頑張りすぎて息切れしてませんか?

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

この週末は、大阪車で6時間ほどのドライブを経て

愛媛県松山市に
日本リトリーブサイコセラピー協会の心理勉強会の為に
お邪魔しておりました。

愛媛県に行くのは子供の頃以来で、2回目の経験でした。

道後温泉などの観光はできなかったのですが、
車で走ると山並みがとても気持ちよくて
その雰囲気に愛媛県がすごくーく好きになりました。

このお仕事をさせていただいていると
様々な地方に行かせていただく事が出来て
その地方に触れる事が私はとっても好きです。

そして今回鯛めしがすこぶるおいしかった!!

滞在中鯛しか食べてませんでした(笑

地方でいただく名物に触れられる事も喜びです^^


さてさて、本日のコラムですね。

みなさん日々の生活で「息切れ」を起こすことはないですか?
あ、、動悸、息切れの救心ではない方の「息切れ」です。

生きることそのものに疲れてしまい。
休みたいな。。。
少しどこかに逃亡したいな。
人生そのものに息を切らす。「息切れ」です。

どうして息切れを起こすのでしょうか。
それは単純、疲れているのです。

疲れさえしなければいいのですが、
なぜだかそれを出来ず、
クタクタになるまで動いてしまい。
目標にたどり着くまでに、何かを失ったかのような
喪失感を感じてしまう。
そうして、生きる苦しくなってしまう。

どうして疲れるまで走ってしまうのか。
走り続けてしまう
理由を綴っていきたいなと思います。

うまく息抜きを取り入れられる
そんな風になるにはどうしたらいいのでしょうか?

みなさんこんな風に思ったことってないですか?
頑張らないといけない
とにかく今は頑張らないといけない。
やるしかない。

自分がやるしかないんだと
自分のお尻をケツバットして
自分を作動させる。
頑張らせる。

本当はもうしんどくてクタクタなのに、
自分を奮い立たせて頑張ってしまう。

何の為に頑張っていますか????

少し前に「頑張らずに生きる」という事が流行りました
その時、「私頑張りたくないんです!頑張らずにいきたいのです!」
と仕事をやめ。好きな事だけをして生きるを選んだ人たちが
生き抜く事が出来ずに
元の生活に戻っている人がどれほどいただろうって思います。

私は、頑張は決して悪い事だと思いません。
時には頑張る事も必要だと思っています。

大切なのは、
何の為に頑張るのか。
誰の為に頑張るのか。

ということなだと思います。

頑張る。という方向性を間違えてしまうと
息切れを起こしてしまうのです。

息切れを起こして頑張ってしまうという人に
頑張ってしまう理由にこんな事が多くあります。

・人に認められたい
・人から貶されたくない
・出来ないやつだと思われたくない。

実は、こういった思いを
頑張る材料にしていると、息切れを起こしてしまうのです。

周りの目線や自分へ評価を変えたい。

そんな気持ちで頑張ってしまうと
頑張る事がやめられなくなるのです。

評価をもらう為に頑張っている。

もしそれをやめてしまったらどうなるでしょうか?

そうです。
評価が与えられなくなってしまいます。

頑張って評価を与えてもらっていたら尚更
やめられなくなります。
やめてしまったら、
今までの全てが壊れてしまう。

やめられますか?

やめられないですよね

だから息切れを起こそうが、
走り続けるしかないのです。

やめてしまえば評価を失ってしまう
その怖さが
無意識の中にある事がとても多くあります。

評価を失う事はあなたにとってどういう事でしょうか?

例えばこんな事があります。

認められなくなれば、居場所を失う気がする
仲間外れにされてしまいそう
そんな自分はいらないと言われてしまいそう
ここにいちゃいけない気がする。
自分の存在価値がなるなる気がする

などなど

評価を失うこと=居場所を失うことに
人からの評価が自分の居場所を直結してしている
と居場所を失う怖さから
頑張り続けることを自らが選んでしまうのです。

頑張ることを選ぶしか他に選択肢がない状態に陥ってしまうのです。

だから頑張り続けることをやめられないのです。

頑張る理由が他人からの評価というのは
とても他人軸なのです。
どんなに自分が「頑張った」と思っても
他人が「頑張ってない」と言えば
ゼロになってしまいます。
ゼロを1にする為には、もっと頑張らなくてはならい。

少し表現が偏るかもしれませんが
他人を黙らす為には頑張らないといけない
そんな感覚があるのかもしれません。

他人が「頑張ったね」と認めるまで頑張らないけないのです。
どんなに頑張ってもゼロになるかもしれない。
これってとってもしんどいですよね。

だから息が切れるのです。

自分のために頑張っているのではなく、
他人からの評価の為に頑張っていると
足を止めることもできないのです。

頑張ることを止めるのではなく。
他人からの評価の為に頑張ることをやめてみると

自分の「頑張り続けなくてはならない」
そんな思いから解放され
自分のペースで自分の為に頑張る事が出来るようになります。

そうすると
頑張る事が苦痛じゃなくなるんですよね。
頑張る事が夢が叶う事、将来を作る事、未来を築く事
そんな風なモチベーションで頑張る事が
楽しめるようになります。

私もね、頑張る事嫌いでした
でも、
今はね、頑張る!というよりも
未来を築く楽しみに溢れているので
苦痛ではなく息を切らさずにやる事が出来るようになりました。


「私、どうして幸せになれないの?」
頑張っているのに幸せになれない人のためのお茶会
*開催日
大阪:4月29日(月祝)10時~14時 担当:古田しほ

東京:5月15日(水) 13時~17時 担当:木村貴子

【東京】公認心理セラピストによるオープンセッション

6月2日(日)開催決定!

我慢して頑張っているのに、幸せが遠いと感じているみなさんに
公認セラピストの垣内満寿美さん、新潟の田中めぐみさんが経験を元にお話させて頂きます。

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

頑張ることの方向性を見直してみませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です