頑張る子育てを続けるとどうなる?

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

新しい年号「令和」を迎えるカウントダウンですね。
平成という時代が終わるということに
特に喪失感を感じるとは思わなかったのですが
残り日数が減っていくと寂しさを感じております。

令和という年号は本当にどんな時代になるのでしょうね。
楽しみです。

さてさて、本日のコラム。
「我慢バル子育てを続けているとどうなる?」

お母さんって何かと忙しくて
とっても頑張っています。
頑張って目の前のことを
一つ一つこなすしかない。
そんな風に感じる事ってないですか?

自分が頑張ればいい
そんな感覚で子育てをしていると
本当に「良い」結果になるのでしょうか?

今日は頑張り続ける弊害について綴っていきたいと思います。

さてさてさてさて

お母さんが一人で色々なことを背負い、
負担が多くなりすぎて
精神的にお母さんが疲弊してしまっています。

本当は誰かに手伝ってもらったりしたほうがいいかな
と感じていても

どうしても
「自分がやったほうが早い」って思って
自分がやってしまう。って事ないですか???

確かに早いんですけど・・・
お母さんが大変。というのは、
子供に「罪悪感」を与えてしまうのです。

いつも大変そうなお母さん
いつも頑張ってるお母さん

そんな姿を見てると
「お母さんを楽にさせてあげたい」と
子供は感じるようになります。

でも、自分がやろうとすると
余計こじれてしまったり
お母さんを怒らせてしまう。。。。

子供は申し訳ないなぁと思い
お母さんをもっと助けようとしたり
また、
お母さんを助けられない非力な
自分を「ダメな人間だ」と
感じる場合があります。

そうして、自分を責めるようになる子もいます。

お母さんに「申し訳ないな」と思い始めると
迷惑かけないように
自分を無意識に抑えようとします。

自分ができることはといえば
迷惑をかけないようにする

そうして子供は「我慢」するようになります。

私のセッションを受けに来る人のほとんどが
幼少期に
「親が大変そうで、我慢ばかりしきた人」です。

頑張っているお母さんの後ろ姿を見ている子供たちは
自分はどうやったら人を助けられるだろう。
私がこんなことをしていいんだろうか。。。

私はどうしたらいいんだろう????
と自分が何をすれば、お母さんが喜ぶんだろうと
自分の行動を決められず、何をしたらいいのかわからなくなり

答えが見つからないまま月日が流れ

大人になった時
「私は何をしたらいいのかわからない」
「どうしたらいいのかわからない」
という
「生きづらさ」を抱えてしまうのです。

頑張っているお母さんのお話を聞いた時
私は、夫婦仲についていつもお尋ねしています。

すると、

ご主人のことを最初から「当てにしていない」
期待していない。

家のことは全て任されている。

表面上は仲良しだけれど、
話し合いがされていない「仮面夫婦」

ご主人のことが信頼できない

など、夫婦仲が不安定な家庭が多いのです。

ご主人とのコミュニケーション不足は
家庭内の問題をひとりで抱え込んでしまいます。

相談し、話し合い。この家族というコミュニティを
二人で育てていくと

お母さんひとり頑張らずに家族を作ることができるのです。

問題が起こらないことが夫婦仲が良いということではないのです。

問題を問題だと捉え、夫婦で解決していく。
それが仲の良い夫婦なのです。

その夫婦仲があって
安心して
自由に生きることができるのです

夫との夫婦仲を諦めてしまうことは、
一人で家族を支えるという結果を招いてしまい
子供の情緒の成長を止めてしまうのです。

毎日頑張ってしまう。
そんな時、夫婦の関係、コミュニケーションなどを
チェックしてみることを私はお勧めしております^^

最後になりなしたが、明日メルマガの発行をいたしますね^^

明日のメルマガでは、
5月の個人セッション枠の他
6月に行う福岡での個人セッション枠の
ご案内も送らせていただきます。

ぜひご登録くださいね^^


「私、どうして幸せになれないの?」
頑張っているのに幸せになれない人のためのお茶会
*開催日
大阪:4月29日(月祝)10時~14時 担当:古田しほ

東京:5月15日(水) 13時~17時 担当:ひがしさやか

【東京】公認心理セラピストによるオープンセッション

6月2日(日)開催決定!

我慢して頑張っているのに、幸せが遠いと感じているみなさんに
公認セラピストの垣内満寿美さん、新潟の田中めぐみさんが経験を元にお話させて頂きます。

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

人からの「あたり」がきついなと思った時

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日の大阪はとっても温かくて、
気持ちの良い一日になりました。
間違いなく春だ。夏に近づいてるぜ。
と気持ちの良いお天気の中感じていました。

ドライブに行きたいなぁと、車を見ると
驚愕!!!!
松山からの帰り道、夜に山間を走った為
虫がめっちゃ張り付いてる。
車の洗車が先だわ。
と思ったら今日は雨、次のお天気の日にでもやろうかなぁ。

さてさて、本日は
最近セッションでもそうですが、雑談でもよく聞く言葉があります。

それはこんな言葉

「相手が怒った時にそれは、相手の問題だって線が引けるようなりたい」

うん、確かに
何かトラブルがあった時に相手の感情に飲み込まれないで
「これは相手の問題」だと
相手との「境界線」を引く、引けるようになる事って大切だなぁと
私も感じております。

でもでも。。。これ、よーくお話を聞いて見ると
あれれ・・・・・???って事が見えてきました。

それは、何だと思いますか?

人とのコミュニケーションにおて境界線を引く事だけに
フォカースをしていると
人間関係のトラブルを悪化させてしまう事があります。

それはどういう事でしょうか?

今日は、人とのコミュニケーションについて綴って行きたいと思います。

相手が怒ってしまう。それは本当に相手の問題だけでしょうか?
人間関係をよりスムーズに進めていく為に
ぜひご覧くださいね^^

先日あったお悩みはこんな感じでした。

いつも上司が自分だけに冷ややかな態度をとったり
自分への注意が厳しく感じ
上司からの「あたり」が強いなぁと感じていたMさん

こんな上司の下で働くので
上司が怒っていても、それは私の問題じゃないと思えるようになりたい。
そしたら仕事もスムーズに進める事が出来るのに・・・・

最初は、そうだよね。
と思ってお話を伺ってみました。

この話の流れって、
一見「上司の情緒トラブルに巻き込まれている」と感じます。

「私は悪いことをしているわけじゃない」でも
上司はいつも、私を厳しく監視しているように感じるし
何かあると、すぐに呼び出されて注意を受ける。

みなさんもこんなことに心当たりありませんか?
・私は悪いことをしているわけじゃない
・私が悪いわけじゃないのに

なんでこんな風に扱われないといけないんだと思うような事

そんな時相手の問題なのだから、自分が揺さぶられないようになりたい

そう思うことは、当然なのかもしれません。

しかし、こんな問題が隠れていたのです。

少し話は変わりますが、

少し想像してください。
目の前の人が苦手な雰囲気で
この人、何か怖い雰囲気を感じるなぁと思う
そんな人とあなたは関わらないといけない状態になりました。

あなたは、どんな態度でその人と接しますか?

こんな事ないですか?

取っつき方がわからなくて、ギクシャクしてしまう

自分の言う事が伝わるかなぁと言う心配から
話を遠回りーに話してしまい。
何を話したいのか
何を伝えたいのか
曖昧になってしまい。支離滅裂になってしまう。

自分の言いたいことをうまく伝えられず、アップアップしてしまう

すると、相手は
「この人は何を言ってるんだろう・・・・」と
怪訝な顔を見せる。

そんな顔にズキンと胸が痛み。頭が真っ白になってしまう。

こんな出来事って多いんですよね。

それに加えて、こんな事もないですか?

人から嫌なことをされやすい
人からいつも攻撃をされてしまう
人から標的にされる事が多くある
人から支配されやすい

そんな経験から
被害者意識をついつい感じてしまう。

人から攻撃されたり、嫌な事されるんじゃないかと思うと

自らが一歩下がり、線を引いて接しておかないと
相手に傷つけられてしまう。
だからこそ、
境界線を引いて
相手に巻き込まれないようにしたい。

Mさんも上司を怖がるあまり一歩下がり
オドオドしていました
そして
上司と関わりたくないと、
線を引きたいと思うようになったのです。

逆にね。

いつもあなたに
オドオドしながら
支離滅裂に話し
何を言いたのかさっぱりわからない。。。。

あなたの目の前の人が、現れたら
どう感じますか???

この人どうしたんだろう???
何?!はっきり言ってくれたらいいのに

そんな風にイライラしませんか????

実は、Mさんの問題は、相手との境界線が引けない。
と言う事が問題ではなく

Mさん自身が
相手を怒らせるような
相手をイライラさせるような
そんな態度で接していたのです。

相手を怒らせ自分が被害者になる現実を
無意識で自分で作り出していたのです。

これは、境界線の問題でも、相手の問題でもありません。

被害者意識という問題は、
自分の問題を人の問題。
人のせいだと感じてしまい

自分の問題を見失ってしまう事があります。

相手を怒らせてしまう行動を起こす事を
無意識で起こしているのはMさん自身でした。
Mさんが
『無意識に人を怒らす事」を止める事ができるようになったのですが

すると上司の「あたり」が変わったのです、
まるで上司が変わったかのように・・・・・・

上司が変わったのではなく、
変わったのはMさんの上司の接し方なのですが。。。。

相手の態度が気になる時
自分が相手にどんな態度をとっているか
どんな対応をしているか
チェックしてみると
その問題は、本当は誰の問題なのかが見えてきますよ^^


「私、どうして幸せになれないの?」
頑張っているのに幸せになれない人のためのお茶会
*開催日
大阪:4月29日(月祝)10時~14時 担当:古田しほ

東京:5月15日(水) 13時~17時 担当:木村貴子

【東京】公認心理セラピストによるオープンセッション

6月2日(日)開催決定!

我慢して頑張っているのに、幸せが遠いと感じているみなさんに
公認セラピストの垣内満寿美さん、新潟の田中めぐみさんが経験を元にお話させて頂きます。

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

頑張りすぎて息切れしてませんか?

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

この週末は、大阪車で6時間ほどのドライブを経て

愛媛県松山市に
日本リトリーブサイコセラピー協会の心理勉強会の為に
お邪魔しておりました。

愛媛県に行くのは子供の頃以来で、2回目の経験でした。

道後温泉などの観光はできなかったのですが、
車で走ると山並みがとても気持ちよくて
その雰囲気に愛媛県がすごくーく好きになりました。

このお仕事をさせていただいていると
様々な地方に行かせていただく事が出来て
その地方に触れる事が私はとっても好きです。

そして今回鯛めしがすこぶるおいしかった!!

滞在中鯛しか食べてませんでした(笑

地方でいただく名物に触れられる事も喜びです^^


さてさて、本日のコラムですね。

みなさん日々の生活で「息切れ」を起こすことはないですか?
あ、、動悸、息切れの救心ではない方の「息切れ」です。

生きることそのものに疲れてしまい。
休みたいな。。。
少しどこかに逃亡したいな。
人生そのものに息を切らす。「息切れ」です。

どうして息切れを起こすのでしょうか。
それは単純、疲れているのです。

疲れさえしなければいいのですが、
なぜだかそれを出来ず、
クタクタになるまで動いてしまい。
目標にたどり着くまでに、何かを失ったかのような
喪失感を感じてしまう。
そうして、生きる苦しくなってしまう。

どうして疲れるまで走ってしまうのか。
走り続けてしまう
理由を綴っていきたいなと思います。

うまく息抜きを取り入れられる
そんな風になるにはどうしたらいいのでしょうか?

みなさんこんな風に思ったことってないですか?
頑張らないといけない
とにかく今は頑張らないといけない。
やるしかない。

自分がやるしかないんだと
自分のお尻をケツバットして
自分を作動させる。
頑張らせる。

本当はもうしんどくてクタクタなのに、
自分を奮い立たせて頑張ってしまう。

何の為に頑張っていますか????

少し前に「頑張らずに生きる」という事が流行りました
その時、「私頑張りたくないんです!頑張らずにいきたいのです!」
と仕事をやめ。好きな事だけをして生きるを選んだ人たちが
生き抜く事が出来ずに
元の生活に戻っている人がどれほどいただろうって思います。

私は、頑張は決して悪い事だと思いません。
時には頑張る事も必要だと思っています。

大切なのは、
何の為に頑張るのか。
誰の為に頑張るのか。

ということなだと思います。

頑張る。という方向性を間違えてしまうと
息切れを起こしてしまうのです。

息切れを起こして頑張ってしまうという人に
頑張ってしまう理由にこんな事が多くあります。

・人に認められたい
・人から貶されたくない
・出来ないやつだと思われたくない。

実は、こういった思いを
頑張る材料にしていると、息切れを起こしてしまうのです。

周りの目線や自分へ評価を変えたい。

そんな気持ちで頑張ってしまうと
頑張る事がやめられなくなるのです。

評価をもらう為に頑張っている。

もしそれをやめてしまったらどうなるでしょうか?

そうです。
評価が与えられなくなってしまいます。

頑張って評価を与えてもらっていたら尚更
やめられなくなります。
やめてしまったら、
今までの全てが壊れてしまう。

やめられますか?

やめられないですよね

だから息切れを起こそうが、
走り続けるしかないのです。

やめてしまえば評価を失ってしまう
その怖さが
無意識の中にある事がとても多くあります。

評価を失う事はあなたにとってどういう事でしょうか?

例えばこんな事があります。

認められなくなれば、居場所を失う気がする
仲間外れにされてしまいそう
そんな自分はいらないと言われてしまいそう
ここにいちゃいけない気がする。
自分の存在価値がなるなる気がする

などなど

評価を失うこと=居場所を失うことに
人からの評価が自分の居場所を直結してしている
と居場所を失う怖さから
頑張り続けることを自らが選んでしまうのです。

頑張ることを選ぶしか他に選択肢がない状態に陥ってしまうのです。

だから頑張り続けることをやめられないのです。

頑張る理由が他人からの評価というのは
とても他人軸なのです。
どんなに自分が「頑張った」と思っても
他人が「頑張ってない」と言えば
ゼロになってしまいます。
ゼロを1にする為には、もっと頑張らなくてはならい。

少し表現が偏るかもしれませんが
他人を黙らす為には頑張らないといけない
そんな感覚があるのかもしれません。

他人が「頑張ったね」と認めるまで頑張らないけないのです。
どんなに頑張ってもゼロになるかもしれない。
これってとってもしんどいですよね。

だから息が切れるのです。

自分のために頑張っているのではなく、
他人からの評価の為に頑張っていると
足を止めることもできないのです。

頑張ることを止めるのではなく。
他人からの評価の為に頑張ることをやめてみると

自分の「頑張り続けなくてはならない」
そんな思いから解放され
自分のペースで自分の為に頑張る事が出来るようになります。

そうすると
頑張る事が苦痛じゃなくなるんですよね。
頑張る事が夢が叶う事、将来を作る事、未来を築く事
そんな風なモチベーションで頑張る事が
楽しめるようになります。

私もね、頑張る事嫌いでした
でも、
今はね、頑張る!というよりも
未来を築く楽しみに溢れているので
苦痛ではなく息を切らさずにやる事が出来るようになりました。


「私、どうして幸せになれないの?」
頑張っているのに幸せになれない人のためのお茶会
*開催日
大阪:4月29日(月祝)10時~14時 担当:古田しほ

東京:5月15日(水) 13時~17時 担当:木村貴子

【東京】公認心理セラピストによるオープンセッション

6月2日(日)開催決定!

我慢して頑張っているのに、幸せが遠いと感じているみなさんに
公認セラピストの垣内満寿美さん、新潟の田中めぐみさんが経験を元にお話させて頂きます。

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

頑張ることの方向性を見直してみませんか?

私はどうして幸せになれないの??

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

やっと大阪も桜が満開になりました!
まだ肌寒いですけど。
今週末はきっと見頃になってるんじゃないかな。
お花見行けるかなぁ♡

さてさて、本日のコラムです。
私はどうして幸せになれない?
幸せになれない。そんな心理について綴っていこうと思います。
本当の幸せって何でしょうか・・・・・・

みなさんにとって幸せって何ですか?

幸せって、なかなか一言で言い表すことができないかもしれません

「幸せになりたい」この言葉には実は裏があります。

それは
今が幸せではない。という事です。

幸せな時に「幸せになりたい」ってなんか違和感ありませんか?

今に何かしらの不満や不安があるからこそ
「幸せになりたい。」って思うんですよね。

あなたにとって幸せって何でしょうか?

そう言われうと、
靄の中に入ったように感じたり
霧の中で考え事をしているかのように
頭がボーとして
考えがまとまらない。
という方って多いんですよね。

また逆に
光が差して、神々しくて、
キラキラしていてる
本当に自由で何の不満も不安もない
ポジティブシンキングな世界を想像する方もいます。

どちらも、
幸せという現実が非現実的なのです。。。

幸せという現実が、非現実的すぎて
想像がついていかない。
そんな曖昧な世界に
進んでいくことって難しくないですか?

だから、止まってしまうのです。

幸せになれている人は
自分のことをとてもよく知っています。

自分が好きな事
ワクワクする事
楽しい事
嬉しいと感じる事

そして、そんな感覚を感じるために
誰かに託すのではなく
自分で手に入れていきます。

幸せについて深く考える事ができない。
幸せになる行動を起こせない

それは、実は、
「幸せになるな!」という警報が
頭の中で鳴り響いているのかもしれません。

幸せになりたいのに
どうしてそんな警報がなるのでしょうか?

その警報が幸せになる事を止めているのかもしれません。

あなたにとって
「幸せになれない・・・」と感じる時
幸せになる。ということはどういうことなのでしょうか?
そのあたりを掘り下げて見ると
目からウロコのような答えが出てくるかもしれませんね


「私、どうして幸せになれないの?」
頑張っているのに幸せになれない人のためのお茶会
*開催日

大阪:4月29日(月祝)10時~14時 担当:古田しほ

東京:5月15日(水) 13時~17時 担当:木村貴子

「私、どうして幸せになれないの?」頑張っているのに幸せになれない人のためのお茶会

 

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

人から支配されやすい人とそうでない人の違いは?

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日新しい年号「令和」が発表されましたね。
平成も残るところ1ヶ月となりました。
メディアでは平成を振り返る番組も多く
様々な出来事が起こった平成。
そんな番組を見ては
こんな出来事も平成だったのか・・・・
と時代の流れを感じております。

令和という時代はどんな時代になるのでしょうか。

4月29日に開催されるお茶会も「平成最後のお茶会」になるんですね。
そうそう、お茶会の受付もスタートしました。

さてさて、本日のブログは
支配されやすい人とそうでない人の違いってなんだと思いますか?

支配という言葉を聞くと、
窮屈な感覚を感じるかもしれないですね。
自分は人に支配なんてされていない。
とおっしゃる方も多いのですが、

人の意見に左右されていませんか?
となると
あ〜結構されているかも。。。
と感じる方も多いです。

例えばこんな出来事も
支配やコントロールを受け入れてる状態なんです。

Aさんは
やってみたい、挑戦して見たいな。
と思う出来事がありました。

ご主人に相談して見たところ、
「それは必要ないんじゃない?」と言われてしまい。

そうか・・・・と諦めた。

Bさんも同じで、
ご主人に相談したところ
「やって見てたらいいんじゃない?」
と言われたのですが、
その時のご主人の態度が気になってしまい。
なんだか申し訳なく感じてしまい。

もう少し考えてみようと、先延ばしを選んだ。

AさんもBさんも
「やりたいな」
「挑戦して見たいな」
という思いがあり、相談をした結果、

ご主人の反応で
「やっぱりダメだ」という気持ちになり

自分が「やりたない」と思ったことを行動に起こす事が
できなくなってしまいました。

相手の言葉や態度によって
自分の気持ちを捻じ曲げたり
自分の気持ちを貫く事が出来なくなってしまう

それが人の支配やコントロールを受け入れてる状態なんです
AさんもBさんもご主人の反応を見て
自分の「やりたい」を優先できなくなってしまいました。

お二人のご主人に
「支配してやろう」「コントロールしてやろう」という
気持ちはあったのでしょうか????

みなさんは、
自分で「選択」や「決断」をする事が出来ますか?

「決める」という事に臆病になることはありませんか?
決めたことに躊躇してしまうことはありませんか?

決めようとすると、不安になってしまう。

そんな気持ちが強い人ほど
自分の気持ちを貫き通し行動に
起こすことが困難になってしまいます。

だから、
自分以外の人に
「どうだろう?」って相談して
自分に自信をつけたくなるんですが・・・・
相手の反応に心を動かしてしまう。

これは、自分で何かを「決める」のではなく

相手がNOと言えばNOになり

たとえOKであっても、
相手の全ての態度がOKで
本当に、本当に、何も反論がない状態で、
しかも、自分の全てを応援してくれていて
自分に何も心配や不安がない状態に
相手がしてくれてやっと
「OKなのカナー?」(まだまだ不安の方が強い)

という状態。(心当たりないですか?)

他人が全てをYESといったらYES
になる

この状態・・・
相手の状態を取りれて、自分の行動を決める。
他人軸なのです。

この他人軸な人ほど、不満や怒りを溜め込みやすいのです。

なんでや!なんでやらせてくれないんじゃ!!!!
なんでアカンの?!
と怒り

やらせてもらえない。
フラストレーションが
溜まりまくってしまいます。

私は、
カゴの中の鳥
鎖に繋がれた私
なんの自由もない・・・・
支配された状態になってしまいます。

この状態が
自分が決める事は、
他人が何と言おうやってみる!
と自分軸で行動を起こすことが
できるようになると
他人に意見を求めたとしても
「できる」「やる」という事が
できるようになります。

そうすると、他人に支配されたり縛られ
フラストレーションって溜まっていくでしょうか?

AさんもBさんも
「自分が決める」のではなく
自分の行動の最終結論は
他人の意見である。
という事を無意識に選んでいる。

自分で決めることができると
人に意見を求めても「やる」を選んでいるので
相手がどんな反応であろうと、「やる」を選んでいるので
人の意見に左右されることがありません。

自分の軸で考え行動を起こす事を選ぶと
人からの支配やコントロールされにくくなります。

支配コントロールをされているな。
と感じた時
自分の思いや行動をする。
という事を
自分で選んでいるか
自分で決めているか

振り返ってみてくださいね^^

明日、17時ころメルマガの配信を行います。
「頑張らずに幸せを手には?」
幸せになりたいのになれない
どうしてでしょか?とういうコラムとともに
4月のセッションのご予約
ご案内をメルマガで送らせて頂きますね^^


「私、どうして幸せになれないの?」
頑張っているのに幸せになれない人のためのお茶会
*開催日

大阪:4月29日(月祝)10時~14時 担当:古田しほ

東京:5月15日(水) 13時~17時 担当:木村貴子

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

人から嫌われているという感覚は自分で作り出していた事に気がついた

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日は大阪1Dayセミナー 『もしかして、私嫌われてる?』から抜け出す心のお話会の開催日でした!
北海道のセラピスト白鳥大介くんと、
二人で10時〜17時まで心のお話をさせていただきました。

今日は舌好調でしたね!
みなさんにこれは伝えたーい!と考えたいたことを
しっかりとお伝えできた!と本当に楽しい時間でした。

セミナーが終わったと、アシスタントをしてくれていた
喜多村純子さんが一言、「舌好調でしたね!」
本当に喋りまくった1日となりました。

「人から嫌われているかもしれない」
そんな思いを抱えていると
どんな問題やトラブルが起こるのか。。。
というお話をさせていただきました。

人から嫌われたくない。
そんな思いは誰もが抱えている感覚ではあると私は感じております。
でも、その「人から嫌われたくない」という思いが
強くなりすぎると、
嫌われたくないあまりに、
人の顔色や対応、言動に敏感に反応をして
気持ちを削がられるような感覚を感じたり
私ってダメだなと落ち込み
精神的に滅入ってしまい
更に人間関係が嫌になってしまう。。

そんな心のお話から、
嫌われたくない根本の原因は?
そこから抜け出すためには?
というお話をさせていただきまして

そんなお話の中からみなさんいろいろな気づきが
起こったようです。
例えば

母の人生を歩んでいた事に気付きました。
モヤモヤしていたものが、明確になり
味わいたくない感覚を無意識に感じないようにしていことが腑に落ちた

相手の感情に責任を持たなくていい。
自分の感情は自分の問題

そんな線引きに気がついた

嫌われたくない、嫌われてもいい。を行ったり来たりしていました
嫌われてしまうと何もかもなくなってしまうそんな
感覚が今も残っていることを
認識できました。

人から嫌われているという感覚は自分で作り出していた事に気がついた

本当の解決ってなんなんだろう・・・・
このお話をした時、
目がハッとしたように正気を取り戻した方
そうだ!!と衝撃を受けた方。
その言葉が胸に響いた!!という方

ご参加いただいた方
それぞれの方が大きな気づきを持って帰ってくださいまして
私は、その言葉にとっても嬉しかったんです^^

後半はオープンセッションを白鳥大介くんと私、
1本づつ担当させていただきました。

オープンセッションって、
クライアントとしてセッションを受けることができなくても
みているだけで、自分の問題と重なって、
「あ。。そうだ・・・私もそうだった・・・・」
涙が止まらなくなる。という方も多いのです。
そして、セッションが進むについれて問題が紐解かれ
解決につながっていくと、
自分の問題も解決に繋がるんだ・・・と実感できる
良いきっかけにもなるんですね^^

頂いたご感想を少し紹介させていただきますね^^

日吉マリコさん(40代)
嫌われるのが怖いという感覚が、過去の親子関係からきていることが
座学でも、オープンセッションでもよくわかりました。
オープンセッションを受けられたクライアントさんが
幸せな人生を選んで歩んでいけるよう全力で応援します。
そして、自分自身も「幸せな人生とは何か」について
改めて考える良い機会になりました。
またあれば必ず参加したいです。

Y.Tさま(50代)
古田しほさんのオープンセッションを受けれて
「人生脚本」で私の孤独や悲しみが、代々引き継がれている事に気がつきました。
息子に求める老後の安心は母からもらえなかった愛の代わりを求めていたんだなぁと
なんとなく気付いていたけれど、はっきりわかりました。
お嫁ちゃんと仲良くしたい!と強く思うのも「老後の私の面倒をみて!!」
という私の孤独への不安からのものでした。
そんなの無しでお嫁さんと仲良くなれたらいいなと思いました。

M.Yさま(40代)
嫌われているのかも?という感覚は自分の中の前提であることがよくわかった
他人は変えられないし。たとえ他人が変わったとしても、
自分の前提が変わらなけれあb、同じことを繰り返すということもよく理解できた。

K.Aさま(40代)
来てよかったと思いました
「お母さん、こち向いて」が言いにくい。これについて
「自分で自分を止めている」のだと知り、よかった
自分で自分を止めている。それはその通り、ぴったりでした、
止められていると思って生きて来ていました。
止める事にメリットがありありだったんですね。。。


今回の1Dayセミナーは
講義だけではなく、ワーク、オープンセッション2本という
盛りだくさんの内容で
半日にこれだけ濃厚な1dayをお届けすることができて
私自身とても楽しかったなぁと思いました。

来年また春頃にオープンをしたいなぁと思います。
その時は、今回参加できなかった方も
ぜひお越しくださいね!

次のイベントは、4月29日またお茶会やりますよーー
予定は今のうちに空けておいてくださいね^^


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

問題を起こしたくない。トラブルを避けたい

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

木曜日から、土曜日まで
東京ー仙台ー東京
と各地でセッションツアーをしてきまいた。
その合間には、友達と会ったり。ライブにも行ったりと
仕事にプライベートにとっても充実した3日間でした。

仙台はとっても寒くて・・・・
現地でマウンテンパーカーを買いました。

これを着るたびに仙台での楽しかった事を思い出しそうです。

さてさて、本日は
「問題を起こしたくない。トラブルを避けたい」
問題を起こしたく無くて、自分に制限をかけてしまう
結果・・・何が起こるのかについて、綴っていきたいと思います。

意外な結末が待っていました。
その結末とは?

問題やトラブルを起こしたくない。
だから
言いた事を言わない。
言いたい事を言わなければ、問題は起こらない。

自由にしないい
人の指示に従っていれば、問題は起こらない。

出しゃばらない
私が姿を消していれば、問題は起こらない。

こんな風に
問題やトラブルを避けるために
自分の行動に制限をかけている事って多いと思います。
この全ての行動には
自分が我慢をしていたら、問題は起こらない
と言う思い込みがあります。

ほとんどの方は
「問題を起こしたくない」「トラブルを避けたい」
と感じるのではないのでしょうか・・・・

クライアントのTさんもそんな一人でございました。
人に迷惑をかかるような事に関しては
より慎重になっていました。
問題が起こらないように、穏便に慎重に。
と言うのがTさんの

人生で大きなトラブルに発展したのは
ほんの数回だったのはないでしょうか。
それだけ問題やトラブルが起こっていなかったのです。

ですがこのTさんに思いもよらぬことが起こりました。

突然ですが。
この問題を解決する前に持っていた
Tさんの人生の前提は
「私が我慢していればいい」
と言うものでした。

本当、昔は口癖のように
「私が我慢したらいいんやろ!!」
「もぅいい!!私が我慢するから!!」
と言う言葉をよく使っていたそうです。

それこそ、冒頭にありました。

私が我慢していれば、問題は起こらない。

そんな風に感じていました。
常に自分が引く。一歩下がる。
そんな風に人と関わっていました。

そうしてたら、嫌な空気が流れず
平穏な日常が送れると思っていましたから。
とTさんは話しておられました。

幼少期ね、何か起こられるようなことがあると
口ごたえなんて、許してもらえない
そんなお家多かったと思います。
Tさんのお家もそんなお家でした。

なんか理不尽だなって思っても、

意見を言うと、
「わかったようなことを言うな!!」
「いちいちうるさい!!」
「黙って!!!」
と怒られる
そんな事になるくらないなら
自分の言葉を飲み込む、
そしたら、お母さんもこれ以上・・・怒らない
怖い思いをしなくていい。

こんな経験から
意見は言わない。
出しゃばらない。そうしていれば問題は起こらない

思った事があっても
我慢していればいい。
と思うようになったTさん

それは大人になっても
「これ。。。言ったほうがいいかな・・・」と思うようなこと事も
言ったところで怒られてしまうんじゃないか、
不穏な空気が流れてしまうんじゃないか。
と思うと、思っている言葉を飲み込んえ黙ってしまう。

自分が出しゃばらず、相手を優先しているほうがいい。
それが正しい。
そうしていれば問題なんて起こらない

そう思っていたのですが・・・・

ある日の出来事
「書類のチェックして提出した?」

まぁ・・・
言わなくても、してるだろう・・・・
言って嫌な顔されるのも、
不機嫌にさせるのも嫌だな
不穏な空気が流れるのが怖く。その言葉を飲み込でしまいました。
その書類はそのまま取引先に提出されました。

しかし、その書類には、大きなミスがあったと取引から連絡が
それがわかった瞬間
血の気が引き、頭が真っ白になり。。。どうしよう、、、どうしよう。。。
と心は大きく揺さぶられ、取り乱してしまいました。。。

普段から問題を起こらないようにしてきたTさん
トラブルの体制や。免疫がなくて・・・・
もぅ頭がパニックでどうしたらいいのかさえわからず。
その場を走り去り、トイレに篭ってしまったそうです。
自分の居場所を失ったような感覚に陥り
トイレで泣きながら震えていたそうです。

人から嫌な顔されないように
人を不機嫌にさせないように
不穏な空気が流れないように
相手を怒らせないように
そんな事を考えた私が悪かった・・・・

自分が思った事を言わなければ問題は起こらないと思っていた。
その前提が崩されてしまいました。。。

Tさんは
あの時ちゃんと言えていれば、問題は起こらなかった
私の責任なんだ。。

私がちゃんと
我慢するのをやめて
相手い言えるようになったら
問題は起こらなかった。
ちゃんと伝えられるようになりたい。

それがTさんがセラピーを訪れた理由でした。

だけど、本当は、問題はそこじゃない。

Tさんの本音は、
「問題を起こしたくない!トラブルを起こしたくない!」
なんです。

だから言いたことが言えるようになったとしても

これでは
Tさんに問題が起こった時、
また自分を責めて、トイレに籠城してしまう事になりかねません

言いたい事を我慢してもトラブル・・・・
言いた事を言ってもトラブル・・・

どうしたらいいのかわからなくなってしまいます。
八方塞がり

本当の問題は
問題を起こさないことのメリットにヒントがあるのです。

問題が起こらなければ、
Tさんは
居た堪れなくなってトイレで震えながら泣く。
そんな経験をせずにすむ。
苦しい、辛い感覚を感じなくていい。
自分の居場所を失う感覚を
感じなくていい。
問題を起こしたくないのです。

だけど。。。問題は起こります。
その出来事を避けることは本当はできないのです。

だからこそ
「問題やトラブルが起こった時どんな自分になりたいか・・・」
と言うのがとても大切なんです。

もし、その時に、
冷静に対応できる自分になれたら?
落ち着いて判断できるような自分になれたら?

トラブルを過剰に恐れる必要性がなくなるので
人から嫌な顔されないように
人を不機嫌にさせないように
不穏な空気が流れないように
相手を怒らせないように
してきた、緊張の時間からも解放されるようになります。

あなたは、
問題を起こさない事で
どんな感情を感じなくて済んでいますか?

「もしかして、私嫌われている?」から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

傷つかないように強い人間になりたい

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

今年はスギ花粉がひどいと伺っておりました。
朝起きて仕事に行く前
車を見てみると・・・
フロントガラスの様子が何やらおかしい
よーく見てみると・・・・
黄色いんですよね・・・・
これ・・・花粉か?と思いました。
こんなにスギの花粉が飛んでいるなんて・・・
これはスギ花粉の方達本当に辛いだろうなと・・・

目がかゆい・・・と言っていた娘の
目薬を買いに行ってきました。
少しでも楽になるといいな・・・と思います。

さてさて、本日のコラムです。

本日のコラムは「傷つかないように強い人間になりたい」

心が傷つくことは避けたい。
そう思う人って多いと思います。
でも
人生を生きて行くという事において、
傷つくことにおいて様々な問題が生まれてしまうのです。

こんな問題を抱えていることはありませんか?

・人と関わることが怖い
・人を失う事に過剰に反応してしまう
・人生がストップしてしまう。
・身動きが取れなくなってしまう。
・挑戦できなくなってしまう。
・人を過剰にコントロールしたくなる。

傷つ事、悲しむことが嫌だと
感じている人ほど
こう言った問題に直面しやすくなってしまいます。

それはどうしてでしょうか・・・・

幼少期にこんな記憶や、こんな経験をしたことはありませんか?

悲しいことや辛いことがあった時、
誰にも慰めてもらえず、
ただ自分の気持ちを押し殺したり。
一人でさめざめと泣いた・・・・
泣くこともできず、いつも平気なふりをしてきた。

など。自分の心に傷を負った時、
誰にも助けてもらうことができなかった
どころか
その心の傷の存在すら、無かったことにされてしまう。

こんな経験をしてしまうと

傷ついても、自分は誰にも助けてもらえない
ただ耐えるしかない。

心の傷は、治りようがないし。
むしろ「心の傷」なんてものは最初から無い。

心が傷つくことで
心が粉々に砕け散り
傷ついてしまったら一巻の終わり・・・

絶望に近い感覚を感じてしまう。
傷つく事を極端に恐れてしまう場合が多くあります。

だから
傷ついても丈夫な「強い人間になりたい」
と考え持つようになるパターンがとても多いです。

だけど、生きていると

人とうまく行かなかった時
心無い人からひどい事を言われた時
挑戦して見て失敗した時

悲しい気持ちになると言うことは避けて通ることができません。

それを避けようと思うと
人と関わらないように
新しい事に挑戦しない(挑戦しなければ失敗しない)

自分のやりたい気持ちをストップさせてしまわないと
行けなくなってしまうのです。

だから
人生がストップしてしまうのです。

幼少期、両親との関係で、
傷ついても誰も慰めてくれないし
助けてもくれない。

こんな記憶は
この世界のみんな、
傷ついても慰めてくれない
誰も私を助けてはくれない

そんな世界観を抱えてしまう事に繋がってしまうのです。

親は助けてはくれなかったとしても
大人になると、
本当は助けてくれる人って案外いるのです。

傷ついた時に、悲しみ、涙を流し。
辛い・・・・と感じる事ができるようになると

なんだかスッキリして、次に行けるようになるのです。

傷を引きずらないと言うのかな。

心の傷は隠そうとすればするほど
疼いてしまいます。

傷ついた心は癒せない。回復しない。
と思っている時は
傷つく事を恐れてしまいます。

人は恐れにとっても弱く
怖い思いをするならやめておこうと。。。
言う気持ちになりやすいです。

でも、傷つくいても心が回復できると
知ると
傷つくことへの恐れはぐんと減り

人と関わることもできるし
新しい挑戦もできるようになりますよ。

私もね。幼少期たくさん傷がありました。
少し回復しみると
欲深いのでしょうか
もっと、回復して見たら、もっと楽しく生きれるのかな
あれもこれもできるのかな。。。
と考えるようになれました。

すると人生が激変、今までコソコソと生きていたものが
堂々と自由に生きられるようになりました。

傷つくことの恐れを手放して見ませんか?

「もしかして、私嫌われている?」から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

注意されるのが怖い!注意されたくない!!

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日は、
うちで飼っている「うさぎさん」の餌のストックがない!!!
餌を買いに行かなきゃ!!と夫にうさぎのショップまで足を運んでもらえ
一安心して居たところ、
夕食の準備をしようとしたら
今度は米がない!!!
ストックがあると思ってたのに。。
と同じ事をやらかしまして、急いで。お米を買いに行きました。

コメだけは切らしたらあかん。
これは夫がよくいう言葉なんです。
何かあっても米があれば生きていけるくらい。お米好きなんだね。
と勝手な解釈をしております。

さてさて、今日のブログは「身勝手な解釈」について
綴ってまいりたいと思います。
まぁ、冒頭にも書いたのですが、
「お米があれば生きていけるくらい。お米が好きなんだね。」
と思ったのは私なんです。

でも、それは私の解釈であって、
夫の気持ちとは遠くかけ離れているかもしれません。
だって彼は・・・これは最後に書こうかな。。。

相手の言葉で
自分の存在を否定されているような気がする。
命を差し出さなくては行けないような気がする

なんて経験ないですか?

相手は注意しているだけなのに、
自分には喧嘩を売られているような・・・・
追い詰められているように感じる。
怒っている人を見るのが怖い。。。
そんな時心の中で何が起こっているのか、綴って行きたいと思います。


今日はちょっと私の話・・・・
私ね、小さい時
親から「お前なんか死ねばいい」って
思われているような気がしてならなかった。
私が死ねばいいんでしょ・・・
私がこの世から消えたら、お父さんは満足するんでしょ・・・・
って思って居ました。

父親がどんな言葉を言ったところで
私には「死んでしまえ」と言われているような気がして
ならなかったのです。

お父さんの怒る顔を見るのが本当に怖かった。
怒鳴り声を聞くと、目がクラクラして・・・・
何をしても許してもらえなくて。。。。
ごめんなさい。。。ごめんなさい。。。ゴメンナサイ・・

そして父は言うんです。
目の前から、消えろ・・・あっちに行け・・・・と
そしたら、私は、死んだらいいんのか・・・と思って居ました。

トラウマでした・・・・・

お父さんが怒ったら死にたくなる・・・・

そして、大人になっても、
人から注意される事をとても怖く感じて居ました。
人から注意されると、なんかもぅ、一気に死にたくなるんです。
だから、
人から呼び出された時とか、上司に真剣な顔で「ちょっと」と
言われると
身体中に電流が走ったかのように
心臓がバクン!と音をたて、破裂してしまうんじゃないかと思うくらい
ドキドキして、頭がクラクラして、息苦しくなって居ました。
奈落の底に落ちてしまう気分・・・

人から注意されると、思い出すんです。
父親の怖い顔。怖い声・・・・

上司に注意を受けた時
「消えろ」「辞めろ」と言われているよに感じて

「わかりました・・やめたらいいんですね・・やめます」

そう言って仕事を何度かやめた事がありました。
10代のアルバイトはそれで全部やめたかもしれません・・・・
仕事も長続きしなかったです。

上司はキョトンとして居ました。
「辞めろ」と言ってないのですから
「消えろ・・・」と言ってるように
感じるのは私の思い込み・・・
妄想なのに・・・
私は「もぅいいです!」
その場を去ってしまっていました。

私の中で、人に怒られた時、二人の人がいました
目の前にはその人
そしてそこには居ないはずの父親が存在しました。
そして、心は幼少期に戻っていました。

人から怒られるたびに、
父親に怒られたトラウマ体験の
フラッシュバックを起こしていたのです。

そして、父から言われて居た「消えろ」と言われている感覚を思い出して

怒っている人は、私に消えろ。。と言っている
そうとしか思えないし
私は怒っている=消えろと言ってると言う方程式しかありませんでした。

そんなことは言ってない!そう言っても
私が消えればいいんやろ!!!(あ。。元彼にも言ったことある・・・)
って
もぅ。。。話になりません・・・・・

そうして、関係を壊してきました。。。

それが嫌でね・・・関係を壊さないように
今度は違う問題を起こし始めたの・・・・
それがこれ
人が不機嫌な姿は見たくない

恐怖で体がフリーズしている時って
トラウマに支配され、フラッシュバックを起こした状態になってしまう。
思考も感情も幼少期の「その時、その瞬間」に意識も全て
持って行かれてしまってる。
こんな中で、冷静に話をすることもできないし。
何を言われても、「どうせ私が!!」って思ってしまいます。

相手が言って居ない言葉も、言ってるように感じ取ってしまうのです。
しかし・・・・

父親からのトラウマを解消していくと
怒られてもフラッシュバックを起こさなくなり

人が怒ったとしても

消えろと言ってるわけじゃない
私の存在を否定しているわけじゃない

相手が何を言っているのか、その言葉を理解できるようになりました。

トラウマを解消すると
怒っている=消えろと言ってる
と言おう私の方程式が崩れたのです。

トラウマを抱えていると、現実を見ているつもりが、
恐怖で、
思考も感情も幼少期の「その時、その瞬間」に意識も全て
持って行かれてしまい。
現実を見れなくり、判断できない状態になってしまいます。

相手の言葉で
自分の存在を否定されているような気がする。
命を差し出さなくては行けないような気がする
そんな風に感じて居たら
過去のトラウマをチェックしてみるといいかもしれません。

忘れてた。。。
うちの夫は、米より肉が好き!!!
お米がなくても平気♫
だけど、災害があった時困らないように
お米はできるだけ多くストックしておいたほうがいいと言う意識だそうです。


「もしかして、私嫌われている?」から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム


私の師匠、カズ姐さんが
2日間ひたすらにセッションを行い、解説をしていきます、
セッションを受けてみたい方、見てみたいという方にはチャンスです。

【大阪】2DAYSグループセッション

普段セッションを行っていない。
カズ姐さんのセッションを受けれるチャンスは
なかなかありません。
このチャンスにぜひ!!


サンフランシスコからお呼びしました
モーガングッドランダー氏によるゲシュタルト療法
ワークショップは残席10名ほどです。
心理は初心者も大歓迎です。

心理療法をもっと深く学んでみたい
モーガン氏にセッションを受けてみたい方
お気軽にご参加ください。

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

人が不機嫌にな姿は見たくない・・・・

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日はリトリーブサイコセラピー協会の勉強会のイベントがありました。
リトリーブサイコセラピー協会では
セラピストの育成に力を入れておりまして、
心理セラピストになるために日夜みなさん勉強を行なっております。

私は講師としてお話させていただいてるんですけど
私、お話するのが大好きでしてね。
時間を忘れて話してしまいます。

こういう時、昔取った杵柄というのでしょうか。
お笑い芸人目指しててよかったなぁと思っております。
喋り出したら止まらな〜い


さてさて、今日は、「人との会話」についてです。

人と会話をしてる時
・思わず、言いたいことを飲み込んでしまう。
・相手の空気に流されて、自分の意見を言えなくなる。
・言葉を選びすぎて、伝え方がわからなくなる。
・伝えたい事が相手に伝わらない

なんてことないですか?

こういう
言いたい事が言えるようになりたい。
というお悩みは本当に多いです。

でも
言いたい事を言えるようになる事が解決ではないのです。

職場や家庭でも、
日常会話ならなんとなくできるけれど、
必要なことや、
大切なこと
お願い事をするときになると。

一気にドキドキとして、
思うように言葉が出なくなってしまう。

機嫌を損ねてしまうかもしれない。
これを言ってしまったら、問題が起こるかもしれない。
今のタイミングなら、話しても大丈夫なんだろうか。

と人と話すときに不安や恐怖を感じながら
相手の顔色を見て居ないと話すことができない。

でも言いたい事を言えるようになりたい。。。

解決するにはどうしたらいいでしょうか・・・・

人の不機嫌な顔を見るとどんな気持ちになりますか?

怒られてしまったとドキドキ、オドオドしてしまう
迷惑をかけたかと思うと居た堪れなくなる
困らせてしまったと、罪悪感でいっぱいになる

心は大きく動揺してしまいます。

言いたい事を言わなければ、
そんな不機嫌な態度を見なくて済むわけです。
動揺もする必要がないのです。。。

言いたい事を言えば人も自分も傷つく・・・

そんな気持ちの中、
言いたい事を言えるようになってしまうと・・・
何が起こるでしょうか?

不機嫌な態度を毎回され続け
「私が言いたい事を言ったら相手は不機嫌になる」という
感覚をさらに感じ続けることになってしまいます。

それは、とても神経をすり減らしてしまい。
疲れてしまいます。

相手の不機嫌な態度を見たとき
どんな対応ができるようになるといいかなって思います???

それこそが、
言いたい事を言えるようになった時の
解決なんです。

言いたい事を言って全ての人が
受け入れてくれるわけではありません。

受け入れてもらえなかったとき。
どんな風になれると、いいですか???


「もしかして、私嫌われている?」から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム


私の師匠、カズ姐さんが
2日間ひたすらにセッションを行い、解説をしていきます、
セッションを受けてみたい方、見てみたいという方にはチャンスです。

【大阪】2DAYSグループセッション

普段セッションを行っていない。
カズ姐さんのセッションを受けれるチャンスは
なかなかありません。
このチャンスにぜひ!!


サンフランシスコからお呼びしました
モーガングッドランダー氏によるゲシュタルト療法
ワークショップは残席10名ほどです。
心理は初心者も大歓迎です。

心理療法をもっと深く学んでみたい
モーガン氏にセッションを受けてみたい方
お気軽にご参加ください。

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる