機能不全家族から抜け出すためにはどうしたらいいの?

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

年が明けて、半分が過ぎましたね。
明けましておめでとう^^と言ってた日が随分前に感じます。
時間の流れでこんな話をむかーしに聞きました。

20代は時間の流れが早くなるよーと
30代になると、もっと早くなるよーと聞き
40代なんて瞬きで日々が過ぎるから。
墓場まで一瞬だなと思ってたら。60、70は牛のようにゆっくりになるから。
安心してと(笑)
働き盛りは、毎日が濃厚なので早く過ぎるように感じるんですね。
時の流れは、生まれた日から同じなのに


さてさて、皆さんは
家族が家族として機能しない、機能不全家族という言葉を聞いたことはありますか?
機能不全家族の中で育つと
『人から嫌われる事』『人から見捨てられる事』に敏感になり
心地よい人間関係を築くことができなくなってしまいます。

今日はまず、機能不全家族について綴っていきますね。
機能不全家族から抜け出すためにはどうしたらいいのでしょうか。

機能不全家族で育った人が自分の「家庭」を持った時
この家族をどうしたいいものか・・・・
家族ってなんなのか・・・・
そもそも家族ってなんだろう。。。と言う思いにかられ
悩む人が多くあります。

まず
機能不全家族とはなんだ。
ってところからの説明をしておきますね。
家族という場所は子供にとって、安心で安全な場所であると
子供は「自分の個性」を大切いして育ってゆくことができます。が
機能不全家族ではその個性が認められることはありません。

家族という場所が不安定で、
「母親」が母親として「父親」が父親としての
役割を果たされて居ない。
戦後の日本の80%が機能不全家族だと言われているほど、
ほとんどの家が機能不全家族なのです。

うちは機能不全家族なんかじゃない。と思っている人も多いと思います。

私も最初は、自分の幼少期の家が機能不全家族だとは思いもしませんでした。
父親、母親、兄と祖父母、どこにでもあるような家庭でした。
むしろ、機能している家庭だと思って居ました。

機能不全家族かどうか、見分けるのはとっても簡単です。
泣くなと怒られていたら機能不全家族

機能不全家族には、暗黙の家族のルールがあるのです。

あなたの家の家族のルールは何がありましたか?

機能不全家族に多い「家族の決まりごと」があります。
このルールを知った時、私は衝撃がありました。
全部あるわ!って

機能不全家族のルール

・話をするな
・感情を表現するな
・人を信じるな

うちは、特に上の2つがとても強かったです。

・話をするな
我が家が自分の話をする事をあまり良しとされて居ませんでした。
学校で起こった事を話すと、「こんな事あってな!!」と
ワクワクしながら、話すと「お前そんな事したんか!!!」と
最後には怒られる。自分はダメで恥ずかしい存在なんだと思い
親に話してもどうせわかってもらえない。と話さなくなりました

・感情を表現するな
泣くと「泣くな!」と怒られる
怒ると「お前なんかが怒るな!!」と怒れる。
喜ぶと「調子に乗るな」「うるさい」と怒られる。

泣く事、怒る事、喜ぶ事を親の都合で禁止されていました。
感情を表現するなって事なんです。
感情を表現すると「うるせーーーー!」という親の声が聞こえてきました。

・人を信じるな
父はよく
「ええか。。お父ちゃんは嘘つきやからな。お父ちゃんを信用したらあかん」
と言われて居ました。
子供からしたら「ハテナ?」です。
本当に父親は嘘つきでした。
どこかに連れて行ってやる!と行っても本当に連れて行ってくれる事はほとんどなくて
「よし!どっか連れて行ったろ!」と行って、ワクワクした瞬間
トイレに連れて行かれたことがありました。
トイレの中で、期待が壊された悲しさでただ泣いて居ました。

話すこと、感情を表現すること、人を信じること
この事を、大人の都合で禁止し子供を育てると

子供は、生きるエネルギーがどんどん削れていきます。
だけど、死ぬわけにも行かないから。

どうやって生きたでしょう?

そうです。親に合わせて、親の言う通りに生きたのです。

このルールを背負って今も生きているとしたら?
実は、大人になった今も、
子供の頃の家族のルールを背負って生きている人がとても多いのです。

子供の頃のルールって
子供の頃からある当たり前の決まりごとで、違和感もなく
それが本当に「当たり前」で違和感なく受け入れているんですね。

自分が禁止されている事を目の前でされちゃうと
ファ!!!!!そんなこと許されるの?!
何考えてるの!!!!!
ちょっと待って!!!
信じられない。

と仰天の眼差しでその人を眺め。
自分がドキドキしてしまったり。
自分が焦ってしまう
自分が怖くなってしまう。

逆に「どうしてそんな事が出来るのか」
とその人に怒りを感じることもあると思います。

子供の頃のルールに縛られ、
自分のことを話す事が出来ずに一人で悩みを抱えて居たり。
自分の欲求がわからず、「自分はどこにもいない」ような感覚を感じたり
この人はどうせ私を嫌いになる。私を裏切るんだろう。と
人と関わる事に恐れてしまう。

家族のルールは大人になると生きづらさを生み出します。

ルールを破ることは、
居場所を失う事、
孤独になる事、
生きていけない事

確かに子供時代はそうだったと思います。

ですが大人にるとそのルールを必要としない現実があります。

機能不全家族から抜け出すには
子供の頃にあった大人の都合で作り出された
「ルール」「約束」「決まりごと」から
自分を解放する事です。

そうするともっと自由に生きる事が出来るようになります。

自由を手に入れていきましょうね^^


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会

【新春企画】かずことみどこの新春大放談会

題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です