毒親に育てられた人の人生回復術〜毒親の見分け方編

幼少期に親とどんな関わり方がありましたか?

もぅ終わった事、記憶にはない幼少期の出来事
と蓋を閉じてしまっている方も多くいます。
しかし、そういった方ほど
「感情」を抑え続けてしまいます。

だって、
感情を感じることは、とても怖い事だと
幼少期にインプットしてしまっているから

生きづらさを紐解いていくためには、
幼少期の親子関係を見つめ直してみると
スルスルと紐が解けてゆきます。

親からの支配があると
感じないように考えないように生きる事を優先にしてしまいます。

今日は
親からの支配とコントロールと
感情と思考について綴ってゆきます。

親からの支配とコントロールには3つパターン

恐怖で支配

子供が自由に行動しようとしたり、
親が気に入らないことがあったりすると
子供に「恐怖心」を受け付けて
親の思い通りに子供のをコントロールをします。

恐怖心の煽り方は様々で
子供を叩く、殴るなど暴力や
これは、子供は殴られる事が怖くて、
親の言いうことを聞くようになります。

過剰な罵倒も恐怖でのコントロールです。
直接手を出さないけれども、
言葉の暴力も子供の自由な心を破壊されてしまいます。
例えば、「出て行いって」という言葉や「うちの子じゃない」
この言葉は、
自分が生きるための居場所を失う恐怖となるのです。

恐怖で支配されると
子供は命の危機を感じます。大袈裟?だと思われるかもしれませんが
叩かれる、それは体が壊れてしまう感覚に繋がります。

子供にとって
居場所を失うという事は、生きる場所を失う命の危機です。

恐怖で支配された子供が大人になると

・自発的な行動をとる事が難しい
(勝手なことをすると親の逆鱗に触れてきましたから)
・常に人の顔色を伺う
(怒っていないか怖くてたまらない)
・カッとなった時に手が出そうになる。
(親の行動パターンを真似てしまっている)

恥で支配
「恥ずかしい」という感覚を使って
子供を支配コントールします。
同時に「完璧であれ」というメッセージを送っている場合が多くあります

「そんな事もできないなんて恥ずかしい」
「人から笑われるよ」
「お前は恥ずかしい子だ」
「近所の恥さらしになる」
「この家の恥」

恥を掻かないように、自分を取り繕い。
ダメな自分を消すかのように完璧を目指しているのに
いくら努力しても
完璧できない自分に苦しめられてしまいます。

自分はダメな存在だ
恥ずかしい存在だと自信を失ってしまいます。

恥で支配された子供が大人になると

・常に自信が持てない
・人前で話す事が苦手
(自分は恥かしいという前提がある)

・劣等感が強い
(自分はダメな存在だという前提があるから)

罪悪感で支配
「お前がいるから、私はこんなに大変なんだ」
「お前が男の子だったら(女の子だったら)私は・・・」

親の苦しみを子供の責任を押し付ける
子供に罪悪感を持たせて支配、コントロールをする

親が不幸なのは私のせいだと、責任を感じ
その罪悪感から
少しでも、親の役に立ち、親を助けようと
自分の事よりも親を優先させる。

罪悪感で支配された子供が大人になると

・自分は人に迷惑をかける存在だと感じる
(自分がいる事が罪だと感じるから)

・人のお世話役に徹する
(人の役に立つことで、自分の居場所を確保できる)

・自分が楽しむことを避ける
(自分だけが楽しむことに申し訳なさを感じる)

毒親育ちの苦しさ

恐怖・恥・罪悪感を使って支配されると
自分はいけない子。ダメな子なんだ。

そんな自分は簡単に捨てられてしまうかもしれない。

見捨てられることに強い恐怖を感じるようになります。

そんな恐怖を抱えた子供たちは、
見捨てられないように
自分の感情を捨てたり、切ったり、無くしたりして
自分の素直な考えを持つ事をやめて

親の顔色や周囲の空気感を読んで

怒られない答え、恥をかかない答え、
人に迷惑をかけない答えを出す事が
自分を守る術だったのです。

自分の意見よりも周囲の反応を大切に考えるようになり
自分の考えを持って行動取れなくなってしまいます。

こうして
自分が行きたい高校ではなく、親の空気で高校を選び
大学、就職、結婚相手
そういった選択が「自分の為」ではなく
否定されない為の生き方が定着してしまうのです。

自分の考え行動に起こす事と幸福感

自分で考えで自分の人生を選ぶ事は幸福感を呼ぶ
と言われています。

自分の好きな事を選び
その自己実現の為に、
挑戦したり失敗を重ねて
成長して、達成した喜びがまた次の成長に繋がってきます。

人に見捨てられる恐怖が強いと
その恐怖から、自分の好きな事を選ぶ事ができなくなってしまいます。

次回は、
親から支配から抜け出す為の解決方法について綴ってゆきますね。

そうそう!9、10月のセッションのご予約の受付がスタートしております。
最新予約状況・問い合わせをご確認くださいませ^^

関連記事
毒親に育てられた人の人生回復術
生きづらさに繋がる
泣く、笑う、怒る事について書いています。

9月23日(月 祝)
悩みを減らすワークショップを開催します!
煮詰まった頭
重い肩 スッキリしますよ!残席3名!!

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です