完璧な母親になろうと頑張りすぎるそれは子供を苦しめる事になる

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^
メリークリスマスです!

みなさんイブはどんな風に過ごされましたか?

私は、昨日クリスマスパーティーを家族と義理の母とで行いました^^
ローストビーフを作ったのです^^

一見難しそうな料理なのですが、すっごく簡単に作れるので
得意料理というと驚かれます^^
そして朝はサンタさんが来て、トナカイは差し入れの人参をひと囓りしたようです^^

さてさて、本日のコラムは
完璧な母を目指してしまうほど子供を苦しませる。
ということに綴っていきますね〜
クリスマスだけではなく、イベントになると豪華な飾りに、手作りの料理で埋め尽くされるテーブルの写真をよく見かけませんか?
そこにはとっても温かく幸せそうな家族の風景が映り出されてる写真
すげぇな〜と思って眺めています
そういった豪華なパーティーの準備を楽しめるのはいいのですが、
これをストレスに感じながら子供が喜ぶため、子供の笑顔を見るために
頑張りすぎてしまうとマズイ事になってしまいます。
子供のために頑張りすぎてしまう。。。
それは完璧な母親を目指しているサインなのかもしれません。
サインはこんな風に表面化されます
例えば、
子供が喜ぶだろう。。。って思ってやってみたのに
子供のリアクションが想像外のリアクションを見たとき
こんな風に感じことはありませんか?
クッソーー!!
はっ?!なんで!!
あんたの為に思ったのに何その態度!!!
ムカーーー!!ときたりムキ!!ってなったって
頭の中の火山が大噴火 ボルケーノーーーーーーーー!!!!
となった後
私なんの為にやったんだろう。
と虚しくなる。。。。。
私もありました。
せっかく作った料理を残されたり
「これ要らない」
なんて言われた時は
「もう二度とお前には料理は作らない!!!」と
「ママがどんな思いで作ったと思うの?!」と
大噴火しておりました。
子供はその姿を見て「ごめんなさい。。」と泣きながら食べていましたが、
私の気持ちはそんな事ではおさまりませんでしたねぇ。。。。
嫌なら食べるなや・・・・って
こんな経験ママなら一度や二度経験した事あると思います。
実は、そこにはこんな心理が隠されています。
心理については本日メールマガジンにて配信いたしますね^^
本日配信のメールマガジンでは、1月のご予約受付日の他
クリスマス特別割引についてもお知らせいたしますね^^
配信は17時を予定しております。
◆無料メルマガ読者募集中

私の心理の師匠、カズ姐さんの1Dayセミナーが大阪で行われます。
11月16日
ダブルバインドの様々な事例についてお話があります。
大阪1DAY心理学&オープンセッション


プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です