人が不機嫌にな姿は見たくない・・・・

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日はリトリーブサイコセラピー協会の勉強会のイベントがありました。
リトリーブサイコセラピー協会では
セラピストの育成に力を入れておりまして、
心理セラピストになるために日夜みなさん勉強を行なっております。

私は講師としてお話させていただいてるんですけど
私、お話するのが大好きでしてね。
時間を忘れて話してしまいます。

こういう時、昔取った杵柄というのでしょうか。
お笑い芸人目指しててよかったなぁと思っております。
喋り出したら止まらな〜い


さてさて、今日は、「人との会話」についてです。

人と会話をしてる時
・思わず、言いたいことを飲み込んでしまう。
・相手の空気に流されて、自分の意見を言えなくなる。
・言葉を選びすぎて、伝え方がわからなくなる。
・伝えたい事が相手に伝わらない

なんてことないですか?

こういう
言いたい事が言えるようになりたい。
というお悩みは本当に多いです。

でも
言いたい事を言えるようになる事が解決ではないのです。

職場や家庭でも、
日常会話ならなんとなくできるけれど、
必要なことや、
大切なこと
お願い事をするときになると。

一気にドキドキとして、
思うように言葉が出なくなってしまう。

機嫌を損ねてしまうかもしれない。
これを言ってしまったら、問題が起こるかもしれない。
今のタイミングなら、話しても大丈夫なんだろうか。

と人と話すときに不安や恐怖を感じながら
相手の顔色を見て居ないと話すことができない。

でも言いたい事を言えるようになりたい。。。

解決するにはどうしたらいいでしょうか・・・・

人の不機嫌な顔を見るとどんな気持ちになりますか?

怒られてしまったとドキドキ、オドオドしてしまう
迷惑をかけたかと思うと居た堪れなくなる
困らせてしまったと、罪悪感でいっぱいになる

心は大きく動揺してしまいます。

言いたい事を言わなければ、
そんな不機嫌な態度を見なくて済むわけです。
動揺もする必要がないのです。。。

言いたい事を言えば人も自分も傷つく・・・

そんな気持ちの中、
言いたい事を言えるようになってしまうと・・・
何が起こるでしょうか?

不機嫌な態度を毎回され続け
「私が言いたい事を言ったら相手は不機嫌になる」という
感覚をさらに感じ続けることになってしまいます。

それは、とても神経をすり減らしてしまい。
疲れてしまいます。

相手の不機嫌な態度を見たとき
どんな対応ができるようになるといいかなって思います???

それこそが、
言いたい事を言えるようになった時の
解決なんです。

言いたい事を言って全ての人が
受け入れてくれるわけではありません。

受け入れてもらえなかったとき。
どんな風になれると、いいですか???


「もしかして、私嫌われている?」から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム


私の師匠、カズ姐さんが
2日間ひたすらにセッションを行い、解説をしていきます、
セッションを受けてみたい方、見てみたいという方にはチャンスです。

【大阪】2DAYSグループセッション

普段セッションを行っていない。
カズ姐さんのセッションを受けれるチャンスは
なかなかありません。
このチャンスにぜひ!!


サンフランシスコからお呼びしました
モーガングッドランダー氏によるゲシュタルト療法
ワークショップは残席10名ほどです。
心理は初心者も大歓迎です。

心理療法をもっと深く学んでみたい
モーガン氏にセッションを受けてみたい方
お気軽にご参加ください。

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

私ばっかり大変。。。頼まれごとを引き受けてしまう

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

ちょっと暖かくなったと思ったら、
また寒くなりましたね。
三寒四温
もぅすぐ春ですね〜
と陽気な気持ちになります。

この前、、お正月じゃなかったっけ・・・・と思ってしまいます。


さてさて、本日のブログです。

皆さんは
「なんでこんなに忙しいんやろ」
「なんで、私ばっかりこんなんなんやろ」

私ばっかり大変。。。そんな気持ちになる事ってありませんか?

頼まれごとを引き受けて
自分のキャパオーバーしてしまい。
結果が出せなくなって
怒られてしまう。

どうしてこんな事に大変になってしまうんでしょうか・・・・
今日はそんな話を綴っていきたいと思います。


突然ですが、
私の友人で断れない人がいました。

お願いことをされると、
なんとかこの人の役に立てないかな。。。。って
考えていたそうです

自分が今本当に忙しくても、
自分のことは後回しにしても、頼まれた事を断らない。

出来る〜とか
やるーとか
その場の雰囲気で調子のいい事を言ってしまう。

そして、
どこから手をつければいいか、、、
わからなくなってしまう。。。
あっちを立てれば、こっちが立たず。。。

もぅどこから手をつければいいのか・・・・・


そして、忙しくなりすぎて
やることが中途半端になってしまい。
人に迷惑をかけてしまい。

気持ちが落ち込んでしまったり
えぐられるような感覚を感じたり。
死んでお詫びします。。。まで感じてしまう人も・・・

「なんでこんなに忙しいんやろ」
「なんで、私ばっかりこんなんなんやろ」
と話す友人に、思わず

引き受けるからや。。。
なんでもかんでも、引き受けるから
そうなるんや・・・・・

と思ったことを口にしてしまいました。。。

すると友人は、涙をこらえながら。
だって・・・・どうしたらいいん????
じゃあどうしたらいいん?!

と。。。。。取り乱してしまいました。。。

そして、ボソッと

だって嫌われたくないやん。
役に立たないやつ
って思われたくないやん。。。

そんな風に思われたら、職場に居られなくなる。。。

と・・・・

そう、、彼女は嫌われる怖さから
いい人を演じ。
キャパオーバーになっても
相手の役に立って居たい。。。
そんな思いを抱えて居ました。

嫌われる怖さは、自分を追い詰めてしまい。
断ることができなくなってしまうのです。

でもその状態になるように「断らない」を選んでいるのは
本当は誰だったのでしょうか。。。。

本当は、なんでもかんでも引き受けなければ
そんな状態にはならないのです。

断らずに引き受けてしまう、理由・・・
そこにはこれがあったのです。

「嫌われる怖さ。。。。」

やっぱり人って嫌われるのが
本当に嫌なんだな。。。。と感じたお話でした。。。


「もしかして、私嫌われている?」から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム


私の師匠、カズ姐さんが
2日間ひたすらにセッションを行い、解説をしていきます、
セッションを受けてみたい方、見てみたいという方にはチャンスです。

【大阪】2DAYSグループセッション

普段セッションを行っていない。
カズ姐さんのセッションを受けれるチャンスは
なかなかありません。
このチャンスにぜひ!!

サンフランシスコからお呼びしました
モーガングッドランダー氏によるゲシュタルト療法
ワークショップは残席10名ほどです。
心理は初心者も大歓迎です。

心理療法をもっと深く学んでみたい
モーガン氏にセッションを受けてみたい方
お気軽にご参加ください。

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

毎日疲れてしんどい。。

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

今朝、家の近所でウグイスが鳴きました!
ウグイスが鳴くと春の訪れを感じます。

うちの近所にやってくるウグイスさん。
ホーホケキョキョって鳴くんです。。。
お母さんの鳴き方を覚えるんでしょうね。
13年間ホケキョキョがやって来ます。
無事に巣立った子が帰省して来たんだなぁと癒さております^^


さてさて、本日のブログですね。

毎日疲れてしんどい・・・・
今日は、毎日の疲れと人間関係での心の疲弊について綴っていきたいと思います。

人と話そうとした瞬間。
一瞬止まってしまう。
躊躇してしまい
踏み出せなくなってしまう。

そんな時
・足の力がフッと力が抜けてしまう。
・血の気が引くような感覚を感じる
・喉が詰まるような気がする
・頭が真っ白になる。

こんな感覚があると、
心が疲れた状態で毎日を過ごしてしまうかもしれません。

毎日が疲れてしまうわけ・・・・
その疲れは人間関係にあるのかもしれません

先日もセラピーで、この問題が解決されました。

相手に一歩踏み出そうとした瞬間。
踏み出す事が出来ない。
でも、話しかけないといけない。。。
そんな感覚を感じた時
頭が真っ白になり、
自分を落ち着かせてからじゃないと、
人に近づけない。

そんなお悩みでした。

こういった感覚って、
あまりに日常的に起こりすぎて
それが普通で、当たり前で
治ることはない。

そんな風に感じている人も多いと思います。

でも、
この感覚は毎日のように起こる出来事なんですよ。

毎日、誰かに話しかけるたびに
自分を落ち着かせて
話しかける。

自分を落ち着かせることもできくて
誰にも頼らずに、自分でなんとかしようと
している人も・・・・・

人と関わろうとする度に
ざわつく心を
制御するエネルギーは
人の精神は疲弊していってしまいます。

毎日、人と関わる度に
心が疲弊していく。
このような状態で、
仕事に行ったり
人と会う事は苦痛になり
鬱になってしまうこともあります。

好きな仕事も、
私は仕事に行くのがこんなにも辛い。。。
この仕事嫌いなんじゃないか。。。。
自分は人が嫌いなんじゃないか。

と無意識に間違った解釈を自分の中で起こしてしまいます。
(これ本当によくあるんですよ・・・)

間違えた解釈をしてしまうと
問題は解決される事なく
ずっと続いてしまうのです。

精神的な疲弊は
日常的に起こり、
当たり前な出来事に隠れている事が多いのです。

人と関わる事が上手くできない。

そこには、こんな思いが隠れているのかもしれません。
「私・・・嫌われるかもしれない」
そんな感覚が、人に近づく事に警戒心を抱き
心が疲弊してしまっているのかもしれません。

日常生活で当たり前にしている
自分を落ち着かせる行動・・・・
どんな時にしているか
一度チェックしてみることをお勧めしております。


「もしかして、私嫌われている?」から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム


私の師匠、カズ姐さんが
2日間ひたすらにセッションを行い、解説をしていきます、
セッションを受けてみたい方、見てみたいという方にはチャンスです。

【大阪】2DAYSグループセッション

普段セッションを行っていない。
カズ姐さんのセッションを受けれるチャンスは
なかなかありません。
このチャンスにぜひ!!


 

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

もしかして、私・・嫌われてるかも

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

大阪は久しぶりの2日続きの雨模様です。
今朝はお布団の国から出てもあまり寒さを感じなくて
「あ〜春が来たんだなぁ」と思いましが
おこたに入ってブログを書いてます。
まだ寒いですね。。。

花粉も飛散し始めて、辛さを感じている方もいらっしゃるかもしれません。
私はスギ花粉のアレルギーは持っていないのですが
スギ花粉が終われば、私の花粉シーズンがスタートします。
くわばらくわばら


さてさて、本日のブログでございます。

職場やママ友付き合い。また親戚付き合いなどで
相手のふとした態度に引っかかって、
心が揺さぶられる瞬間ってないですか?

そんな瞬間脳裏にこんな言葉がよぎりませんか?
「もしかして、私嫌われてる?」という言葉や感覚

こんな感覚を感じている人も多いと思うんです。

そんな時、居た堪れなくなって、その場から逃げ出したくなったり
私、ここにいちゃいけないんじゃないかと
自分の居場所を失ったような感覚を感じる。
なんて事があると思います。

今日は、私嫌われているのかも、、、という
心理についてお話していきたいと思います。

できれば人に嫌われたくない。
職場や毎日関わる人、これからも関わり続けるであろう人に
嫌われることは避けたい。
そう思うのってとても自然だと思います。

自分が嫌われてるかもしれないと思った時
その人と今後どうやって関わればいいんだろうと・・・・・

ギクシャクした雰囲気を改善したいと思い
相手の様子を伺いに、話す内容もないのに
何か話題を見つけて、わざと相手の反応を伺いに行ってみる

だけど。。。自分は嫌われているかもしれない・・・・
って思ってるから
自分の態度がおかしくなってしまって
余計ギクシャクしてしまって
雰囲気は最悪ムードに。。。。。

どうしてわざわざ、
嫌われているか。いないのか確認しに
行ってしまうんでしょう。。。。。

そして、確認作業をしたあとってどんな気持ちになりますか??

不思議と
嫌われてなかったぁ〜って一瞬思えたとしても
また何かあると
やっぱり嫌われてるかも?!

何かヒソヒソ話しているのを見たら

私の悪口言ってない?
なんか私にだけ態度悪くない?

やっぱり嫌われてない????????

って「嫌われてるかどうか」が脳裏から離れなくなってしいませんか?

実は私にもそんな悩みがありました。。。。


「あの人私の事嫌いなんかな。。。。」
「嫌われているのかな。。。。」
って悩んでいた時期がありました。

人から嫌われているかも。。。って思うと
なんかあの人も実は私の事嫌いなんじゃないか・・・・
今笑って話してくれてるけど、
本当は影で悪口言うんじゃないかな。
あとでこの話誰かとして私の事笑うんじゃないかな。。
って思うと

何を話していいのかわからなくなって、
話が上の空になってなってしまい
大事なことも頭に入ってこなくなってしまう。

心臓はバクバクしすぎて口から出てきそうになるし
手足は冷たくなって血の気が引いてくる。
喉がプルプルと震えだし、悲しくなってくるけど
泣くわけにもいかず。。。。

頭がフリーズ状態に陥ってしまう事が多々ありました。

どうして相手はそんな態度を私にするんだろう?
なぜ、この人はそんな冷たい事をするんだろう?
なんで私が嫌いなんだろう?

頭の中がハテナ?????だらけ

そして相手の態度に「ほら!やっぱり嫌ってるやん」

私、嫌われてるかも。。。。から「嫌ってるやん!」

嫌いやったら嫌いでええ!!
こっちもその態度や!!!って思ってました。

でも、これでは人間関係のギクシャクは直らないし。
人との関わり方が穏やかでスムーズなものにはなりません。

人間関係の問題は解決せず、次の人にこの問題を持ち越して

ターゲットを変えて、「私の事嫌い?」
その態度するん?!
この人も私の事嫌いなんや!!!

って繰り返しては何の人間関係の改善にはなりません。

私は嫌われ者探しの旅を終えることはできません。

この旅の本当の問題は

私は嫌われているのかどうか・・・・ではなく

「相手が起こす態度」ではなく私の受け取り方に問題があるのです。

どんな態度であっても
私は、「この人私の嫌いなんじゃないだろうか。。。。」と
感じているんです。

私が、「この人は私が嫌い」なんだと決めているのは私だったんです。

出来事の真意はこうだ!!と決める決定権は、誰にあるか?
自分にあるんです。
自分が決めているんです。

この問題を解決するにはどうしたらいいんでしょうか????

この問題が解決できると
「嫌われている?」と人とオドオドしながら関わる事なく
堂々と人と関われるようになりました。

そして、私を嫌っている人が激減したのです。
不思議なお話ですよね!!!

なぜ激減したのでしょうか?????

そんなお話を3月21日に大阪1Dayで
歩く引きこもりと呼ばれた
北海道の公認セラピスト白鳥大介くんとタッグを組んで
お話したいと思います。

ぜひ、「私嫌われてるかも・・・」って思ったら
問題解決に向けて最初の一歩を踏み出してみましょう!!

「もしかして、私嫌われている?」から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム


私の師匠、カズ姐さんが
2日間ひたすらにセッションを行い、解説をしていきます、
セッションを受けてみたい方、見てみたいという方にはチャンスです。

【大阪】2DAYSグループセッション

普段セッションを行っていない。
カズ姐さんのセッションを受けれるチャンスは
なかなかありません。
このチャンスにぜひ!!


サンフランシスコからお呼びしました
モーガングッドランダー氏によるゲシュタルト療法
ワークショップは残席10名ほどです。
心理は初心者も大歓迎です。

心理療法をもっと深く学んでみたい
モーガン氏にセッションを受けてみたい方
お気軽にご参加ください。

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

この場から逃げ出したくなる人の心理

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

今日から3月スタートですね。
このブログで何度も書いてますけど。。。
時間が流れるのが早いですね・・・・

2月は逃げるように過ぎ
3月は去るに過ぎる。

と聞いた事があるのですが、
本当にあっという間に過ぎました。。。
3月も過ぎていくんでしょうか????
3月もハリッキってまいります♫
よろしくお願いしやす!!


さてさて、本日のブログです。

人から冷ややかな態度を取られた時、どんな気持ちになりますか???

何か悪い事をしたかな。と思う人もいれば、
相手の機嫌が悪いのかな。。。。と思う人もいると思います。

相手の態度で、自分の心の反応って大きく変わって
心がザワついて耐え難い気持ちになったり
闇に陥ったように塞ぎ込んでしまう人もいますよね。

あれって、心の中で何が起こっているんでしょうか・・・・
今日は、人の態度で心がザワつく心理について綴っていきたいと思います。

幼少期と照らし合わせながら読み進めて見てくださいね。

人の冷たい態度でダイレクトに心が反応を起こす事ってないですか?

・心がザワつく
・ドキドキする
・苦しくなる
・居た堪れない気持ちになる
・焦る
・嫌われているんじゃないかと、怖くなる。

こんな感覚を感じると、自分の姿を消したくなる。
という人もいると思います。

実は、こんな反応も幼少期の家庭環境が大きく関わっているのです。

幼少期、母親や父親の機嫌が悪い時ってどんな風だったでしょうか?
ドスドスと音を立てて歩いたり。
音を荒げるように、バタンと扉を閉めたり。
怒ってます。アピール。。。。

怒ってますやん・・・・・と思うんだけど。。。。。
「怒ってない!!」という・・・

こういった態度で怒りを表現する親の元で育つと
親から放たれる空気感に敏感になってしまいます。

そのまま大人になると、
人と関わる時に、
「怒ってないかな」
「大丈夫かな」
「機嫌悪くないかな」
と様子を伺うように人と関わって行くので
人と関わる事が億劫になってしまったり
疲れてしまいます。

また、機嫌が悪い人を見ると
その空気感に耐えられない気持ちになって
心がザワつくこともあります。

人の態度で自分が揺るがされてしまう時
心の中で「何かが起こっている」のです。

自分の中で何が起こっているのかチェックして見ると
今までとは違う感覚で接する事が出来るようになります。

例えばこんな感覚です。

・機嫌が悪い人を見ても動揺しなくなった
・冷たい態度をされた時ドキドキしなくなった
・逃げたい感覚が薄れた
・冷静にその場を判断できるようになった
・自分の意見が言えるようになった

など、心を乱される事がうんと減ってきます。

冷たい態度を取られた時、自分の中で何が起こっているのか
知ることで悩みは激減します。

人から冷たくされた時
あなたの中で何が起こっているのでしょうか?

「もしかして、私嫌われている?」から抜け出す心のお話会

北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム


ゲシュタルトワークショップ

サンフランシスコからお呼びしました
モーガングッドランダー氏によるゲシュタルト療法
ワークショップは残席10名ほどです。
心理は初心者も大歓迎です。

心理療法をもっと深く学んでみたい
モーガン氏にセッションを受けてみたい方
お気軽にご参加ください。

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

キレる癖を治したい

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

先週お天気予報で、
「着てない冬服は今のうちに着てくださいね。暖かくなりますよ」
と聞いて、春がやってくる♫とウキウキしていたのですが、
今日めっちゃ寒いです。気分は春なのでコートクリーニングに出しちゃいました。
コート着たいです。来月仙台に行くんですけど・・・・コートいるな。。。。
クリーニング出すタイミング間違えた。。残念。
早く暖かくなって欲しいな。

さてさて、本日のコラムですね

突然ですが
興奮してキレやすい人とそうでない人の差って何だと思いますか?

興奮してカーっ!!となって怒鳴ってキレる人
何がきっかけでキレるかわからないから、
どう関わっていいのかわからなくて
困ってしまったり、

また自分自身が、
興奮しやすく
突然カーッとなって冷静さを失って
家族に怒りを向けてしまう。
そんな声もよく聞きます。

みんなんがみんな興奮してすぐキレる訳でもなく、
冷静に対応できる人もいるんですよね。
そういった人の違いってなんだろ?
キレやすい性格って治る?
そんなことについて綴っていきたいと思います。

怒りの感情をコントロールして人間関係をよりよくするための
「アンガーマネジメント」が最近話題になりましたよね。
自分の湧き出した怒りの感情とうまく付き合い、
怒りをコントロールすると言うものです。

怒りの感情について、抑えられるようになりたい。
コントロールできるようになりたいと
思う人が増えて着たと言うことではないでしょうか。

心理セラピーの現場でも、「怒らないようになりたい」
そんな言葉をよく聞きます。
子供に怒る事をやめたい。って思うお母さんも多いですよね。

そういった方のセッションを通して
興奮しやすい人キレやすい人によく見かける共通点がありました
それは、

幼少期の家庭環境で
お父さんとお母さんの不仲が大きく関わっているようした。

こんな事に困っていることはないですか?

・自分を表現する事が苦手

・言いたい事が言えない
・人に何か伝える事ができない
・常に恐怖がある。
・常に怯えている自分がいる。

そんな方はこの続きを読んで見てくださいね

両親が目の前で喧嘩をする。
怒鳴り合い、罵り合い。家のものが破壊され、
殴られるお母さん。

その様子を見ている子供・・・・・

これは、常に戦場にいてるような感覚を覚えるそうです。

常に恐怖と隣り合わせ。

それを何度も見せられてしまうと
子供にとってはトラウマになってしまいます。

トラウマは、
恐怖により脳が瞬間的にフリーズしてしまい
パニックになってします。
子供の頃はそれをただ耐えていたのですが

耐えて、耐えてして来たものの
何かのタイミング(ここって人それぞれなの)
でブチんと初めてキレるという行動を起こすと
一気に脳が動き出すのです。

すると
何か心地よい感覚を覚えてしまうんです。
アドレナリンが一気に放出されて、
スッキリするんです。

その感覚を無意識に求めてしまう
スッキリする瞬間
開放感が生まれる。
抑圧されていたものが吹き出し
自分では抑えられないくらい
乱暴になってしまう
乱暴になれば、なるほどスッキリするから

それで人は我を失い切れてしまう。
子供の頃の両親と同じように。

両親もまた、同じようにキレる事で
抑圧して来たものをその瞬間だけ
解放できる

怒っている時だけ、自分を表現できているような
錯覚を起こしてしまうのです。

だから、何度もキレてしまう。

幼少期に両親が喧嘩をしている事が多いと
自分を表現できなくなってしまうのです。

怒ってる人に
お父さん〜♫お母さん〜♫って駆け寄れないですよね。
息を殺してじっとして
その瞬間を過ぎるのを待つことしか子供にはできません。

そして、喧嘩が終わったとしても
またいつ喧嘩が起こるかと思うと
それもまた怖くて、自分を表現する事ができません。

自分を殺す事で居場所を得る事ができた。
そんな出来事があったので。

子供が一番に望んでいる事それは
とてもシンプルな事で
お父さんとお母さんが仲が良くいてくれる事
互いを助け合い。
笑っている姿
その姿を見ているだけで子供は、
それだけで嬉しい。
それだけで安心して、
自分を表現する事が出来るようになります。

自分を殺し続けると、
居場所を得ることはできるかもしれません。
でも
問題は起こり続けるんです。
望んでいるものは手に入らない
悲しいけど・・・・

自分を生かす事が出来るようになると
言いたいことも言え
むやみに怯える必要も無くなります。

それより何より
自分を殺さなくていいという開放感を
手に入れる事が出来るようになりますよ^^

北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

サンフランシスコからお呼びしました
モーガングッドランダー氏によるゲシュタルト療法
ワークショップは残席10名ほどです。
心理は初心者も大歓迎です。

心理療法をもっと深く学んでみたい
モーガン氏にセッションを受けてみたい方
お気軽にご参加ください。

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

人を信頼できないのは、過去に原因があった

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日17時に無料メールマガジンを配信いたしました。
このメルマガで、東京、仙台、大阪のセッションのご案内をさせていただきました。
仙台は満席となりましたが、
東京、大阪枠は引き続き募集させていただいております。

日程はを最新予約状況・問い合わせご覧くださいね^^

最近寒さが穏やかになってきましたね^^
春の訪れを感じております。
季節が変わるのを感じると、月日に流れが早くて驚いてしまいます。
もうすぐ春ですね♫(歌った人は昭和生まれですね)

さてさて、本日のブログは「人を信用できない」
セラピーの現場で働いていると
人を信用できない。という事と幼少期のトラウマについて
大きな繋がりがあるなぁと感じる事がとても多いです。

人が信用できないと感じる方
お子さんが人を信頼できるようになる為にもぜひ読み進めてくださいね

人を信用できないと人間関係で悩む事どころか、
この世の中が全てが信頼できなくなってしまいます。

先日も私の周りでこんな話が出まして
「何も信頼できないと思った時、
周りの人みんなが『あなたなんか死んでしまって』と言ってるように感じた」

ツイッターでも「死にたい」という言葉をよく目にします。
信頼できない世界で生きることは、
とても辛く、自分が生きていくには過酷な場所になってしまいます。
そんな場所で生き続けなければならない。と思った時。
人は死にたいと感じるのかもしれません。

人や世の中を信じられないというのは、人の生死に関わってくるほど
とても大きな問題でもあります。

人を信じる力というのはいつ育っていくのでしょうか?

それは幼少期に遡って生きます。
幼少期誰もが「怖かった」体験、というのはあると思います。

命の危機を感じるような出来事というのは、実はそれほど
珍しく、衝撃的なものばかりではありません。
日々の生活の中でごくごく身近に起こっている出来事なのです。

例えば、このような出来事です

・親を失しなう恐怖
親を失ういうのは、死別や離婚、だけではないのです。

母親や父親がある日突然姿をくらました。(翌日帰ってきたけど)
なども親を失う恐怖です。
他にも、
心の繋がりが断絶されてしまった。
親と心を通わせる事が出来なかった。
自分の存在を受け止めてもらえなかった。

というのも、親を失う恐怖です。

親と心を通わせる事が出来ない事が怖くてトラウマになってしまいます。

実は、「心の繋がりが断絶されしまった」トラウマ。というのは
本人もそのトラウマに気づいていない。という事がとても多いです。

親自身も心の繋がりを断絶している。なんて感じていないかもしれません。

でも、とても簡単な言葉で「心の繋がりは切れてしった」と感じるのです。

その言葉は、
・もう知らない
・勝手にすればいい
・好きにすれば?!
・そんな事言うなら出て言って!!
・それやったらお母さんが出ていく!!!

もぅ何をしても、振り向いてもらえない。絶望感
嫌われてしまった。。。。。。。。
この瞬間心は深く傷つきました。
大人になるとこの傷の深さは忘れてしまいます。
自分の身体が壊れてしまいそうなほどの心の傷
その傷を忘れる事で自分を守っているのです。

そんな深く傷ついた時に、
次の絶望が待っているとどしたらどうでしょうか?

その次の絶望は、傷ついた後誰にも守ってもらえない。
助けの手がない絶望です。

奈落の底に叩き落とされ、底に埋められてしまう。

そんな体験を子供の頃何度も繰り返されていたのです。

人に傷つけられ、助けてくれる人もいない。
そんな体験をしていると
何を信頼して生きる事ができるでしょうか・・・・・

信頼をしたくても、信頼できなくなってしまいます。

人が信頼感を覚えていくのは、
助けて欲しい時に手を差し伸べられると、
傷ついたとしても助けてくれる人がいてる。
と言う傷ついた心が回復された時。

もちろん人に傷つけられない世界がより安全です。
ですが、人は必ず傷つきます。
傷つくことを防ぐことは多分不可能だと私は思っています。

人から助けてもらえると
傷ついて何かを失ったとしても、更に何かを失うその不安を
抱き続ける事はなくなるし。

傷ついてもその傷は癒せると思うと、
傷つくことに大きく恐れる必要もありません。

人が信頼できないと言う人は、
人は自分を傷つけるだけではなく、誰も助けてれなかった
そのトラウマを思い出してしまい
死んでしまいたい。。。と絶望的な気持ちになってしまいます。

親を失い心を通わせる事が出来なかったトラウマを回復させると
トラウマを思い出す回数は激減し
死にたいと、落ちることも少なくなります。

私もよく、死にたい。。。って思っていました。
自分が親と心の繋がりを断絶されたなんて思ってもいませんでした。

だけど、
過去の心の傷は「有った」と認め「無かった」事にしていた時よりも
死にたいとは思わなくなりました。

あまりに日常的すぎて、それがトラウマだなんて想像もしなかった
心の奥底に張り付いた恐怖がありました。

「無かった」事にしている心の傷はありませんか?


■リトリーブサイコセラピー協会イベント

一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

サンフランシスコからお呼びしました
モーガングッドランダー氏によるゲシュタルト療法
ワークショップは残席10名ほどです。
心理は初心者も大歓迎です。

心理療法をもっと深く学んでみたい
モーガン氏にセッションを受けてみたい方
お気軽にご参加ください。

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

期待されるのが辛い

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日は日帰り東京弾丸ツアーして参りました。

始発の飛行機をとって、6時に着けばいいから、6時に家を出ればいい。
という寝ぼけた計算ミスに気づいたのは5時35分。
マスクを装着して
慌てて車に飛び乗り、関西空港まで直接車で行きました。

ギリギリセーフでチェックインを済ませてトイレへ
そこで気づいたわけです。。。
お化粧を右半分しかせずに、出て来てる私に・・・
トイレでお化粧を直しまして、顔も仕上げました^^

うっかりが多すぎて笑ってしまいました〜

あっ、東京で思い出しました。
3月は東京、仙台でセッションを行います。
3月14日 東京
15日 仙台
16日 東京

詳しい時間はまだ決まっておりませんが、
近々配信しますメールマガジンにてお時間をお知らせいたします。


さてさて、本日は、
人から期待される事は嬉しいんだけれども
正直、
期待されるのがしんどい。
期待が重い。苦しい。

期待がプレッシャーになって動けなくなってしまったり、
期待に応えるために頑張りすぎてしまう。

そんな方の心の中では何が起こっているのか。
について綴って行きますね。

気を楽に物事に取り組むにはどうしたらいいのでしょうか?

冒頭にもの書いたのですが、
期待されるのは嬉しい。だけど、それ。。しんどい。重い
ってなんだか矛盾していると思いませんか???

嬉しいと、しんどいが、セットなんですよね。
なぜでしょうか・・・・・

こんなことに心当たりはありませんか?

・頼まれるとできない事もやります。と言ってしまう
・なんかいつもうまくやって来た。やるしかなかった。
・難しい事に挑戦するのが好きだ
・ちょっと無謀かなと思うことを目標にしてしまう
・できないとわかるとどん底まで落ちてしまう
・「期待してたのに」とがっかりされると消えたくなる
・期待されると絶対に応えないといけないと思う

クライアントさんに
期待されるのが、とても辛く。
期待に応えなければならない。。。。だけど
自分にはそんな事できる自信もない。

どうしたらいいのか、わからない。。。。

というお悩みがありました。

その方に尋ねました。
「もし、誰からも期待をされなかったらどう感じますか?」
彼女は、一瞬、両肩をストンと落とし、力が抜けたような仕草をしました。

「うん、心地よいです。とっても楽です」
私は、「それがずっと続いたらどう感じる??」と続けました。

彼女の顔は、少しづつ険しい表情に変わって来て。
「それは嫌です。。。。なんだか、見限られているようで
自分が薄くなっていっていまうような気がします」

そうなんです。
期待されるのは嫌だけど
期待されないのも嫌なんです。

実は、このような期待されるのが嫌。という心理にも
幼少期の家庭環境が、関係していることが多くあります、

例えば幼少期こんな事はなかったですか?

・長女長男として生まれた
・常に頑張れと言われた
・あなたはできる子。と言われることが多かった
・親の親戚の自慢として使われた
・良い成績を取ると親が異常に喜んだ
・悪い成績を取ると親ががっかりとした
・自分の出来で親の機嫌が変わる

と言った出来事は、
子供は無意識に「期待に応えていれば親の愛情をもらえる」
という感覚になってしまい
期待してもらっていることが、愛情である。と感じるのです。

だから期待されていると、喜びを感じるし、
期待されないと、「私役に立たない存在なんだ」
と感じてどん底に落ちた気持ちになってしまう。

親から期待されていれば、
まだ愛情をもらえる可能性を見出すことができるのですが
期待されなくなってしまうと
愛情をもらえる可能性が消滅してしまいます。

これって子供にとっては
胸が張ちきれてしまいそうなほど苦しい出来事なんです。

期待に応え続け、愛情をもらえる可能性を繋ぎ止め続けるのです。
だから期待されないのは嫌なんです。

一つ期待に応えれば、
その次の期待のハードルは更に上がって行きます。

超えても超えても、親からは思うような愛情をもらえず
愛情の代わりに次のハードルを用意してきます。
この終わりのない果てしなく続くハードルを超え続けていく

そんな未来・・・・辛いですよね
これが期待されることが嫌の正体です。

では、この問題をどのように解決していけばいいのでしょうか?

親が過度に子供に期待を乗せてしまうのは
親自身の劣等感や無価値観が強い
というのが多くあります。

親自身が、自分は足りない。欠けている人間だという思い込みを持ち
その不全感の穴埋めに子供を使ってしまっているのです。

子供ができる子だと、自分が褒めらているような感覚になり
自分の劣等感や無価値観が一時的に埋められたような気持ちになるんです。

「お子さんすごいですね!」って。。。その一言で
安心するんですが、
ここからがもう一つの問題。

日本人は「そうなんですよ〜」って言わず。
「そんなことないですよ〜家ではね、、ウンチャラカンチャラ・・・」
と子供の不出来なところを露呈されてしまう。

それを聞くと、子供は、「まだダメなんだ。。。。」って
親が納得できるような「完璧な子」であらないといけないんだと
親からの愛情をもらえるハードルが更に上がってしまう。
嫌な気持ちになってしまいます。
どれだけやっても満足してもらえない。

これが出来ればいい
これも出来ればいい
これが出来たらもっといい!
この思いを叶えるために子供は完璧でなければならない
状態になってしまいます。

完璧でなければならない
というプレッシャーは重く強くのしかかり
常に自分を駆り立て続けなければなりません。
気を休めることも
手を抜くことも
できなくなってしまいます。
完璧であり続けることはとても難しいことです。

それは全て親の不全感の穴埋めために行われている事

自分の幸せの為に何かに挑戦し頑張るのではなく、
親の幸せの為に自分の人生の時間を使ってしまっているのです。

期待に応えないともらえない愛情について疑問を持ってみると
あれれ。。。なんかおかしくない???
と思うかもしれません。

子供の頃は親の愛情を求め、愛情がなければ生きてこれなかった。
愛情をもらえなかった。
自分の心を利用された。
頑張りをわかってもらえなかった。
という怒りや悲しみに気づきその傷を癒し
親の劣等感や無価値観の穴を埋める人生から卒業すると

人の期待ってそれほど怖いものないし
期待されていないからといって、無価値な人間ではない。
と感じられるようになります。

子供の時代の傷を癒し、回復すると
大人の今の自分を生きることができますよ!
親からの愛情がなくたって、生きることができる。それが大人^^


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

兄弟の立場による生きづらさってあるんだねぇ

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

皆さん3連休いかがお過ごしでしたか?

3連休の真ん中の10日は大国町で

一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会
の開催日でした^^

※実は、服が裏表逆。。。お茶会が終わる30分前に教えてもらい。
その場で向きを変えるという。。。。失態・・・・

今回お集まりいただいた皆さんはほぼ初対面の方ばかり、
最初は緊張した雰囲気だったのです、

しか〜し
昔取った杵柄というのでしょうか。
元吉本芸人の血が騒ぐ。。というのでしょうか。。。
軽快なトーク術???

会場はまるで
踊るさん○御殿(言い過ぎでした。。。)

早々に皆さん打ち解け会いまして
軽食のサンドイッチやお菓子を食べながら、
アットホームな雰囲気でみんなでワイワイしながらお話ししておりました。

今回のお茶会では「兄弟の立場」について花が咲きました。

両親の期待を一人で背負う
一人っ子の立場、
人に頼る事や、弱みを見せる事が出来ない
長女の立場
あれしちゃダメ。これしちゃダメ
兄弟を見て学びが多いものの ダブルバインドになりやすい
末っ子の立場。

兄弟の苦悩について盛り上がりました。

そんな兄弟の立ち位置が大人になっての「トラブル」に繋がっている事を
皆さん自分の話をしたり、聞いたりして皆さん
・仕事場で人の面倒を見てしまう。
・自分を主張できない
・人生がスタックしやすい
などなどの悩みを打ち明け合い

時にはグサっと刺さることもあったようで。
ここから来ていたのか・・・・・・と気付き
イタタタ・・・・・という声もありました。

後半は前半のお悩みやテーマに沿って講義を行いまして
問題を解決するにはどうしたらいいのか?
というお話をさせていただきました。

お茶会で、解決策のお話や講義があるってなかなかないので
驚きました。
というお声もいただきました。

たった4時間という時間でしたが濃ゆ〜い時間でした。

頂きましたご感想を紹介させてくださいね^^

中野彩子さん 30代

場の空気がやわらかく、とても良かったです。
心理、やっぱりおもしろなと思えました

親のパターンを上げてもらえたのが、自分のパターンとか
知り合いのパターンとか具体的にイメージできて良かったです、
他の人の話を聞くと、腐ってる場合じゃないなー
また頑張ろうと前向きになれたので
私もここにきて気持ちが助けられたように思いました。

M.Yさん
終始和やかな雰囲気の中楽しくお話ししながら
フルしほさんの解説で話の内容を整理してもらえてわかりやすかったです。
自分自身の話の中にもの思いもしなかった心理の燔祭が聞けて良かったです。
今日は来て良かったです、次回も参加したいです。

山口こずえさん

家庭の相関図が社会に影響を与えている事に気付きました。
色んな方の経験や気持ちを聞けて良かった

K.Yさん

自分の現状や成り立ちが少しわかった気がしました。
そこを見て行く事で解決に役立たせて生きたいと思います。
人と関わる事で個人セッションとは違った発見があったので
とても楽しかったです。

掲載の許可を頂いたご感想でした^^

次回は4月29日に開催を予定しております^^

その前に東京で
2月23日(土)13時~17時 
木村貴子さんによるお茶会が開催されます
お申し込みがまだの方ぜひご参加くださいね

貴ちゃんは私と同じリトリーブサイコセラピー協会の公認講師、公認セラピスト
不安を希望に変えるセラピーを行なっています。

子供の頃からおとなしく、いつもしっかり者のお姉ちゃんとして振舞っていた幼少時代。大人になってもしっかり者でみんなのお姉ちゃん。というだけではなく・・・
男前なみんなの兄貴分だった貴ちゃん

きめ細やかで核心を逃がさないセッションが好評です。

もちろんお話もすごーくわかりやすく解説してくれます^^

ぜひ貴ちゃんに会った事ない方
会って見たいなって思っている方ぜひご参加くださいね


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

集中力がない。気が散ってしまうわけ

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日は娘が朝から39度近い熱が出てまして
我が家にも遂にインフルが来たか?!と思って病院に行ったところ
ただの風邪でした。

風邪とは言え高熱なので娘は今ぐったり。
辛そうですが。。。
病院に行くのが早くて出なかっただけでは?!疑惑に包まれております。

今日は家の中は静かーな時が流れております。

インフル以外にも風邪もノロも流行っているみたいなので
みなさんお気をつけくださいね^^

さてさて、本日のブログでございます。

集中力が持たずに困る。そんな悩みをよく伺います。
「さぁ集中してやるぞ!!」と思った時に
何か違う事が頭をよぎって手が止まってしまったり、
違う事ばかり考えてしまい
結果的に思った以上に時間がかかる。だけではなく
ふと気付いた時に
全く手についていない自分に呆然としたり。

そんな集中力のない問題、実は心理的な問題が絡んでいる事があります。

今日はそんな集中力について心理的な側面からお伝えしたいと思います。

ぜひ集中力問題の解決に役立ててくださいね。

実は、集中力が続かない人って、
自分の内側に潜り込み、
空想の世界や過去に囚われている出来事を思い出している事が多いので

集中力が続かない
いつも気が散ってしまう
という集中力問題以外に
このような事にも悩んでいる方が多くいました。

・いつも自分が崖っぷちにいてるような感覚がある
・いつも何かしたらの不安を抱いている
・突然得体の知れない恐怖で体が震える
・電車や映画館など、人が多いところにいると怖くなってくる
・いつもフワフワしている
・自分の存在が消えて無くなりそう気がする

「今ここ」という現実から自分を切り離して妄想の世界に浸り
根拠のない不安を作り上げて苦しくなってしまう

心理セラピーをしている時も、「事実起こった出来事」に
妄想の着色が入り、その妄想があまりにも怖く
手足が冷たくなり、体が震えパニック状態に陥ってしまう
クライアントさんもいらっしゃいます。

それは心理セラピー中だけではなく、
常日頃、妄想をして「あ〜どうしよう」「困った、、、」
と起こっていない出来事に対してドキドキしていた
というパターンが多くありました。

一度、怖い!!と思うと、妄想が恐怖を呼び、更なる恐怖心でパニック状態になり。
次々と、妄想を広げて、どんどん自分を恐怖のどん底に自分で陥れてしまう。

実は、
こんな妄想をしてしまう癖って幼少期の家族関係と大きく関わりがあります。

妄想をしてしまう人の幼少期の家族関係にこんな出来事はありませんでしたか?

・幼少期両親との関わりが少なかった
・一人の時間が多かった
・面前DVがあった
・寂しい気持ちを我慢していた
・家族という輪の中に入れなかった
・虐待で縛られたり、閉じ込められる事があった
・自分の気持ちをわかってくれる人がいなかった


幼少期のこのような出来事に遭遇していると。

現実から自分を切り離すことで自分を守ってきたのです。

あまりにも辛いすぎる現実、現実を見るのが怖く
そのストレスから身を守るためにも
自分を現実からシャットアウトし、自分の内側に意識を向け
現実の恐怖から自分を守ってきたのです。

実は、こういった妄想をする癖がある人に
こんな共通点があるように感じました。

それは、
・他者の話や意見が頭に入ってこない
・事実とは異なり、自分の思うように事実を捻じ曲げて理解してしまう。
・妄想の恐怖と現実の怖さが結びつかない

自分の内側の世界だけを理解しているので
他者と同じように物事を理解し、共通の認識を持つ事が困難になってしまい。

誰にもわかってもらえない孤独感が強くなってしまいます。

ご本人にとっては、孤独の苦しみで本当に目の前が真っ暗になってしまいそうです。

そう。。。。
そんな苦しみが、彼女たちに起こっている「現実」なんです。
その現実をシャットアウトし内側の世界に引き篭もってしまう
これをエンドレスで繰り返している状態なので
目の前の出来事に集中して取り組む事が出来ないのです。

目は開いていても、頭や心は閉じて、現実を見ていないからです。

解決するにはどうしたらいい?

彼女たちの苦しみは、
「寂しさ」や「怖さ」を誰にも理解してもらえなかった悲しみが溢れています。
それだけじゃなく、「喜び」や「幸せ」「嬉しさ」そんな気持ちを分かち合うこともできなかった

全ての感情を一人だけで、受け止めてきた。

それは、幼少期の両親が彼女たちに興味を示さず。
まるで「そこに存在しないような」扱いを受けてきた人たちばかりでした。

そこには強い恐怖心があり、恐怖のあまりパニック状態に陥り
現実を見る事が出来ない状態なのです。

そんな子供の親は、
子供が恐怖を感じている事にメリットを持っています。

子供を支配している事に満足している親

子供が恐怖を感じていると、親自身の抱えている問題に直面しなくて良いのです。
子供を支配して満足する親は、
自己重要感が低く、自分は大した事ない人間だ。という感覚がとても強く
それと同時に劣等感の問題も抱えています。

子供を支配していれば、自分はまんざらじゃないかもしれない。
そんな気持ちにさせてくれる子供を、親は手放し自由にさせる事が出来ないのです。

妄想の恐怖は親の支配から生まれているのです。

親の支配から抜け出し、自分の目で人生を見つめて見ると

あれれ。。。思っていたより現実は怖くないかもしれない。と感じると
目の前のことに集中することもできるようになります。

妄想には、終わりがありません。
本当は、どんどん恐怖を作れる妄想の方が怖いのです。

現実を生きて生きましょうね!!


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる