孤独は実は、危険?!人の健康にも影響する?!

生きている意味を見出せない
毎日が物悲しくて堪らない

それは「孤独感」が
毎日をつまらなくさせているのかもしれません。

この孤独感を解消すると
生きる心地がとってもよくなるのです。

うん、、あまり
「孤独」というテーマだけでブログを書いたことはなかったかもしません。
なので
今日は、

孤独って実は危険
どうして孤独を感じるのか
孤独感の解消法って??

孤独のメカニズムについてお話してゆきますね。

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

少しブログが空いてしまいましたね。
季節の変わり目で気管支炎にかかっていました。

皆さんも体調管理気をつけてくださいね^^

さてさて、
話を元に戻しましょう〜

孤独は実は、危険?!人の健康にも影響する?!
〜孤独とストレス〜

現代人の悩みに多い「孤独」
自分が一人ぼっちだと感じる孤独
周りから取り残されたように感じる孤独
誰からも必要とされていないように感じる孤独

孤独というのは、
人の健康状態に深刻な影響を与えるという研究結果があります。

孤独感を感じた時、虚しくて悲しくて、
居た堪れなくて、
アルコールやギャンブル、ドラックなどの
依存を引き起こしてしまうこともあるのですが

それだけではないのです。
孤独を感じると、睡眠バランスの乱れや、ストレスホルモンの増加
免疫システムが弱まり、炎症の悪化により
病気にかかったり、命に関わる怪我などのリスクを高める
といった研究結果もあります。

孤独って、命に繋がっているんですね。

どうして人は孤独感を感じるのでしょうか?
〜孤独感と心理〜

孤独って、
ひとりで居てる時にも感じるし
集団の中にいても「孤独だなぁ」って感じる事があります。

孤独感って、一人ぼっちかそうじゃないかって関係ないんですよね。

だから、
人はいつでも簡単に「孤独」を感じる事ができてしまう。。。

孤独を感じるとき、心の奥底では「誰かと繋がりたい」
人を求めている時でもあります。

孤独感が強い人は、なかなか人と簡単に関わる事がでません。

嫌われるんじゃないか。
面白くないやつだと思われるんじゃないか。
この人は私なんかを受け入れてくれるだろうか。
人は私を否定する、拒否する
自分はこの世の中に必要とされてないんじゃな位だろうか

という「自分を否定される恐怖」という壁が目の前を邪魔します。


壁の向こうには人はいるのに、
その壁を突破する事ができない。

壁を越えた向こう側は「自分を否定する世界」に思えて
あっち側に行くのが怖くてたまらない。

壁のこっち側で孤独で、一人でいる方が
まだまし。。。
と無意識に孤独でいることを選んでしまうというパターンが
とても多くこれにより

孤独感が慢性化してしまいます。

孤独感の解消法って??

人から受け入れられる感覚、
というのは、自己肯定感と親密な関係があります。

自分はダメだと自分を否定するのではなく、

自分をまるっと受け入れる。
他人が自分を受け入れるのではなくて
「自分が、自分を受け止める」

この自分を受け止めるという感覚は

幼児期に間に親からの愛情があるかで
大人になって「自分を肯定する感覚」をを持ちやすいか
そうでないかが分かれると言われています。

愛情が注がれなかった。という思いは
自分の存在を否定された気持ちを持ちやすくなります。

親から「自分を受け入れられている」という感覚が
人と関わる中でとても重要になるのです。

自己肯定感を育てることで
自分に自信を持って

人と関わることでるようになります。
楽しい時間を過ごし
喜びを感じたり。
時にはね。。。残念な気持ちになる事もあるかもしれませんが
そんな時間を人は有意義なもと感じて
毎日を濃厚にしゆく事がではないでしょうか。

自己肯定感の育て方については、
次回のブログでお伝えしてゆきますね^^
今日はこの辺で〜

◆セッションの予約受付日をみる

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!