夫婦仲を円満にしていくためにはどうしたら良い?

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

先週末G20で警戒態勢の大阪でしたが
私は福岡に
個人セッションとリトリーブサイコセラピー協会主催の勉強会を
行ってまいりました。

普段は飛行機移動が多いのですが、
今回は新幹線での移動
飛行機とは違って福岡がすんごく遠く感じました。。。。。
でも帰りは「さくら」に乗ったのですが
シートも広々としていて乗り心地最高!!
今度から福岡に行くときは「桜」に決めます!!

さてさて、お久しぶりのブログになりますね。
なぜかブログのサーバーにアクセスができずその間
せっせとツイッターの更新をしておりました。

ぜひフォローしてくださいね^^
ツイッター
古田しほ@家族の悩み解決心理セラピスト

さてさて、本日のブログは
ここのところ書き綴っております。
夫婦関係

・夫(妻)が怒る事が面倒だと感じる
・夫(妻)の関わりに上下関係がある
・夫(妻)の悪口を子供に愚痴ってしまう

に引き続いて4弾目になりますね。
・夫(妻)に対して感情的になってしまう

夫や妻に対して感情的になってしまい
落ち着いて話せない

「キレtてしまう」夫や妻の心理
キレる親を見ていると子供の心にどのような影響を与えるのか
落ち着いて話し夫婦仲を円満にしていくためにはどうしたら良いのか
について綴ってまいります
ぜひ今日からのご夫婦の会話にご参考にしてくださいね

キレるという人は、我慢ができない、すぐキレる
と捉えられている場合が多いのですが、

私はそうでもないと感じております。

なぜなら、

コツコツと自分のやるべき事をしっかりとこなし
本当は嫌なことも
自分がやるしかないか。。。と我慢して
自分を抑えて、抑えて、
抑え続けて、引き金が引かれるような出来事が起こった時
ドッカン!!!と抑えていたもの溢れ出してしまう。

我慢に我慢を重ねた結果キレてしまうからでう。

夫や妻にキレてしまい感情的になってしまう。
夫(妻)の言動にイライラ・・・・・
している時、の心理状態ってどうなっているのでしょう??

キレる人は
表面的には怒っているように見えるのですが
実は本当は「怒っている」訳ではないのです。
別の感情が隠されているのです。
どんな感情が隠されているのでしょうか・・・・

夫(妻)に対して感情的になってしまってしまう
そんな時、こんな気持ちを感じていることはないですか?

「どうしてわかってくれないの?!」
「ちゃんとやってよ!!」
「自分はこんなにやっているのに!!」

相手は自分を理解していないのではないか?
そう感じた時、
「私のことをわかってよ!!!!」という思いが爆発してしまい
キレてしまうという行動を衝動的にとってしまいます。

怒りという感情は人を動かしたり人をコントロールするには
とっても便利な感情でもあるのです。

自分のいうことを聞いてほしい。わかって欲しい。
相手の考え方や、行動を
自分の思うように変えたい。その思いが強い時ほど
キレるのです。

でも
本当に怒っているのか。。。というと・・・・・

自分の辛さやしんどさ
自分の頑張り、そんなものが報われない時
「私はなんのためにやっていたのだろう・・」と
人は虚しさや空虚感を感じます。

その思いは
「私って何の為にこの家に存在しているんだろう」
「私ってその程度の価値しかないの?」
「私はこの家にいる意味がない」

本当は寂しさや悲しさや不安を感じている場合がとても多いです。

しかし、寂しさや悲しさという感情をうまく表現できない場合
怒りという感情を使って「キレて」自分の感情を表現してしまう傾向があるんですね。

本当は寂しい、悲しいんだけど。
その気持ちを自分自身が一番感じたくない。
「怒り」という感情を使って「寂しさや悲しみ」を感じないように
しているのです。

怒りの感情が一番肌馴染みのある感覚でもあるのです。

寂しさや悲しみを感じたくない
という隠れた思いがキレるという衝動を起こしてしまっているのです。

キレる親を見ていると子供の心にどのような影響を与えるのでしょうか

子供は感情的になりキレるお父さんやお母さんを見ていると
いつ怒ってしまうだろうと
ハラハラドキドキして
「不安」を感じている事がとても多いです。

そして、感情的に怒る親を見ると
「親を怒らせないようにしよう。そうすれば不安を感じなくていい」
親が怒らないようにするためには・・・・・
親をわかってあげればいいんだ!!!(ピカーん!!)

親の理解者になろう!!
という心理が働くようになります。

親の理解者になろうとした子どもは
親の仕草から気持ちを察知して
親を悲しませない。怒らせないように
自分を押し殺して
「いい子」を演じるようになります。

「いい子」を演じるようになった子供は
自分のために生きることがとても困難になります。

なぜなら、自分の安心のためには
人の理解者にならなければならない。

自分の行動が人を怒らせるのじゃないないだろうか・・・
そう思うと、自分よりも人を優先的に考えるようになり
人の為に生きることが安心な事で
自分の為に生きることは不安な事だと
感じるようになるからです。

人の為に自分を抑え
言いたいことも言わず
ただ親の為に頑張る。

落ち着いて話し夫婦仲を円満にしていくためにはどうしたら良いのか

最初にもお話ししましたが、
キレる衝動を起こしてしまう場合
「わかってくれない」という思いを抱えている事が多くあります。

「人は私をわかってくれない」という前提を持っているんですね。

どうせわかってくれない。
でも
わかってほしい。

この気持ちがせめぎ合い

わかってくれないなら、わからせたい!!とキレてしまうのです。

「私のことを、わかってくれない」という思いは
今に始まったのではなく
幼少期からほとんどの方がその思いを抱えています。

「自分の両親がわかってくれない」
「私を認めてくれなかった」
「私の気持ちに気づいてくれなかった」
など

両親が自分をわかってくれない。という思いは
「誰も私をわかってくれない」
この世の中でひとりぼっちになった気持ちまで膨らんでしまいます。

どうせわかってくれない。
その気持ちを抱えている方は
自分の気持ちを伝えることを諦めてしまっている事が多くあります。

言わなければ、
わかってもらえない絶望を感じなくていい。

その「わかってもらえない」気持ちが消えてなくなるかと言えば
そうではありません

両親に求めていた気持ちを、
「私の理解者でいて」という気持ちを無意識に
夫や妻に求めてしまいます。

その夫や妻が
理解してくれない。
わかってくれないと感じた時

「あなたまで!!!!!」という気持ちになってしまうのです。

人にわかってほしい
私という存在を理解してほしい。

そう思った時
「私は誰にも理解してもらえない」という気持ちを捨てなければなりません。

でないと、
理解してもらったとしても、それを信じる事が出来ないからです。

人から理解されたかった場合は
人のことを理解しょうと頑張り
自分の気持ちを押し殺してきた人が多くあります。

あれ???なんかさっきどこかで読んだ記憶ありません???

そうなんです。

人の為に自分を抑え
言いたいことも言わず
ただ親の為に頑張ろう
としてきた子供自身が
あなたなのかもしれません。

誰にもわかってもらえなかった
心の傷を癒すと

本当のことが見えてきます。
それは

「傷つくのが怖くて本音を伝えてこなかった」ということに

他者を理解してきた人にとっては
自分の本音を言うことはとても怖い事なのです。

キレると言う瞬発力で
「本音を言う怖さを」感じさせないようにしていたのです。

自分を感じず、キレて伝えれば、
「本音を言う怖さを」感じなくて済むと言うメリットがあるから
キレるという行動を選んでしまうのです。

本音を言う怖さがトラウマに繋がっていたのです。

この心の傷とトラウマから解放されると
本音を怖さが薄くなりますそうすると

本音を伝える事に「怒り」を使う必要がなくなるので

夫や妻にキレる必要がなくなるのです。

キレると言うやり方ではなく
本音を伝えることができるようになると
暖かい夫婦関係を結べるようになると思います。

『ひとりで悩まないで!!
 ~ 頑張らずに幸せになるためのお茶会
のお申し込みがスタートいたしました^^

今回のテーマは「頑張らずに幸せになれる方法!」


東京:7月6日(日) 13時~17時 担当:ひがしさやか
大阪:7月15日(月祝)10時~14時 担当:古田しほ

またみなさんとワイワイしながらお話しましょうね^^

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です