いつも自分を苦しめる悩みを減らそう

どうしてこんなに悩みが多いんだろう。
そう感じたことはりませんか?

問題が多いのは
関係ないと思っていた幼少期の心の傷が問題を起こしているのかもしれません

今日は
ワークショップで衝撃が走った。
悩みと共依存についてお話しますね。

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

9月23日リトリーブサイコセラピー協会主催の
悩みを減らすスッキリワークショップ

悩んでいる事は様々
一つ解決できたと思ったのに、
またすぐに別の問題に出会わせてまた悩みを抱えてしまう

一つ一つの悩みも実は根っこのところで、繋がっている事に気付くと
悩みが減ってゆくんですよー
とお話しさせていただきました^^

悩みを減らすというテーマでしたが
蓋を開けてみると、
「共依存」と「幼少期の親との関係性」が裏テーマだった
今回のワークショップ

人との境界線とは?
共依存って何?
共依存だと人生どうなるの?
幼少期の親との関係性と人間関係について

共依存を引き起こしているの場合、
・人の顔色を見て自分の考えを変えてしまう。
・相手の反応が気になって、自分のやりたい事ができない。
・相手の問題が全て自分の問題だと感じてしまう。
・相手の問題を解決しないといけないと感じてしまう。
・人が悲しむ、怒るなど、感情を表現されるとワタワタ(ワナワナ)してしまう。

そんな自分にしんどさや辛さを感じる事があるけれど
辞めることも難しく感じてしまいます。

共依存を中心にお話させていただいた。
たった4時間のワークショップだったのですが、
濃厚、濃密な4時間で
参加者の方からは「ワークショップの値段が安すぎる!」
と一風変わった苦情がwwww

今年に入ってお茶会を定期的に開催していたのですが、
私自身、みなさんの悩みを伺っているうちに
「悩みの多さに
別々の問題だと感じるけれど、それ本当は全部根っこは同じやでぇ」
これは、悩みをごっそり解決できる
ワークショップを開催したい!!と思い今回ワークショップに切り替えたのです。

当日は、11名の方にご参加いただきました。

最後に、参加者の方と記念撮影♫(掲載の許可をいただいております)

年齢も、悩みも様々な方にお集まりいただきましたが、
皆さんの根っこにある悩みの源は驚くべき事に、ほとんど一緒!!

・私は人との境界線なんてなかった!!
・思った以上に他人に影響を受けていた
・自分の中に母親の思いや恐怖や不安が根付いていた
やりたいくてもやれなかった理由が明らかになった。
・悩みの源が何かわかった
・私、共依存だった・・・
・無境界で、平和主義者、だから悩みが多かったのか。。。

などなど、、、、

スッキリするというよりは、

参加者のほとんどの方が「自分は共依存だった」という事に気付く
グッサリ刺さるワークショップになりました。

だから悩みが多いんだぁぁとスッキリもされていました。

共依存を克服するにはどうしたらいいの?というお話では
みなさんの熱い視線を感じながら、お話しさせていただきました。

共依存の克服

ここは、受講生だけが知れる内容なので割愛しますけれど

とっても難しそうな課題なんですけれど、
実はとってもシンプルなのです。

共依存を克服すると、
どうして悩みが減るのかイメージが持てたとお話くださった方もいらっしゃいました。

共存って早く解決すればするだけ、人生を豊かにしてくれるのかもしれませんね^^

今回いただいたご感想の一部を紹介させていただきますね

前田ひとみさま 40代

自分のことを自分で考えていく、そんな当たり前の事が難しくなっているんだなと思いました。
難しくする事で、見捨てずにいたり、見捨てられずにいることもできるから
自分で抱えてしまっていると思います。
どれだけこうしたいと決めてもやれない。
悩みのせいで制限されているようだけど
自分が「自分を制限している」と気づきなんとも嫌な感じがしました。

相手と自分の問題を分ける。相手と自分を分ける。
言葉としてだけでなく、嫌な感覚も怖さもひっくるめて、
自分を見ていきたいと思います。

土井香名子さま 30代

ワークで自分で何となく感じていた感覚が出た事に「やっぱりなー」と思った部分と
自分でも思っていない感覚(怒り)が出てきて驚きました。

自分が共依存だというのは、わかっているつもりでしたが
どういう感覚(行動)が共依存に繋がっているのかハッキリわかって腑に落ちました。

ワークでやった内容は日常でできるものなので、問題が起こった時や、困った時は
やってみたいなと思います。

※しほさんの描いた絵がキョーレツに脳の焼き付きました。

H.Tさま 40代
始めの講義、1つ目のワークまでは、ふむふむ、ふんふん、と聞いて理解していたが
2つ目のワークで、まさかの「恐怖」に出会ってしまった
怖くて、しんどくて、ザワザワしたが「恐怖」(真犯人!)を見つける事ができた。
でも恐怖を薄める事が出来るという希望を持たせてもらった、

なかなか友人、家族には吐けないこの悩み、
引かずに聞いてもらえる場所があることを体験で知る事ができてよかった
ありがとうございました。

共依存については、
9月28日福岡で、
私の師匠大鶴和江さんと
私のセラピスト仲間、待鳥智美さんがツータッグによる
オープンセッションが開催されます。

東京では、ひがしさやかさんによる
お悩み相談会が開催されます。

ぜひご参加くださいね^^

次回、大阪での私が開催するワークショップは
11月17日を予定しております。
年内最後のワークショップになるかな。

ぜひご参加くださいね^^

◆セッションの予約受付日をみる

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です