子育てで悩むのは、子供と向き合おうとしてる事〜苦しんでるお母さんへ

子供との関わり方って子育てをする親の立場から見ると
永遠のテーマかもしれません。

厳しく叱った後や
きつく当たってしまった後、そんな後悔を感じた事ってないですか?

これでよかったのか。。。
あれでよかったのか。。。

子育てっていつも、後悔ばかりです。

そんな悩みについてちょっとひといき入れてみませんか

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日の夜ツイッターに、子供が道路に飛び出して
お母さんが、子供を平手打ちするという動画が流れてきました。

バズってて、
「子供に危険を知らせるためには、痛い思いをさせるのはいいことでは?」
「恐怖を植え付けてるだけだろう」
「これは虐待だろ!!」

って賛否両論でした。

もしかしたら、
ほとんどの親御さんが「子供に危険だ」と知らせるために
強く厳しく、やってしまう事もあるんじゃないかと思います。

私のところに来られるお母さんやお父さん方のほとんどの方が
子供との関わり方に悩んでいます。

厳しくしすぎて子供を傷つけてしまっているのでは?
私は親としてふさわしくないのでは?
こんな私が親で申し訳ない。
子供を不幸にしてるだけかもしれない・・・・・

そんな風に悩み、もっと良好な親子関係を築いてゆきたい。

と苦しんでおられる方がほとんどです。

私は、
今回のツイッターを見て9年前に
娘が道路に飛び出した出来事を思い出しました。

本当に引かれるかと思って、びっくりした。
そして、私は娘のお尻をピシャリと叩いたのです。

その叩いた事が今も忘れられずにいます。

あれでよかったのかと。。。。。

厳しく叱った後や
きつく当たってしまった後、そんな後悔を感じた事ってないですか?

これでよかったのか。。。
あれでよかったのか。。。

子育てっていつも、後悔ばかりです。

本当の正解なんてわからないから

でも、お母さんもお父さんも実は一生懸命悩んでる。
悩むのがしんどくて、辛くて悩むことに逃げ
アルコールやギャンブルにどっぷりする親もいるのが現実です

でも
苦しく悩んでるお母さん、お父さんがいるのも現実です

子育てで、
悩むことって私は実はとってもいいことだと思っています。

その瞬間子供と向き合おうとしている。
それが時には不器用な方法だとしても
子供との関わりを良くしたいと思って後悔してる。

後悔してる間って「親」という自分に向き合っている時間でもあると思います。

そんな時間って決して無駄じゃなくて、
「親」として成長する事ができる時間になるし

そうやって悩み、解決に向かってゆく事で
親子関係って良くなっていくと
思うんですね。

副産物として、子育ての悩みを解決すると
「大人」との人間関係もよくなってゆくんですよね

子育てで育まれた「人を思う気持ち」は
大人に対しても「思いやり」を持つ事ができたり
相手を尊重することや
自分の想いを伝える事も
子育てで知ってゆく事ができます。

子育ての悩みが多いほど、
子供と向き合っているって事じゃないかなって私は感じています。

これでよかったのか・・・・・

そこには答えなんてないです。ぶっちゃけ。

でも、
厳しすぎる事をしてしまったり、
自分の機嫌で子供に八つ当たりしてしまったとき

こんな私はダメだと、ひととき自己否定したっていいじゃないですか。

でも、そこから

「他には方法がなかったのか???」
「他にどんなやり方があった???」
「これからどうしていけばいいかな????」

そんな風に〜これから〜について考えてゆく事が

もっと親子関係を良好なものになってゆきます。
後悔したら、「他の手を考えてみる」

それがうまく行かなくたっていいじゃない。
うまく行かなったってわかる事も大切。

一歩先を考えて、あれこれリスクヘッジも大切だけど
手数を増やしていけば、突破口や成功感がみつかもしれません。

子育てって大変だけど、
みんなで悩みながら頑張っていきましょう。

いつも頑張ってるお母さんの気持ちに少しの安堵感が訪れますように

自己肯定感を育てる1dayセミナー
11月30日 東京
リトリーブサイコセラピー協会主催
講師 ひがしさやか 藤本あ礼

◆セッションの予約受付日をみる

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です