人生に充実感を感じられないわけとは

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨晩雨が降ったようで、桜散っているかなぁと
朝家の窓から見える桜を一番にチェックして見ると
まだまだ咲いていました。
桜が咲いているのを見るとワクワクします。
今日の大阪は20度!もう寒くならない??
これで春って思っていいかな

さてさて、本日のコラムです。
本日のコラムです。
最近セッションを通して感じる事が多いのが
「今」この瞬間を生きる事ができていない人が多いな。
と思う事です。

今、この瞬間を生きる事ができていない。
ってどういう事?って思われる方も多いかもしれません。

幸せを感じる事ができない
過去の出来事にとらわれてしまいやすい
なんだか毎日ぼーっとしているような気がする
目の前の事に集中できない
無気力な日が続いてる。

そんな時、もしかしたら
「今」を生きていないのかもしれません。
今日は、
「今」この瞬間を生きることの大切さについて
綴っていきたいと思います。

今を生きる事が出来るようになると
人生に充実感を与え
幸せを喜びを感じられるようになります。

みなさんの頭の中ってどうなっています?

突然の質問ですよね。

頭の中が
明日あれしないといけないなぁ。。。
あれ。。。大丈夫かなぁ

なんであんな事したんだろう
あれやり忘れていたなという

などという
「未来の不安」「過去の後悔」
などが頭の中を占領している事ってないですか?

頭の中がスッキリしない

頭の中がごちゃごちゃしてしまって
いっぱいいっぱいになってしまい。
考え事だけで疲れてしまい
やる気をが起こらなくなってしまい
時間だけが過ぎてしまう。

この状態、頭の中が「未来」を想像したり
「過去の体験」を思い出したして
「今」この瞬間から意識がぶっ飛んでしまうのです。

ふとした瞬間に、未来や過去に意識がいってしまい
今この瞬間に集中できていない状態なのです。

どうして自分ってこんなに集中力がないんだろうか?
集中力がない自分ってダメだな。。。と感じる人も
多いかと思います。

実はこの意識がぶっ飛んでしまうのは
幼少期の家庭環境の「育ち方」が大きく関係しているのです。

幼少期にこんな経験はありませんでしたか?

・親がいつ噴火するかわからない人だった
・親の様子を常に伺っていた
・親の指示が多かった
・親の支配が強かった
・親が心配性だった
・ネグレクト状態で育った

このような体験が幼少期にあった場合
意識を「今」に置く事ができなくなってしまいます。

だって。。。
親が何をいつ何を言ってくるかわからない
常に親の意識を上回る
「予想」をしておかないといけい
いつでもすぐ動けるように臨戦態勢でいない

今に集中しようとすると
「怒られるぞ!大丈夫か!!!」
と脳が警笛を鳴らすのです

大げさに聞こえるかもしれませんが
自分が傷つかないように、自分が壊れないように

考える事で自分の命を守っていた。

考えることをやめることは、自分の命を危険に晒す行為

なのです。

常に体も脳も命の危険を感じ
恐怖で怯えているのです。

そんな子供時代のことを覚えてもいない。
そんなに怖かった記憶もない。
そう感じる人もいるかもしれません
しかし。。。

体は、脊髄反射かのように
意識をしなくても動いてしまっているのです。

意識を今に集中できない状態では
嬉しい事や楽しい事があっても
なぜかその体験がぼんやりしてしまい。
後の記憶に残らなくなってしまいます。

まるで夢の中の出来事であったのような感覚で
幸せを感じられなくなってしまいます。

幼少期の過去の恐怖体験を癒し
今に集中しても怖い事が起こらない。
警報が鳴らなくなると
意識を飛ばすという脊髄反射は自然に止まります。
(意識的に止めようとすればするほどしんどくなります)

そうすると、
今に意識を集中させて
その瞬間を楽しむ事が出来るようになってきますよ^^


「私、どうして幸せになれないの?」
頑張っているのに幸せになれない人のためのお茶会
*開催日

大阪:4月29日(月祝)10時~14時 担当:古田しほ

東京:5月15日(水) 13時~17時 担当:木村貴子

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です