私の存在価値ってなに?!

こんな方にオススメ▼

人から不当な扱いを受ける。

良いように利用される。

信頼できる人がいない。

私の存在価値ってなに?

ある人が言いました。
「陰で悪口を言ってるのは聞こえてるんだ。
なのに、私を困った時だけ使ってくる、私の存在価値ってなんなの?」

人からいい様に使われ、利用されてしまうのでしょうか?
それは、人を利用する人は、「使いやすい人」=コマ・カモを選んでいます。

利用価値がある人が利用されてしまうわけですね・・・・

どういった人が「コマやカモ」として選ばれてしまうのでしょうか、

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

人を利用してくる人の心理


人に嫌なことを押し付ける=楽したい

自分が少しでも楽をしたい。
誰もが心の底ではそう願っているかもしれません。

人を踏み台にする=地位や名誉が欲しい。
楽もしたいし、自分の地位や名誉も欲しい。
そんな思いが人が人を利用する様になります。

人を利用する人の特徴▼

ずる賢い

裏表がある

感情表現が豊か

悩み事をすぐに相談する

か弱さをアピールする

「私はこんなに頑張っているのに」
「私ではどうにもならないの」
などと言って、人の情けにグイっとつけ込んできます。

「放っておけない」
そんな気持ちを相手に植え付けやすい人を「コマ・カモ」として
ターゲットに狙ってくるのです。

人に利用されやすい人の心理

断れない人、優しい人というのが利用されやす人なのですが、
実はそれだけではありません。

感情を表に出さない人というのが実も利用されやすいタイプでもあります。

こう言った人たちは、「平和主義」の感覚が強く
揉め事を特に嫌い、穏便に日々を過ごせたらいいなぁ。と感じています。

そんな時に
目の前でワタワタしている人や苦しんでいる人を見ると
心がザワザワして、なんだか
「私が助けてあげたほうがいいかもしれない」
そんな気持ちになって、自分がしんどい状況でも、
困っている人を見ると、放ってはおけないのです。

人に利用されやすい人の特徴▼

情に厚い

NOを言わない

平和主義者

人に流されやすい(主体性がない)

劣等感が強い

罪悪感が強い

信頼がわからない

劣等感が強い
人を助けることで、自分のマイナスを補おうとする傾向もあるのが
利用されやすい人の特徴でもあります。

認められたい。人から肯定されたい。
自分はなんの役に立たない存在だから、
人の役に立つ事で、存在価値を見つけようとしてしまうのです。

困っている人を放っておく、助けない
そんなことは
「相手を見捨てる行為だ」という感覚が強く、
困っている人がいると
どんなに自分がしんどい状況であっても
自動的に、無意識に手をさしのばしてしまいます。

利用される人の多くは
「頼られる事」と「利用される事」の違いが
自分の中で曖昧させてしまいます。

「頼られる事」と「利用される事」の違い

頼られる事・・・・人に信頼、信用される事
一方で
利用される事・・・・気持ちを汲み取らず、いい様に使われ、捨てられる事

信頼し、「気持ちのある人」として扱ってもらえないのが
利用なのです。

解決に向けて

その人が、頼み事をしない様になるには、相手を変えることはできませんが
利用される人自身が断ることで、
「この人は利用できない・・」とターゲットから外れることはできます。

誰もがターゲットから外れた時、
自分で出来る事は自分でやらないといけない。
と本人が気づく事になると思います。

その為には、利用される側が

これは、自分がやる事なのか、相手がやる事なのかを冷静に判断してみる
相手がやる事だと判断したら、
断る事が必要不可欠になってきます。

あなたがどんな思いで頑張ったとしても
価値が上がるのは、あなたの存在価値ではなく、利用価値が上がってしまいます。

利用価値が上がる。。。
この言葉を聞いて、あなたは何を感じますか??

「利用」という関係性ではなく、
フェアな関係性が人と作る事ができると
人間関係の苦しみを1つ減らす事ができますね。


カズ姐さんの1DAY心理学講座▼

【東京】

カズ姐さんの深くて面白い心理学&オープンセッション
日時 1月13日(祝)

 

古田しほ、福満多岐子、喜多村純子 リレーセミナー▼

【大阪】

自由で安心できる人間関係を手に入れるための 1DAY セミナー

日時 2020年2月9日


◆セッションの予約受付日をみる

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です