期待されるのが辛い

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日は日帰り東京弾丸ツアーして参りました。

始発の飛行機をとって、6時に着けばいいから、6時に家を出ればいい。
という寝ぼけた計算ミスに気づいたのは5時35分。
マスクを装着して
慌てて車に飛び乗り、関西空港まで直接車で行きました。

ギリギリセーフでチェックインを済ませてトイレへ
そこで気づいたわけです。。。
お化粧を右半分しかせずに、出て来てる私に・・・
トイレでお化粧を直しまして、顔も仕上げました^^

うっかりが多すぎて笑ってしまいました〜

あっ、東京で思い出しました。
3月は東京、仙台でセッションを行います。
3月14日 東京
15日 仙台
16日 東京

詳しい時間はまだ決まっておりませんが、
近々配信しますメールマガジンにてお時間をお知らせいたします。


さてさて、本日は、
人から期待される事は嬉しいんだけれども
正直、
期待されるのがしんどい。
期待が重い。苦しい。

期待がプレッシャーになって動けなくなってしまったり、
期待に応えるために頑張りすぎてしまう。

そんな方の心の中では何が起こっているのか。
について綴って行きますね。

気を楽に物事に取り組むにはどうしたらいいのでしょうか?

冒頭にもの書いたのですが、
期待されるのは嬉しい。だけど、それ。。しんどい。重い
ってなんだか矛盾していると思いませんか???

嬉しいと、しんどいが、セットなんですよね。
なぜでしょうか・・・・・

こんなことに心当たりはありませんか?

・頼まれるとできない事もやります。と言ってしまう
・なんかいつもうまくやって来た。やるしかなかった。
・難しい事に挑戦するのが好きだ
・ちょっと無謀かなと思うことを目標にしてしまう
・できないとわかるとどん底まで落ちてしまう
・「期待してたのに」とがっかりされると消えたくなる
・期待されると絶対に応えないといけないと思う

クライアントさんに
期待されるのが、とても辛く。
期待に応えなければならない。。。。だけど
自分にはそんな事できる自信もない。

どうしたらいいのか、わからない。。。。

というお悩みがありました。

その方に尋ねました。
「もし、誰からも期待をされなかったらどう感じますか?」
彼女は、一瞬、両肩をストンと落とし、力が抜けたような仕草をしました。

「うん、心地よいです。とっても楽です」
私は、「それがずっと続いたらどう感じる??」と続けました。

彼女の顔は、少しづつ険しい表情に変わって来て。
「それは嫌です。。。。なんだか、見限られているようで
自分が薄くなっていっていまうような気がします」

そうなんです。
期待されるのは嫌だけど
期待されないのも嫌なんです。

実は、このような期待されるのが嫌。という心理にも
幼少期の家庭環境が、関係していることが多くあります、

例えば幼少期こんな事はなかったですか?

・長女長男として生まれた
・常に頑張れと言われた
・あなたはできる子。と言われることが多かった
・親の親戚の自慢として使われた
・良い成績を取ると親が異常に喜んだ
・悪い成績を取ると親ががっかりとした
・自分の出来で親の機嫌が変わる

と言った出来事は、
子供は無意識に「期待に応えていれば親の愛情をもらえる」
という感覚になってしまい
期待してもらっていることが、愛情である。と感じるのです。

だから期待されていると、喜びを感じるし、
期待されないと、「私役に立たない存在なんだ」
と感じてどん底に落ちた気持ちになってしまう。

親から期待されていれば、
まだ愛情をもらえる可能性を見出すことができるのですが
期待されなくなってしまうと
愛情をもらえる可能性が消滅してしまいます。

これって子供にとっては
胸が張ちきれてしまいそうなほど苦しい出来事なんです。

期待に応え続け、愛情をもらえる可能性を繋ぎ止め続けるのです。
だから期待されないのは嫌なんです。

一つ期待に応えれば、
その次の期待のハードルは更に上がって行きます。

超えても超えても、親からは思うような愛情をもらえず
愛情の代わりに次のハードルを用意してきます。
この終わりのない果てしなく続くハードルを超え続けていく

そんな未来・・・・辛いですよね
これが期待されることが嫌の正体です。

では、この問題をどのように解決していけばいいのでしょうか?

親が過度に子供に期待を乗せてしまうのは
親自身の劣等感や無価値観が強い
というのが多くあります。

親自身が、自分は足りない。欠けている人間だという思い込みを持ち
その不全感の穴埋めに子供を使ってしまっているのです。

子供ができる子だと、自分が褒めらているような感覚になり
自分の劣等感や無価値観が一時的に埋められたような気持ちになるんです。

「お子さんすごいですね!」って。。。その一言で
安心するんですが、
ここからがもう一つの問題。

日本人は「そうなんですよ〜」って言わず。
「そんなことないですよ〜家ではね、、ウンチャラカンチャラ・・・」
と子供の不出来なところを露呈されてしまう。

それを聞くと、子供は、「まだダメなんだ。。。。」って
親が納得できるような「完璧な子」であらないといけないんだと
親からの愛情をもらえるハードルが更に上がってしまう。
嫌な気持ちになってしまいます。
どれだけやっても満足してもらえない。

これが出来ればいい
これも出来ればいい
これが出来たらもっといい!
この思いを叶えるために子供は完璧でなければならない
状態になってしまいます。

完璧でなければならない
というプレッシャーは重く強くのしかかり
常に自分を駆り立て続けなければなりません。
気を休めることも
手を抜くことも
できなくなってしまいます。
完璧であり続けることはとても難しいことです。

それは全て親の不全感の穴埋めために行われている事

自分の幸せの為に何かに挑戦し頑張るのではなく、
親の幸せの為に自分の人生の時間を使ってしまっているのです。

期待に応えないともらえない愛情について疑問を持ってみると
あれれ。。。なんかおかしくない???
と思うかもしれません。

子供の頃は親の愛情を求め、愛情がなければ生きてこれなかった。
愛情をもらえなかった。
自分の心を利用された。
頑張りをわかってもらえなかった。
という怒りや悲しみに気づきその傷を癒し
親の劣等感や無価値観の穴を埋める人生から卒業すると

人の期待ってそれほど怖いものないし
期待されていないからといって、無価値な人間ではない。
と感じられるようになります。

子供の時代の傷を癒し、回復すると
大人の今の自分を生きることができますよ!
親からの愛情がなくたって、生きることができる。それが大人^^


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

兄弟の立場による生きづらさってあるんだねぇ

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

皆さん3連休いかがお過ごしでしたか?

3連休の真ん中の10日は大国町で

一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会
の開催日でした^^

※実は、服が裏表逆。。。お茶会が終わる30分前に教えてもらい。
その場で向きを変えるという。。。。失態・・・・

今回お集まりいただいた皆さんはほぼ初対面の方ばかり、
最初は緊張した雰囲気だったのです、

しか〜し
昔取った杵柄というのでしょうか。
元吉本芸人の血が騒ぐ。。というのでしょうか。。。
軽快なトーク術???

会場はまるで
踊るさん○御殿(言い過ぎでした。。。)

早々に皆さん打ち解け会いまして
軽食のサンドイッチやお菓子を食べながら、
アットホームな雰囲気でみんなでワイワイしながらお話ししておりました。

今回のお茶会では「兄弟の立場」について花が咲きました。

両親の期待を一人で背負う
一人っ子の立場、
人に頼る事や、弱みを見せる事が出来ない
長女の立場
あれしちゃダメ。これしちゃダメ
兄弟を見て学びが多いものの ダブルバインドになりやすい
末っ子の立場。

兄弟の苦悩について盛り上がりました。

そんな兄弟の立ち位置が大人になっての「トラブル」に繋がっている事を
皆さん自分の話をしたり、聞いたりして皆さん
・仕事場で人の面倒を見てしまう。
・自分を主張できない
・人生がスタックしやすい
などなどの悩みを打ち明け合い

時にはグサっと刺さることもあったようで。
ここから来ていたのか・・・・・・と気付き
イタタタ・・・・・という声もありました。

後半は前半のお悩みやテーマに沿って講義を行いまして
問題を解決するにはどうしたらいいのか?
というお話をさせていただきました。

お茶会で、解決策のお話や講義があるってなかなかないので
驚きました。
というお声もいただきました。

たった4時間という時間でしたが濃ゆ〜い時間でした。

頂きましたご感想を紹介させてくださいね^^

中野彩子さん 30代

場の空気がやわらかく、とても良かったです。
心理、やっぱりおもしろなと思えました

親のパターンを上げてもらえたのが、自分のパターンとか
知り合いのパターンとか具体的にイメージできて良かったです、
他の人の話を聞くと、腐ってる場合じゃないなー
また頑張ろうと前向きになれたので
私もここにきて気持ちが助けられたように思いました。

M.Yさん
終始和やかな雰囲気の中楽しくお話ししながら
フルしほさんの解説で話の内容を整理してもらえてわかりやすかったです。
自分自身の話の中にもの思いもしなかった心理の燔祭が聞けて良かったです。
今日は来て良かったです、次回も参加したいです。

山口こずえさん

家庭の相関図が社会に影響を与えている事に気付きました。
色んな方の経験や気持ちを聞けて良かった

K.Yさん

自分の現状や成り立ちが少しわかった気がしました。
そこを見て行く事で解決に役立たせて生きたいと思います。
人と関わる事で個人セッションとは違った発見があったので
とても楽しかったです。

掲載の許可を頂いたご感想でした^^

次回は4月29日に開催を予定しております^^

その前に東京で
2月23日(土)13時~17時 
木村貴子さんによるお茶会が開催されます
お申し込みがまだの方ぜひご参加くださいね

貴ちゃんは私と同じリトリーブサイコセラピー協会の公認講師、公認セラピスト
不安を希望に変えるセラピーを行なっています。

子供の頃からおとなしく、いつもしっかり者のお姉ちゃんとして振舞っていた幼少時代。大人になってもしっかり者でみんなのお姉ちゃん。というだけではなく・・・
男前なみんなの兄貴分だった貴ちゃん

きめ細やかで核心を逃がさないセッションが好評です。

もちろんお話もすごーくわかりやすく解説してくれます^^

ぜひ貴ちゃんに会った事ない方
会って見たいなって思っている方ぜひご参加くださいね


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

集中力がない。気が散ってしまうわけ

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日は娘が朝から39度近い熱が出てまして
我が家にも遂にインフルが来たか?!と思って病院に行ったところ
ただの風邪でした。

風邪とは言え高熱なので娘は今ぐったり。
辛そうですが。。。
病院に行くのが早くて出なかっただけでは?!疑惑に包まれております。

今日は家の中は静かーな時が流れております。

インフル以外にも風邪もノロも流行っているみたいなので
みなさんお気をつけくださいね^^

さてさて、本日のブログでございます。

集中力が持たずに困る。そんな悩みをよく伺います。
「さぁ集中してやるぞ!!」と思った時に
何か違う事が頭をよぎって手が止まってしまったり、
違う事ばかり考えてしまい
結果的に思った以上に時間がかかる。だけではなく
ふと気付いた時に
全く手についていない自分に呆然としたり。

そんな集中力のない問題、実は心理的な問題が絡んでいる事があります。

今日はそんな集中力について心理的な側面からお伝えしたいと思います。

ぜひ集中力問題の解決に役立ててくださいね。

実は、集中力が続かない人って、
自分の内側に潜り込み、
空想の世界や過去に囚われている出来事を思い出している事が多いので

集中力が続かない
いつも気が散ってしまう
という集中力問題以外に
このような事にも悩んでいる方が多くいました。

・いつも自分が崖っぷちにいてるような感覚がある
・いつも何かしたらの不安を抱いている
・突然得体の知れない恐怖で体が震える
・電車や映画館など、人が多いところにいると怖くなってくる
・いつもフワフワしている
・自分の存在が消えて無くなりそう気がする

「今ここ」という現実から自分を切り離して妄想の世界に浸り
根拠のない不安を作り上げて苦しくなってしまう

心理セラピーをしている時も、「事実起こった出来事」に
妄想の着色が入り、その妄想があまりにも怖く
手足が冷たくなり、体が震えパニック状態に陥ってしまう
クライアントさんもいらっしゃいます。

それは心理セラピー中だけではなく、
常日頃、妄想をして「あ〜どうしよう」「困った、、、」
と起こっていない出来事に対してドキドキしていた
というパターンが多くありました。

一度、怖い!!と思うと、妄想が恐怖を呼び、更なる恐怖心でパニック状態になり。
次々と、妄想を広げて、どんどん自分を恐怖のどん底に自分で陥れてしまう。

実は、
こんな妄想をしてしまう癖って幼少期の家族関係と大きく関わりがあります。

妄想をしてしまう人の幼少期の家族関係にこんな出来事はありませんでしたか?

・幼少期両親との関わりが少なかった
・一人の時間が多かった
・面前DVがあった
・寂しい気持ちを我慢していた
・家族という輪の中に入れなかった
・虐待で縛られたり、閉じ込められる事があった
・自分の気持ちをわかってくれる人がいなかった


幼少期のこのような出来事に遭遇していると。

現実から自分を切り離すことで自分を守ってきたのです。

あまりにも辛いすぎる現実、現実を見るのが怖く
そのストレスから身を守るためにも
自分を現実からシャットアウトし、自分の内側に意識を向け
現実の恐怖から自分を守ってきたのです。

実は、こういった妄想をする癖がある人に
こんな共通点があるように感じました。

それは、
・他者の話や意見が頭に入ってこない
・事実とは異なり、自分の思うように事実を捻じ曲げて理解してしまう。
・妄想の恐怖と現実の怖さが結びつかない

自分の内側の世界だけを理解しているので
他者と同じように物事を理解し、共通の認識を持つ事が困難になってしまい。

誰にもわかってもらえない孤独感が強くなってしまいます。

ご本人にとっては、孤独の苦しみで本当に目の前が真っ暗になってしまいそうです。

そう。。。。
そんな苦しみが、彼女たちに起こっている「現実」なんです。
その現実をシャットアウトし内側の世界に引き篭もってしまう
これをエンドレスで繰り返している状態なので
目の前の出来事に集中して取り組む事が出来ないのです。

目は開いていても、頭や心は閉じて、現実を見ていないからです。

解決するにはどうしたらいい?

彼女たちの苦しみは、
「寂しさ」や「怖さ」を誰にも理解してもらえなかった悲しみが溢れています。
それだけじゃなく、「喜び」や「幸せ」「嬉しさ」そんな気持ちを分かち合うこともできなかった

全ての感情を一人だけで、受け止めてきた。

それは、幼少期の両親が彼女たちに興味を示さず。
まるで「そこに存在しないような」扱いを受けてきた人たちばかりでした。

そこには強い恐怖心があり、恐怖のあまりパニック状態に陥り
現実を見る事が出来ない状態なのです。

そんな子供の親は、
子供が恐怖を感じている事にメリットを持っています。

子供を支配している事に満足している親

子供が恐怖を感じていると、親自身の抱えている問題に直面しなくて良いのです。
子供を支配して満足する親は、
自己重要感が低く、自分は大した事ない人間だ。という感覚がとても強く
それと同時に劣等感の問題も抱えています。

子供を支配していれば、自分はまんざらじゃないかもしれない。
そんな気持ちにさせてくれる子供を、親は手放し自由にさせる事が出来ないのです。

妄想の恐怖は親の支配から生まれているのです。

親の支配から抜け出し、自分の目で人生を見つめて見ると

あれれ。。。思っていたより現実は怖くないかもしれない。と感じると
目の前のことに集中することもできるようになります。

妄想には、終わりがありません。
本当は、どんどん恐怖を作れる妄想の方が怖いのです。

現実を生きて生きましょうね!!


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

揉めたくなくて黙ってしまう。

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

今年に入ってやる事、毎日やる事リスト。というものを始めました。
前日の夜に翌日にやることをメモをして、
朝になったら朝イチにメモを見て、それをこなし
できたら線を引いて、できたらGOOD!って書く。

それをすると毎日に変化が起こってきて
慌ただしくてやることいっぱい!!って思ってたんですけど、
今日やることを決めてしまうと
頭の中がスッキリして、あれれ、時間が余ってるぞ^^
と毎日の中に余裕が生まれました。

あまり長続きできた事はなかったのですが、
一月続いた自分にも少し驚いていますが。
気持ちの面でも落ち着つけるので、続いているのかなぁ
と感じております。

さてさて、本日のブログですが、
「揉めたくなくて黙ってしまう」
本当は言った方がいい事だとわかっているのに、
揉めるかも。。。喧嘩になるかも。。。。と思うと
言わないでおこう・・・・

でも
言わなかったもんだから、自分にやる事が増えてしまったり。
後になっても「言っときゃよかったかな」と引きづり
悶々としてしまったり

「どうして言わなかったの?」と言われ
気を使った自分が責められてしまったように感じてしまう。

伝えればよかったのに、揉めたくない。と思って言えない
そんな方が
伝えることに萎縮したり抵抗が起こる理由ってやっぱりあるんです。

きちんと伝えられるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

解決する方法として浮かびやすいのが
「自分に自信を持てるようになりたい」そう感じる方が多いのですが、

実はこの問題。
「自信」を持てるようになっても解決しない事が多いのです。
問題が起こっているのは「自信がない」からではないのです。

人に何か伝える時皆さんはどんな気持ちになりますか?

・相手を不快にさせてしまったらどうしよう。
・相手を怒らせてしまったらどうしよう。
・相手に嫌われたらどうしよう。

・自分が間違えていたらどうしよう。

こんな気持ちになる人って多いと思います。

実は、それ以外にもこんなことに心辺りないですか?

・周りの空気が悪くなるのが嫌
・質問があっても聞けない

・怒ってる人をみるとドキっとする
・人と衝突するのが苦手
・ピリピリした空気が苦手
・威圧的な人が苦手
・すぐに謝ってしまう
・優しそうな人と言われる

こんな性格も幼少期の家庭環境が大きく影響しています。

幼少期このような経験はありませんでしたか?

・自分の意見を聞いてもらえる機会がなかった
・親に言いくるめられる事が多かった
・親に自分の意見を決めつけられてきた

・自分の意見を言うとコテンパンにされた
・親から一方的に怒られ口答え出来なかった
・何かいうと親に論破された
・黙っていろ。口出しするなというメッセージを受けていた
・家族全体が問題のない家庭であることを求めてた

こんな経験を積み重ねると
自分が発言するという事に抵抗を覚え
言葉を飲み込んでしまう事が多くあります。

幼少期の頃は
言葉を飲み込む事で親の非難を免れる事ができた
というメリットもあるのですが

このまま大人になると
常に自分の意見を言おうとすると
・泣き出しそうになる
・意識が遠くなってしまう
・自信を持って発言できない
・口をパクパクさせてしまう
・逃げ出したくなる
・喉が締まるような感覚を感じ苦しくなる。


こんな感覚に襲われてしまうので
言いたいことを伝える
発言をすると言う事が出来なくなってしまいます。

これは
発言をすると怖い事が怒る。余計に辛い思いをするぞ・・・
と言うサインなのです。

自分の発言に対して親からの反応が
迎え入れてもらえるのもではなく、
怒られた時の怖さや
取り入って守らなかった時の悲しみを
体が覚えていて

また辛い思いをするぞ・・・・・と言うサイン

この状態で
自信を持って発言できるようになると
常に自分の怖さを抑えながら伝えるので
伝えたかった事がまとまらず、
結果的に伝えたかった事が伝わらなくなってしまいます。

だから解決には繋がらない事が多いのです。

幼少期の親の問題を知ってみる。

自分の意見を伝える事が出来なかった場合
親の意見を押し付けてきたり、
親が自分とは違う意見を認める事が出来ないと

怒りで押さえつけたり、
自分と同じ意見を持つように論破したりする。

それに逆らえば逆らうほど
状況は悪くなっていく一方。

状況が悪くなればなるほど、
子供は居心地が悪くなる。

自分を出すことは親を怒らせること。
怒らせることの怖さ
自分を傷つくことの怖さ
なんかが
自分を表現することを止めているのです。

その怖さは「自分を表現するな」と言う
見えない鎖で縛られているのです。

言いたいことを抑える感覚の正体を知り
その感情を癒すことで

伝える怖さは軽減されて行きます。

実は私も、最近は薄くなってきましたが。
自分の意見を述べるというのはとても苦手で
小学校時代から手を上げて発言するなんてことはしてきませんでした。

何か伝えようとすると
『言っちゃだめ』
と自分の中で、もう一人の自分が全力で止めてくる。

自分の本心とか本音を言う時って
自分の中で糸が切れた瞬間、泣き喚きながら
訴えるようにしか話す事が出来ず
いつも喉に何かが詰まったような感覚を感じいて
息をするのも苦しいくらいでした。

自分を表現する怖さと
親の鎖から抜け出ることで
今こうしてブログで自分の思いを伝える事が出来るようになりました。

あなたの言いたいことを抑えているのは本当は
あなたではなく、幼少期の家族の誰かなのかもしれません
その人の鎖から抜け出し
言いたことを言える未来を手にいれていきましょう^^

言いたことが言えない。
その理由ってなんだろう???

そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

喧嘩せずにコミュニケーションを円滑にとるには

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日は、久しぶりに娘と市民プールに行ってきました^^
二人で1時間半ほど泳いだり遊んだりしたのですが、

昔のようにスイスイ泳ぐというより、
水が重く思うように進まず
体力の衰えを感じてしまいました〜

なかなか時間が取れず、半年に一度くらいに。。。
良い気分転換にもなるので、
月に一度・・・いや・・・2ヶ月に一度くらいは行きたいものです。

みなさんの気分転換は何ですか??

さてさて、先日のブログでは、

今回は、不快な人間関係を続けてしまったり、
人と喧嘩ばかりしてしまう。
戦いの人生について綴ってゆきたいと思います。

例えば
・人の欠点ばかりが目についてしまう
・人を否定してしまいう
・人を受け入れられない
・人を見ているとイライラしてしまう
・トラブルが絶えない
・私なんかと関わらない方が良い、って思ってしまう
・相手をすぐに傷つけてしまう
・ごめんなさい、ありがとうが素直に言えない
・自分の我を通してしまう
・人にすぐに反抗的な態度をとってしまう。
・喧嘩をふっかけてしまう

というような人間関係ばかりを築いてしまい。
人間関係のトラブルを抱えてします。

そんな
人間関係のトラブルを減らし円滑な人間関係を築くにはどうしたらいいのでしょうか?

「人とすぐに喧嘩になってしまう」という人の幼少期を伺っていると
両親のコミュニケーションが喧嘩のような家庭環境が多く見受けられます。

あなたの幼少期はどんな家庭環境でしたか?

・両親の口喧嘩が絶えなかった
・父親が母親を見下してしたり。またその逆
・虐待があった
・いつも否定ばかりされていた
・家の中に王様のような存在がいた。
・親の口出しが多かった。
・自分でやれ、自分で考えろ。と言われた
・両親に強い怒りの感情があった。
・できて当たり前。出来ても褒められる事がなかった

このような家庭環境で育つと、
「怒り」がコミュニケーションになり
優しさや人の温もりに触れるよりも
冷酷さばかりを目の当たりにしてしまいます。

弱い自分では生きる場所がなかった。。。。。

家族が常に戦いの状態にあると、
弱さは自分を傷つけるだけで何の得にもならない。

家庭の中で「強く生きろ」
そんなメッセージを子供が受けると
強さを求める生き方になってしまいます。

この環境で育った人が大人になると。

ある場面ではリーダーシップを発揮し、
人を動かす事には有能にはなりますが、

自分の思ったように事が運ばなくなると。
人を自分の思うようにコントロールし
相手の気持ちを尊重できなくなくなる

本当は、
人と打ちとけ合い仲良くしたいと思っていても
そのやり方もわからず
人を支配してしまい。

結果的に、人から嫌われてしまい。孤独になってしまう・・・・

だからこそ、人に憧れられるようなすごい人を目指し続けてしまう。

すごい人になりたい。
かっこいい人になれば、
人はついてきてくれる。
孤独にならない人生を送らないためにつは
強い人間でなければならない。

常に誰かに評価される事が生き甲斐になってしまい。
想いとおりに評価されないと、
「なんでなんだ!!!」と強く憤りを感じてしまい。
評価を与えない人に対して
ギャフンと言わせたい。
潰してやりたい。
頭が沸騰しそうなほど
イライラし怒りに身体中が支配されてしまいます。

実は、強さを求められた家では

人まで泣く事や「悲しい」という感情を
表現することを禁止される家が多くありました。

「強さ」といの意味の誤解が生じているんですね。

人が生きていくためには「強さ」というのはとっても必要な力です。
ですが、
「強く生きよ!」という家庭では、
感情を表現するのでは情けなく、弱いことで
それは絶対にしてはいけない事。

この状態では
自分の弱さを表現することや
本音を話す事が出来なくなってしまいます。

自分の本音を隠し続けなければなりません。

本音を出せば、やられてしまう・・・・・

それって、実は人を信頼できないのです。

人を信頼できないから
攻撃性を持ってしまうのです。

人を信頼するという感覚は、
幼少期の親子関係で学ぶ感覚なのですが、

家が支配的な状態では、
人を信頼するという感覚を育てる事が出来きません。

人は傷つあうもの。。。

だから傷つかないように強く生きなければならない

相手から傷つけられないような人間にならなければならい。

目の前全て敵。
目の前の人と打ち解け合うは困難になってしまいます。

この中で生きる緊張感は、
強く心を休める暇も隙もありません。
自分を守るだけで背一杯になってしまう。

目の前の人を信頼できるようになると、
喧嘩をせずにコミュニケーションが取れるようになり、
円滑な人間関係を築けるようになり
戦いの人生を終える事が出来ます。

人を信頼できない。
人を信じるのが怖い。
人は自分を傷つけてくる。
そんな風な感覚があると

幼少期の家庭環境の中に
この生き方を抜けるヒントが隠されているので
一度、大人の目線で見直してみることをお勧めします^^

ではまた〜


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

カズ姐さんの2Daysグループセッション
カズさんのセッションを受けれる機会ってあんまりないんですが
この日は直接カズさんからセッションを受ける事が出来ます。

自分の悩みや問題解決してもらいたい!
自分の気づきや方向性を知りたい!
リトリーブサイコセラピー見てみたい!
という方はお気軽にご参加ください。
せひぜひお待ちしています。

■日時:2月16日(土)・17日(日)
■場所:ユアエクセレンス大井セミナールーム
■時間:10時~18時 (多少前後するかも)
■料金:20,000円(税別)
■お申込みはこちら

【東京】2DAYSグループセッション

大阪も開催がありますよ!!!

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

 

人が幸せであることで私の幸せなんです・・

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

明日から2月になりますね。
もぅ年が明けてから1ヶ月が過ぎてしまいました。早いですね〜

2月になるとバレンタインデーがありますよね。
私は、この時期、少し高級なチョコを
夫の分と自分に2つ同じのを買うのです(笑
私だって食べたいやん♡

今年はどんなチョコを買おうかな〜
楽しみです^^

あ、2月10日のお茶会もぼちぼちお申し込みをいただいております。
まだの方はぜひ
お申し込みくださいね!!


さて、本日のブログは
自分の人生を歩むためにどうすればいいのか。

自分の人生を多くの人達と喜びを分かち合いながら
進んでいくというイメージが持てなくて、

誰もいなく孤独な状態で人生を歩んでいく事になるんじゃないか。
と感じる人って多いんです。

・自分のために時間を使う事ができない
・自分よりも他人を優先してしまう。
・周りの人の反応が気になる
・人の為なら頑張れる。実力以上の力が出せる。
・自分一人になると何をしたらいいか、わからなくなる。
・人のニーズには敏感

人の為に生きる。そんな人が自分の幸せを掴むことって
空を掴むようなもので、自分の人生を描くことものできず
未来に希望が持てない。

そんな方が未来に希望を持つにはどうしたらいいでしょうか。

「人の為になら頑張れる」人の幼少期を探っていくと。
子供の頃「言う事の聞く良い子」と言わる事が多かった。
と言うのがとても多いんです

子供の頃から少し大人で、
子供っぽく天真爛漫に遊ぶと言うより
大人の様子を見て、すでに周りに気を使っていた。

幼少期こんな経験をしたことはありませんでしたか?

・子供の頃親の言う通りの事しか出来なかった
・親の言うことは絶対だった。
・自分の意思や意見は尊重されなかった。
(されても、後で笑われた)
・言われる前にしろ!と言われた
・察しろ、空気読め、言わなくても分かれ!がフツーだった
・親を満足させていれば、危害に合わなかった。
(期限が悪いと八つ当たりしてくる親)
・親が自分の人生を後悔し、子供には成功して欲しいと願った。
・兄弟(姉妹)と比べると、親の期待が自分にかかっていた。

親の言うことを聞くことしか、選択肢がなかった。

そんな過家庭で育ち、大人になると、

他人のニーズや望みに敏感で期待に応える努力ができる
俗に言う「気の利く子」になって最初はチヤホヤされます。

「お母さんありがとー」って
仕事先では
「気遣いができるね!」って言ってくれる。

だけど、感謝されるって長くは続かないんです。。。

「お母さんがやってくれて当たり前」

仕事先では
「○○さんの仕事でしょ」
「○○さんがやってくれる」
なんて言われるようになったら
誰も感謝してくれない。
そんな状態になった時どんな気持ちになりますか?

全てが嫌になって

人間関係にヘトヘトになってしまう
鬱っぽくなったり
仕事を背負いこみすぎて、もう下ろせない。
引くに引けない。やめるにやめられない状態になった時

初めて自分に気づくんですよね。。。
私なんの為にが頑張ってたん???って。。。

人を満足させる為に自分を犠牲にしてしまうのです。

自分がどうしたいか。。。と言うよりも

人が喜んでくれる方を選んでしまう。
人が怒らない方を選ぶ
人が不機嫌にならないことを選ぶ

常に他人が優先されるんです。

自分は2の次3の次・・・・
他人が幸せであることで私の幸せなんです!
その為に私頑張ります!!

ここで気づいて欲しいの。
よーーーーく 考えてね!!!

変じゃない??

自己犠牲が私の幸せです
自分を犠牲にすることが、あなたの願っている幸せですか??

これって本音じゃないんですよね・・・
そうじゃないよね。。。。

本当は私だって幸せになりたい。

だけど、幸せを感じられない。幸せがわかんない。

自分の幸せを感じられるのは
人の笑顔を見てるとき、
人に感謝される時だけ
だから
相手が不機嫌になると
自分の中でムワーーーーって
私ってダメ・・・・・って感じたくない感覚が
広がってきてしまう。

人の笑顔がないと幸せを感じられない状態
育ちの過程で出来上がった体質のようなもの。

自分で自分を幸せにした買ったら

自分と他人、
他人の為を選んできたのがこれまでの人生
をやめることです。

やめられない。。。と思ったら、
家庭環境で作られた、心の問題があるかどうか
チェックしてみてください

他人を手放すと
自分を選ぶことができるようになりますよ^^
それが幸せになる第一歩です♡


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

自分を大切に扱えない・・・もしかしてそれは?

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

土曜日・日曜日は寒かったですね〜
珍しく大阪にも雪が舞っていました。
大阪では雪が降ることはとっても珍しいので
雪がちらついただけで「うゎ雪だっ〜!」
テンションが上がりニヤニヤしちゃいます。
雪の降らない寒さは耐えられないけど、
雪が降ると寒さも耐えるぜベイベー(笑


みなさんはセルフネグクレクトという
言葉を聞いたことはありますか?

・自分を大切だと思えない。
・自分を粗末に扱ってしまう。
・私なんていない方がいいと思ってしまう。
・自分の身の回りを綺麗にできない。

こんな事に心当たりがあれば、セルフネグクレクトを起こしているかもしれません。

ゴミ屋敷や孤独死の原因もセルフネグクレトにあると
最近言われるようになりました。

セルフネグレクトは無意識に自分を追い込むだけではなく
自分を傷つけ人生を破滅へと導いてしまう事になります。

自分を傷つけることから抜け出るためにどうすればいいのでしょうか?

セルフネグクレクトを簡単に説明しますと
セルフ=自分自身で
ネグクレクト=無関心・無視・軽視

一般的に言われているネグレクトは
他者から受けるのものですが
セルフネグクレクトは
自分への関心が持てなくなり、自分自身を軽く見て粗末にあつかつ
自分が自分自身にネグレクトを起こしてしまう事を言います。


セルフネグクレクトは出口のない苦しみでもあります。
その苦しみの原因ってなんだと思いますか?

自分に関心が持てなくなると、
日常生活に支障が訪れます。

例えば、

生活面では・・・・
部屋がゴミ屋敷のように散らかったり
食事もまともな食事ではなく、
インスタント食品をばかりを摂取したり
食事をすることもやめてしまうこともあります

散らかってても気にしない。
お腹が減っていてもまぁいいか。

自分を満たすための欲求が減少する。


人間関係では・・・・
私に関わらないで、「うっとしい」「めんどくさい」
人との距離をとり孤独になってしまう

逆に
ミスばかりで仕事もろくにできないし、

何もできない。
私はダメな人間です。と

ダメポジションに入り、
人の手を借りまくる人を頼りに生き
自発的な行動を取らず、人に依存してしまう。

自分で自分を傷つける
自傷・自殺行為もセルフネグクレクト
と言われています。

そういった生き方しか選べなくなってしまうのも
セルフネグレクトの特徴ではないでしょうか。

そんな自分に嫌気がさして、

脱出しようにも、
もう抜け出し方もわからず
どんどん
セルフネグクレクト状態が続いてく
どうしたらここから脱出できるの?
どうしたらまともな人生を送れるの?
自分を幸せにすることもできない。

そんな事もできない自分なんて・・・・最低。。。
惨めで情けない、孤独な自分だけが残ってしまう。

そんなセルフネグレクト

このセルフネグレクトも幼少期の家族の関わり方と
深い関わりがあると、セラピーを通して感じることが多々あります。


それは、自分の取り扱い方がわからない
人にセルフネグクレトが見られる傾向があるようでした。

どうして、自分の取り扱い方がわからないかというと、

幼少期、
強烈な支配、コントロールがあった。
自分の気持ちを無視されて育った。
家族からネグクレクトを受けて育った。

こういった機能不全家族で育つと
両親の態度から
「お前は、はどうでもいい存在」
というメッセージを受けて育つと
「私は、粗末に扱われる人間なんだ」
とセルフイメージを持つようになり

自分の欲求を押し殺し、
自分の感覚や感情も我慢する。
そうしていると
この家族の中で生きていくことができる。

家庭という中から逃げることもできない子どもは
苦しさも辛さも我慢することでしか
できなかった。。。

「自分を粗末に扱われている事を
我慢していれば、ここにいていい」


そうすれば、心の中にあるボッカリと空いた穴を
少しだけ埋めることができるような気がした。

この
粗末に扱われた辛い、苦しい経験が
セルフネグクレクトに繋がるのです。

親が自分に接してきたように
自分自身も親と同じように自分に接してしまう。

だって、
私は、自分は粗末に扱われる人間だから

親の支配化でいつまでも生きてしまう。
そこに親がいなければ、
自分が親の代わりになって、
自分自身を支配する


自分の心を親に差し出し、
心の中に親を起き続けている
これがセルフネグクレクトとして現れているように
私は思います。

セルフネグクレクトは
親からの支配を今も受け続けている状態

そこから抜け出すには、

親からの不当な扱いのままで
生きる必要はないと
自分自身で本心から思えるように
心の傷を回復させていく事を
私はおすすめしています。


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

家族トラブルを防ぐために今できること

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 

心理セラピーを行っています。古田しほです^^

相変わらず寒いですねっ

今週私は、検査入院をして参りました〜
2年に受けた脳ドックで
脳動脈瘤が見つかりその年にすぐ手術を受けたのです。
今回は脳に入れたコイルがうまく血管を塞いでいるかの検査でした。
無事に役目を果たしてくれていたコイルちゃん
検査結果異常なしにホッとしました。
来年もう一度同じ検査をするねーの先生の一言にあんぐりしましたが・・・
5年ほどは経過観察が必要だそうです。

日常生活に脳にコイルが入っていることは忘れていますが
激しいスポーツをする時なんかは少しドキドキしますね。。。

退院後は夫にひつまぶしをご馳走してもらいました。
美味しかったぁ〜〜〜〜

2月のセッションのご予約受付日をスタートしました。
最新予約状況・問い合わせページでご確認ください

さて、本日は

家族トラブルを防ぐために今できること
について綴っていきますね。
暖かい家庭を作るヒントになると思います。

家族内の揉め事やいざこざって結構起こりますね。
毎日何か言い合っているご夫婦もいるし。
何日かおきにドッカーーーーン!と爆撃が起こるご家庭も
家族の中で揉め事があると家の中が
ピリピリ、ギスギスして居心地も悪くなります。

家族の中で起こるトラブルを防ぐことができると
お家の中でどんな雰囲気になるでしょうか??

家族の中で多い問題
『何度言っても同じことが繰り返される』問題

「片付けて!」
「物は出したら直して!」
「これやってって言ったじゃない!!」
「まだやってないの?!」
「何回も同じ事言わさないで!!!」

子供だけじゃなく、夫にも言うこのセリフ。
最初は優しい口調も
だんだん、イライラしてきて激しくなってきます。

その態度に子供や夫は渋々片付けたり。
荒々しい態度になってやる姿に余計イラーーーー!!としませんか?

もう嫌になりますよね。

言われなければやらないと言う問題

自発的な行動がなく
「言われた時だけやる」「その時だけやる。」
と言う事がすでに家族の中で定着されているのです。

これが定着していると。お母さんは常に
「あれをやって」
「これをやって」
と家族に指示を出さなければなりません。

これが続いくと、お母さん自身もイライラするし
『小言ばっかりでうるさいお母さん』で
家族にとってお母さんがうざい存在になります。

「最初からやってくれたら言わへんわ!!」と言いたくなりもなります。

言わなくてもやってもらえるようになりたいですよね。

解決するに今すぐできること

それはとっても簡単なのです。

家族全員でテーブルを囲み話す事

簡単なのにこれができない。と言う家庭とても多いのです。

家族で話し合うほどの事でもない。
話し合うほど大した問題でもない。
言わなくてやってくれるようになったら解決するし・・・・

と「話し合うことを」心理的に避けてしまうのです。

でも、話し合わずにいると
ずっと小言ばかり言って、家族から煙たがられる存在になり
そんな場所で日々を過ごして、
「家」という場所が「不満だらけの」
あなたの居心地の悪い場所になってしまいます。

話し合うことはとても大切なんです。

話し合う事を避けてしまう理由

話し合うと喧嘩になる。。。

実は、私も「話し合う」と喧嘩になる人でした。
過去の恋愛でね
「君とは話し合えない!!」なんて言われたことも・・・ トホホ

話し合うと感情的になってしいませんか?

実は心理学的に、
親しい人に本音を話すときほど感情を抑えきれなくなる。
というデータがあるんです。

私は、話し合おうとすると、
喉が締め付けられるような
苦しさを感じ、勝手に涙が流れ、嗚咽を漏らしながら話していました。

泣かないと本音が言えなかったのです。

私とは違うタイプで逆に
頭に血が上りカァっと燃えがり
怒らない本音が言えない人もいます。

身近な人や大切な人に自分の主張をわかってほしいと思うと
無意識に感情が出て
時には自分で手に負えないほど荒ぶってしまう事もあります。

だから話し合うことを避けてしまうのです。

それは過去の幼少期の家族との関わりで
本音を聞いてもらえない。
自己主張させてもらえなかった。怖さを思い出しているのです。
その場合は心のケアをオススメします。

家族のトラブルを防ぐ為には
話し合う事。
話し合いを避けていると、トラブルは大きくなって
家族の絆を結び直す事も難しくなってしまいます。

話し合おうとすると、言葉出てこない。
どう話せばいいのかわからない。
相手を怒らせてしまいそうで怖い。
そんな感覚が強い方は、一人で悩みを抱えてしまい
うつ状態になってしまうこともあります。

悩みについて話せる場所を活用してくださいね。

幼少期の家族関係を読み解いていくとで原因を見つけ出すこともできますよ


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

心のモヤモヤを抱えているあなたがスッキリするには?

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 

心理セラピーを行っています。古田しほです^^

インフルエンザが猛威を振るっていますね。
私の住む泉南市でも、学級閉鎖どころか、学校閉鎖があったようです。
娘の小学校は幸いどのクラスも学級閉鎖までには達していないようです。

手洗いやうがいを徹底にしながらウイルスから身をまりたいですね。

さてさて、今日は心のモヤモヤを抱えているあなたがスッキリするには?

あなたの心のモヤモヤ。
仕事場や家庭、嫁姑の悩み。そんな悩みを周囲に人に相談して

「そういうもんだよ~」と言われたり、
「元気出して」と言われてしまったら、どんな気持ちになりますか?

・やっぱり誰にもわかってもらえない。
・こんなことで悩んでいるわたしがおかしいのかもしれない。
・やっぱり私がダメだから、もっと頑張らないといけない。

……そうなんです。

人に話してもわかってもらえず、お悩みが解決しないのであれば、
自分ひとりで抱えることになりますよね。

自分一人で悩みを抱えているとどんな気持ちになりますか?

頭がゴチャゴチャしてしまい考えることが嫌になってしまったり
解決できない焦りからイライラしてしまう。
後回しにしてしまう、、、
忘れようとしてしまう、、、
気分転換してしまう、、、

これを繰り返していると悩みは解決することは
どんどん難しくなってゆきます。

悩みの解決方法は、
まず「共感してもらえるひとに話しをすること」です。

共感されることで、
心の状態が整理されやすくスッキリした気持ちになれますよね。

今回は、気晴らしやポジティブシンキングをしようとしても、周囲のひとに相談しても、自分を変えようとしても、自分を責めても、
気分が晴れない、問題が解決しない、、、

そんなあなたに向けて、お茶会を開催します!

お気軽に、お話しをしに来てくださいね~!

こんな人にオススメです。

  • いつもひとりで悩んでいる
  • 人間関係がうまくゆかない
  • 不安や緊張が強い
  • 人生が停滞している
  • なにが正解かわからない
  • なにをやっても上手くいかない気がする
  • いつもぐるぐる悩んでいる
  • 人生に希望が持てない
  • 誰かに悩みを聞いてほしい

日本リトリーブサイコセラピー協会で

『心理初心者さんのためのお茶会』を開催します!

*大阪・2月10日(日)担当・古田 しほさん
*東京・2月23日(土)担当・木村 貴子

大阪は古田しほが担当させていただきます。

 

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar

お茶やお菓子を用意して皆さんをお待ちしておりますね
お悩みをお話してスッキリしに来てくださいね^^

北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

私という存在がわからない理由

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 

心理セラピーを行っています。古田しほです^^

まずお知らせです。
2月3日とお知らせしておりました大阪で開催するお茶会ですが
2月10日の間違いでした!!

是非お越しくださいね!!


今週は祝日もあったせいでしょうか。
おはよう朝日の金曜レギュラーを見た瞬間
今日はもぅ金曜日なの!!!とキッチンで叫んでしまいました。

そうそう、最近朝ごはんというものを食べるようになりまして。
前の晩にご飯を多めに炊いて、朝に残りご飯に
蒸しておいた鶏胸肉を入れておかゆにしております。美味しい&温まる♡


さてさて本日のコラムです。

機能不全家族で育った弊害についてまだまだ綴ってゆきますね
伝えたい事が盛りだくさんすぎて、何から伝えていこうかと思います。
機能不全家族の中で育った謂わゆるAC (アダルトチルドレン)と言われる方が
暖かい「家庭・家族」を作る事が出来るようにこれからも配信してゆきますね

今日は家族の役割について綴ってゆきますね

あなたは「私は何者なのか?」「私って何だろう?」と感じたことありませんか?

家族の中で役割を演じ続けていると、自分という存在が希薄になり。
自分という存在がないように感じたり
自分が嘘で固められているような感覚を感じ
生き辛さを抱えてしまいます。

生き辛さから解放するために「自分に戻る必要があります」

あなたはどんな役割を演じて来ましたか?

母親が母親の役割をしていなかったり、父親が父親の役割をしていない。
家庭を機能不全家族と言います。

親が親の役割をしていないというのは、
食事を与える。学校に必要なものや学費などを出す。着るものを与える
という衣食住を行う事だけが親の役割ではありません。

子供が人と信頼できる人間関係を作れるように
自己肯定感が育つように
幸せな将来を送れるように
親がその環境を整えていく事が「親」としての役割です。
親になった時これを与えられるかが不安になり、どうすれば
これが育つのか・・・・と頭を抱えているお母さんも多いんですよね。

理想的な家族
父親は、母親の負担や心配を支る事で母親が育児に専念でき
母子の関係が良好になり、父親は安心して外で働く事が出来るようになります。
そんな安定した両親を見ていると、
子供は人を信頼し、自己肯定感を強く持ち
幸せにな将来を送る事が出来るようになります。
心の中に常に安心感を持つ事ができます。

すごく理想的な家族ですよね。

しかしこれが世の中の80%の家庭が家族として機能していないのが
今の現状と言われています。
家族のあり方から得られる安心感を得る事ができずに育ち
子供は何を信頼し、自分の何を肯定し、どうやって幸せに暮らせるのでしょうか?

信頼できるものがない。
自分を肯定できるものがない。
これでは幸せになれない。。。

この感覚を
自分には何かたらない「不足感」と感じる人もいれば、
心にぽっかり穴が空いてる「空虚感」や
自分には何か欠けている「喪失感」と感じる人もいます。

何をしても満たされない。。。
何をしても全てがなくなっていくような感覚。
それはとても悲してく辛く、虚しくて ボーゼンとしてしまい
何のために生まれてきたんだろうと
時にはこの世から消えてしまいたい気持ちになるかもしれません。

こんな感覚を感じ続けたくない!
人はこの「不足感」や「空虚感」「喪失感」
を埋めるようとして頑張り続けているのです。

家庭で空いた穴

親が親として機能していないとその存在が空白になってしまいます。

この空白を埋めるのが、子供なんです。

だって大人はやってくれないから
このまま放置してたら、このお家壊れちゃうから
みんなバラバラになっちゃうから
お母さんが出ていくかもしれない。
お父さんが出ていくかもしれない

倒れるかもしれない。
私がなんとかしなきゃ・・・・

父親が役に立たないから、子供が父親の役割を演じて、
父親のように母親の不安を聞き、慰める。

下の兄弟のお世話を母親ができないから
お姉ちゃんが母親の役割を演じて、
兄弟を育てる。

子供が「子供」を諦め、
「父親を演じる」「母親を演じる」
そうして、
お父さんやお母さんが安心できる!!
そうする事で「安心が手に入る」そう思ってた。
だけど、安心感を感じているのは
役割を演じている時だけ。
やめてしまったら、家族がバラバラになるから。
一気に不安のどん底に叩き落とされてしまう。

だから
頑張って演じ続ける。
演じ続けていれば
「不足感」や「空虚感」「喪失感」という
生まれてきた絶望感も感じなくて済むという
メリットもあります。

でも、役割を演じ続けていると
幸せとはどんどん離れていってしまいます。
家族を背負ってる背中は張り詰め、キシキシと音を立てています。

セッションで見てきましたが
家族を背負っていた人ほど
背中は固く、鉄板のようでした。

これだけ一生懸命家族を背負ってたきたんだな。。。と感じます。

家族の役割を無理に降りてしまうと
自分には何かたらない私
心にぽっかり穴が空いてる私
自分には何か欠けている私
だけが残ってしまいます。
これは余計に辛く、役割を降りた自分は価値がない人間なんだと
「役割の大切さ」を思い知り、役割は降りないほうがいいと
自分を正当化してしまいます。

なので、役割を降りる前に
「私」を感じてみてください
(私、探しって流行ったけど、私はもぅここにいてるんです。
感じてないだけで)

「私は何を感じてたの?」
「私は何を求めてたの?」
「私はどうしたいの?」
あなたの中にいる「私」とお話しする事で、
どんどん私を感じることができるようになります

私の心の傷を癒し、解放してくと
機能不全家族育ちだったけど、幸せな家庭が作れました!
と言える日が来ますように

では、また〜

あ。私への質問がわからない。できない。
という場合、ふるしほが変わりに2月10日のお茶会で
質問を作りますね!作って欲しい!って方是非お越しくださいね^^


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる