夫婦共依存からの脱却法

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

最近と言っても。。。ここ二日の話なんですけど。
筋トレを始めました。

筋トレしたいなぁでも、、、腕立て伏せ?腹筋??スクワット
全部やるの大変やなぁ(筋トレしたい人のセリフじゃない)
有酸素運動もしたいやん(口だけは一丁前です。)

なんかいい運動方法ないかなぁ。。。と考えていたところ
ピッカーン!

せやせや!!バービーやないか!!
と思い出しました。

中学の時部活でやらされたバービー。
続けてみうよと思います。バービー

さてさて、本日のコラムです。

お茶会の記事が続いていたので、
みなさんの記憶から飛んでしまっているかもしれませんが

今夫婦問題について綴っている真っ只中でございまして、
過去記事はこちらでね

・夫(妻)が怒る事が面倒だと感じる
・夫(妻)の関わりに上下関係がある
・夫(妻)の悪口を子供に愚痴ってしまう
・夫(妻)に対して感情的になってしまう
・夫(妻)に対して不満を抱えているが、言えない

5つの章に分けて綴ってきましたね〜
今日は最終章にしようと思います。

さて今日は、、、「夫婦共依存からの脱却」です。

夫婦共依存を脱却するには離婚しかない?

そんな事ないですよ!離婚しなくても夫婦の共依存関係からは脱却できます。

その方法を今日は伝えていきますね。

これまで綴ってきたのもは
夫婦の共依存に発展していったり
すでに共依存を起こしているといった場合
に抱えやすい夫婦問題でもあります。

共依存とは、
共に依存しあい。
お互いのどちらも「お互いの穴を」埋め合う仲。

ツイッターでも書いたのですが。
共依存の場合

私はダメ

この人はダメ
から始まる 共依存

ダメだから
離れないで
離れられない

私がダメか
この人がダメか
人間関係のどちらかにダメを持つ

自分か相手に❌をつけていながらも
相手がダメだから離れないのです。

相手を尊重するどころか
相手や自分のダメを補い合うことで成立する
共依存

お互い心地よい関係どころか。
お互いにストレスを感じる関係性となってしまう
共依存

共依存を起こしてしまうと、
自己の成長が止まってしまうのです。
そうすると、
人生そのものがストップしてしまいます。

いわば、なんとなく
「しんどい、めんどくさい関係が。ずーっと続くのです。」

これって、夫婦あるあるかもしれなけれど
こんな関係を築いていくために、「結婚」したんじゃないと思う。

夫婦が楽に過ごすゴールってどこにあるんでしょう。。。。

それは簡単・・・・

ご夫婦で話し合うのが一番なんです^^

夫婦が「家族。家庭」を育てていくには
夫婦で話し合うしかないのです。

「お互いが、幸せでいるために」何をしていくかを^^

「話し合い」を面倒に感じていて
避けていては何も始まらないのです。

相手が話を聞いてくれないという時もありますよね

日常の些細なコミュニケーションミスがあると
相手の話に耳を傾けるのに億劫になることもあります。

大きな話し合いをする為には
いきなり「大きな課題」に取り組むんじゃなく
小さなコミュニケーションからスタートして行くといいです。

例えば、
おはよう、おやすみ、ごめんね。ありがとう

顔を見て伝える。
こんな言葉のまぁいいっか。言わなくていいや。
そんな思いが
コミュニケーションのズレを生み出すきっかけになります。

顔を見て伝えられないなら
ラインで先に寝るねおやすみ!
先に出るねおはよう!

小さい言葉の関わりを持つことで、コミュニケーションが始まります。

そこをクリアしたら、本題なのです。
「お互いが幸せになる為にはどうしたらいいか」

自分の幸せのために相手を犠牲にしてはいけない。
相手の幸せのために自分を犠牲にしてはいけない。

それは不満を生み出すことにしかならないから。

片方が「個」として生きることができるようになると
共依存関係は成立しなくなります。

「お互いの問題を隠しあっている」
それが共依存です。

自分の問題は自分で解決する
相手の問題は相手が解決する。

相手の問題に口出ししない。
それ難しいよ!!!言いたくなるよ!!!
ってなるかもしれないけれどね。

相手を見守る強さが大切なんです。

夫婦って大変だね。
お母さんでも、お父さんでもない、人との関係。
でも、死ぬまで一緒って決めた相手

お互いが「楽しいね」ってアイス食べながら笑える。
まぁアイスじゃなくてもいいんだけど、

一つのものを一緒に楽しむって事を言いたかったの。

共依存から脱却する為には

お互いが幸せになる為に!

行動を起こしていく事です。

ご夫婦がいつまでも仲睦まじく過ごせますように

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です