人生に充実感を感じられないわけとは

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨晩雨が降ったようで、桜散っているかなぁと
朝家の窓から見える桜を一番にチェックして見ると
まだまだ咲いていました。
桜が咲いているのを見るとワクワクします。
今日の大阪は20度!もう寒くならない??
これで春って思っていいかな

さてさて、本日のコラムです。
本日のコラムです。
最近セッションを通して感じる事が多いのが
「今」この瞬間を生きる事ができていない人が多いな。
と思う事です。

今、この瞬間を生きる事ができていない。
ってどういう事?って思われる方も多いかもしれません。

幸せを感じる事ができない
過去の出来事にとらわれてしまいやすい
なんだか毎日ぼーっとしているような気がする
目の前の事に集中できない
無気力な日が続いてる。

そんな時、もしかしたら
「今」を生きていないのかもしれません。
今日は、
「今」この瞬間を生きることの大切さについて
綴っていきたいと思います。

今を生きる事が出来るようになると
人生に充実感を与え
幸せを喜びを感じられるようになります。

みなさんの頭の中ってどうなっています?

突然の質問ですよね。

頭の中が
明日あれしないといけないなぁ。。。
あれ。。。大丈夫かなぁ

なんであんな事したんだろう
あれやり忘れていたなという

などという
「未来の不安」「過去の後悔」
などが頭の中を占領している事ってないですか?

頭の中がスッキリしない

頭の中がごちゃごちゃしてしまって
いっぱいいっぱいになってしまい。
考え事だけで疲れてしまい
やる気をが起こらなくなってしまい
時間だけが過ぎてしまう。

この状態、頭の中が「未来」を想像したり
「過去の体験」を思い出したして
「今」この瞬間から意識がぶっ飛んでしまうのです。

ふとした瞬間に、未来や過去に意識がいってしまい
今この瞬間に集中できていない状態なのです。

どうして自分ってこんなに集中力がないんだろうか?
集中力がない自分ってダメだな。。。と感じる人も
多いかと思います。

実はこの意識がぶっ飛んでしまうのは
幼少期の家庭環境の「育ち方」が大きく関係しているのです。

幼少期にこんな経験はありませんでしたか?

・親がいつ噴火するかわからない人だった
・親の様子を常に伺っていた
・親の指示が多かった
・親の支配が強かった
・親が心配性だった
・ネグレクト状態で育った

このような体験が幼少期にあった場合
意識を「今」に置く事ができなくなってしまいます。

だって。。。
親が何をいつ何を言ってくるかわからない
常に親の意識を上回る
「予想」をしておかないといけい
いつでもすぐ動けるように臨戦態勢でいない

今に集中しようとすると
「怒られるぞ!大丈夫か!!!」
と脳が警笛を鳴らすのです

大げさに聞こえるかもしれませんが
自分が傷つかないように、自分が壊れないように

考える事で自分の命を守っていた。

考えることをやめることは、自分の命を危険に晒す行為

なのです。

常に体も脳も命の危険を感じ
恐怖で怯えているのです。

そんな子供時代のことを覚えてもいない。
そんなに怖かった記憶もない。
そう感じる人もいるかもしれません
しかし。。。

体は、脊髄反射かのように
意識をしなくても動いてしまっているのです。

意識を今に集中できない状態では
嬉しい事や楽しい事があっても
なぜかその体験がぼんやりしてしまい。
後の記憶に残らなくなってしまいます。

まるで夢の中の出来事であったのような感覚で
幸せを感じられなくなってしまいます。

幼少期の過去の恐怖体験を癒し
今に集中しても怖い事が起こらない。
警報が鳴らなくなると
意識を飛ばすという脊髄反射は自然に止まります。
(意識的に止めようとすればするほどしんどくなります)

そうすると、
今に意識を集中させて
その瞬間を楽しむ事が出来るようになってきますよ^^


「私、どうして幸せになれないの?」
頑張っているのに幸せになれない人のためのお茶会
*開催日

大阪:4月29日(月祝)10時~14時 担当:古田しほ

東京:5月15日(水) 13時~17時 担当:木村貴子

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

揉めたくなくて黙ってしまう。

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

今年に入ってやる事、毎日やる事リスト。というものを始めました。
前日の夜に翌日にやることをメモをして、
朝になったら朝イチにメモを見て、それをこなし
できたら線を引いて、できたらGOOD!って書く。

それをすると毎日に変化が起こってきて
慌ただしくてやることいっぱい!!って思ってたんですけど、
今日やることを決めてしまうと
頭の中がスッキリして、あれれ、時間が余ってるぞ^^
と毎日の中に余裕が生まれました。

あまり長続きできた事はなかったのですが、
一月続いた自分にも少し驚いていますが。
気持ちの面でも落ち着つけるので、続いているのかなぁ
と感じております。

さてさて、本日のブログですが、
「揉めたくなくて黙ってしまう」
本当は言った方がいい事だとわかっているのに、
揉めるかも。。。喧嘩になるかも。。。。と思うと
言わないでおこう・・・・

でも
言わなかったもんだから、自分にやる事が増えてしまったり。
後になっても「言っときゃよかったかな」と引きづり
悶々としてしまったり

「どうして言わなかったの?」と言われ
気を使った自分が責められてしまったように感じてしまう。

伝えればよかったのに、揉めたくない。と思って言えない
そんな方が
伝えることに萎縮したり抵抗が起こる理由ってやっぱりあるんです。

きちんと伝えられるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

解決する方法として浮かびやすいのが
「自分に自信を持てるようになりたい」そう感じる方が多いのですが、

実はこの問題。
「自信」を持てるようになっても解決しない事が多いのです。
問題が起こっているのは「自信がない」からではないのです。

人に何か伝える時皆さんはどんな気持ちになりますか?

・相手を不快にさせてしまったらどうしよう。
・相手を怒らせてしまったらどうしよう。
・相手に嫌われたらどうしよう。

・自分が間違えていたらどうしよう。

こんな気持ちになる人って多いと思います。

実は、それ以外にもこんなことに心辺りないですか?

・周りの空気が悪くなるのが嫌
・質問があっても聞けない

・怒ってる人をみるとドキっとする
・人と衝突するのが苦手
・ピリピリした空気が苦手
・威圧的な人が苦手
・すぐに謝ってしまう
・優しそうな人と言われる

こんな性格も幼少期の家庭環境が大きく影響しています。

幼少期このような経験はありませんでしたか?

・自分の意見を聞いてもらえる機会がなかった
・親に言いくるめられる事が多かった
・親に自分の意見を決めつけられてきた

・自分の意見を言うとコテンパンにされた
・親から一方的に怒られ口答え出来なかった
・何かいうと親に論破された
・黙っていろ。口出しするなというメッセージを受けていた
・家族全体が問題のない家庭であることを求めてた

こんな経験を積み重ねると
自分が発言するという事に抵抗を覚え
言葉を飲み込んでしまう事が多くあります。

幼少期の頃は
言葉を飲み込む事で親の非難を免れる事ができた
というメリットもあるのですが

このまま大人になると
常に自分の意見を言おうとすると
・泣き出しそうになる
・意識が遠くなってしまう
・自信を持って発言できない
・口をパクパクさせてしまう
・逃げ出したくなる
・喉が締まるような感覚を感じ苦しくなる。


こんな感覚に襲われてしまうので
言いたいことを伝える
発言をすると言う事が出来なくなってしまいます。

これは
発言をすると怖い事が怒る。余計に辛い思いをするぞ・・・
と言うサインなのです。

自分の発言に対して親からの反応が
迎え入れてもらえるのもではなく、
怒られた時の怖さや
取り入って守らなかった時の悲しみを
体が覚えていて

また辛い思いをするぞ・・・・・と言うサイン

この状態で
自信を持って発言できるようになると
常に自分の怖さを抑えながら伝えるので
伝えたかった事がまとまらず、
結果的に伝えたかった事が伝わらなくなってしまいます。

だから解決には繋がらない事が多いのです。

幼少期の親の問題を知ってみる。

自分の意見を伝える事が出来なかった場合
親の意見を押し付けてきたり、
親が自分とは違う意見を認める事が出来ないと

怒りで押さえつけたり、
自分と同じ意見を持つように論破したりする。

それに逆らえば逆らうほど
状況は悪くなっていく一方。

状況が悪くなればなるほど、
子供は居心地が悪くなる。

自分を出すことは親を怒らせること。
怒らせることの怖さ
自分を傷つくことの怖さ
なんかが
自分を表現することを止めているのです。

その怖さは「自分を表現するな」と言う
見えない鎖で縛られているのです。

言いたいことを抑える感覚の正体を知り
その感情を癒すことで

伝える怖さは軽減されて行きます。

実は私も、最近は薄くなってきましたが。
自分の意見を述べるというのはとても苦手で
小学校時代から手を上げて発言するなんてことはしてきませんでした。

何か伝えようとすると
『言っちゃだめ』
と自分の中で、もう一人の自分が全力で止めてくる。

自分の本心とか本音を言う時って
自分の中で糸が切れた瞬間、泣き喚きながら
訴えるようにしか話す事が出来ず
いつも喉に何かが詰まったような感覚を感じいて
息をするのも苦しいくらいでした。

自分を表現する怖さと
親の鎖から抜け出ることで
今こうしてブログで自分の思いを伝える事が出来るようになりました。

あなたの言いたいことを抑えているのは本当は
あなたではなく、幼少期の家族の誰かなのかもしれません
その人の鎖から抜け出し
言いたことを言える未来を手にいれていきましょう^^

言いたことが言えない。
その理由ってなんだろう???

そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

人が幸せであることで私の幸せなんです・・

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

明日から2月になりますね。
もぅ年が明けてから1ヶ月が過ぎてしまいました。早いですね〜

2月になるとバレンタインデーがありますよね。
私は、この時期、少し高級なチョコを
夫の分と自分に2つ同じのを買うのです(笑
私だって食べたいやん♡

今年はどんなチョコを買おうかな〜
楽しみです^^

あ、2月10日のお茶会もぼちぼちお申し込みをいただいております。
まだの方はぜひ
お申し込みくださいね!!


さて、本日のブログは
自分の人生を歩むためにどうすればいいのか。

自分の人生を多くの人達と喜びを分かち合いながら
進んでいくというイメージが持てなくて、

誰もいなく孤独な状態で人生を歩んでいく事になるんじゃないか。
と感じる人って多いんです。

・自分のために時間を使う事ができない
・自分よりも他人を優先してしまう。
・周りの人の反応が気になる
・人の為なら頑張れる。実力以上の力が出せる。
・自分一人になると何をしたらいいか、わからなくなる。
・人のニーズには敏感

人の為に生きる。そんな人が自分の幸せを掴むことって
空を掴むようなもので、自分の人生を描くことものできず
未来に希望が持てない。

そんな方が未来に希望を持つにはどうしたらいいでしょうか。

「人の為になら頑張れる」人の幼少期を探っていくと。
子供の頃「言う事の聞く良い子」と言わる事が多かった。
と言うのがとても多いんです

子供の頃から少し大人で、
子供っぽく天真爛漫に遊ぶと言うより
大人の様子を見て、すでに周りに気を使っていた。

幼少期こんな経験をしたことはありませんでしたか?

・子供の頃親の言う通りの事しか出来なかった
・親の言うことは絶対だった。
・自分の意思や意見は尊重されなかった。
(されても、後で笑われた)
・言われる前にしろ!と言われた
・察しろ、空気読め、言わなくても分かれ!がフツーだった
・親を満足させていれば、危害に合わなかった。
(期限が悪いと八つ当たりしてくる親)
・親が自分の人生を後悔し、子供には成功して欲しいと願った。
・兄弟(姉妹)と比べると、親の期待が自分にかかっていた。

親の言うことを聞くことしか、選択肢がなかった。

そんな過家庭で育ち、大人になると、

他人のニーズや望みに敏感で期待に応える努力ができる
俗に言う「気の利く子」になって最初はチヤホヤされます。

「お母さんありがとー」って
仕事先では
「気遣いができるね!」って言ってくれる。

だけど、感謝されるって長くは続かないんです。。。

「お母さんがやってくれて当たり前」

仕事先では
「○○さんの仕事でしょ」
「○○さんがやってくれる」
なんて言われるようになったら
誰も感謝してくれない。
そんな状態になった時どんな気持ちになりますか?

全てが嫌になって

人間関係にヘトヘトになってしまう
鬱っぽくなったり
仕事を背負いこみすぎて、もう下ろせない。
引くに引けない。やめるにやめられない状態になった時

初めて自分に気づくんですよね。。。
私なんの為にが頑張ってたん???って。。。

人を満足させる為に自分を犠牲にしてしまうのです。

自分がどうしたいか。。。と言うよりも

人が喜んでくれる方を選んでしまう。
人が怒らない方を選ぶ
人が不機嫌にならないことを選ぶ

常に他人が優先されるんです。

自分は2の次3の次・・・・
他人が幸せであることで私の幸せなんです!
その為に私頑張ります!!

ここで気づいて欲しいの。
よーーーーく 考えてね!!!

変じゃない??

自己犠牲が私の幸せです
自分を犠牲にすることが、あなたの願っている幸せですか??

これって本音じゃないんですよね・・・
そうじゃないよね。。。。

本当は私だって幸せになりたい。

だけど、幸せを感じられない。幸せがわかんない。

自分の幸せを感じられるのは
人の笑顔を見てるとき、
人に感謝される時だけ
だから
相手が不機嫌になると
自分の中でムワーーーーって
私ってダメ・・・・・って感じたくない感覚が
広がってきてしまう。

人の笑顔がないと幸せを感じられない状態
育ちの過程で出来上がった体質のようなもの。

自分で自分を幸せにした買ったら

自分と他人、
他人の為を選んできたのがこれまでの人生
をやめることです。

やめられない。。。と思ったら、
家庭環境で作られた、心の問題があるかどうか
チェックしてみてください

他人を手放すと
自分を選ぶことができるようになりますよ^^
それが幸せになる第一歩です♡


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる