみようって、歩き出せる。

こんな経験が傷つくことを無闇に恐れず
人生を進んでゆくエネルギーになります。

人生を生きる強さを身につく事ができるようになります。

子供の人生を豊かにするのって
お金や財産じゃなくて、
生きる事をどれだけ楽しめるかじゃないかな

その為に親ができることってシンプルだよね。
ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

◆セッションの予約受付日をみる

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です