機能不全家族育ちは幸せな家庭を作れないのか

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

昨日は年末にいただいた「ハム」たちが冷蔵庫を圧迫していたり
賞味期限か迫っていることから
冷蔵庫の一斉清掃だ〜とハムやら焼豚やらを丼にして出しまして
旦那に「インスタ映えにインスタ萎え」してるな。。。と
家族で笑っておりました。

今日は1月17日阪神淡路大震災から24年になりました。
震災があったことを忘れている日もありますが、この日になると
やはり24年前の当日を思い出します。
そして私の吉本時代の同期の仲間の命日でもあります。
震災からだいぶ時間が経ちましたが、地震の当時の恐怖を思い出してしまう
怖い一日になると感じている人も少なくありません。
震災の心の傷が癒されてゆきますように

さてさて
本日は、機能不全家族で育ちは幸せな家庭を作れないの?

機能不全家族で育ちの方が家庭を持つと、
幸せな家庭を作りたい。子供に自分のような思いをさせてくなくて
過度にいいお母さん。いい妻を演じてしまう
その行動が逆に心をすり減らして、子育てや家庭に疲れを感じてしまっています。

その疲れは「幸せ」とはかけ離れてしまいます。
では、機能不全家族で育った人が幸せな家庭を作ることはできないのでしょうか、

大丈夫です。幸せな家庭を作っていく事ができます。
その為には、自分の今の状態をチェックしてみる事が大切です。

子供が泣いている姿を見るとどんな気持ちになりますか?

機能不全家族で育ったAさん

Aさんは、母親にいつも「お前なんかがいなければ、私はこんな苦労しなかったのに」
としょっちゅう言われ、
泣くと「私に不満があるのか!!」と怒られる。
母親の虐待も「私のせいだ。。。」仕方がないとただ耐えていました。
そして父親は、「働いてお金を入れているんだからそれでいいだろう」と
家庭に興味がない様子でした。

Aさんは結婚し子供を授かりましたが
いつも不安がつきまとう。

子供に自分がされたように「悲しい思い」をさせてしまうんじゃないか
この子を拒絶してしまうんじゃないか。
手を上げてしまうんじゃないか。
そればかりが頭の中で子供に近づかれる事が怖かったそうです。

いつもこれでいい?
私は間違えていない?
子供を傷つけていない?
と日常そのものが不安になり、
家族のちょっとした振る舞いに敏感になってしまい

夫が子供を泣かすと、「ちょっとなんで泣かすのよ!!!」
と夫に怒りをぶつけ、「泣かさないで!かわいそうでしょ!!!」

『子供を泣かしてはいけない』

二人の時、子供が泣くと、「私はダメな母親だ」「結局悲しい思いをさせてる」
と死にたくなるほどでした。

自分が泣くと困る母親を見続けると、子供はどうなると思いますか?

そうです。泣けなくなります。
悲しいと言うこと人を困らせること。
泣くたびに責められるお父さんを見ると
「私のせいだ。。。。。」と自分を責めることにも繋がってきます。

ん???
私のせいだ・・・・どっかで聞き覚えがある言葉。
そうAさんの冒頭に「私のせいだ。。。」と言う言葉がありましたよね。

こんな風にして、機能不全家族から卒業して
「新しい健全な家庭を」作りたいと思っても、
大人の都合で感情を表現させることを止める。と言うやり方は
違った形で引き継がれてしまっています。。。

とても悲しいことに、機能不全家族は世代連鎖を起こしてしまうのです。

子供が泣くたびに起こるAさんに起こるフラッシュバック

Aさんの子供が泣くたびに、
自分が悲しい気持ちを我慢してきたことを思い出していました。
そしてその後叩かれたこと、死にたいと思っていたこと、
このまま殺されるかもしれないと思ったこと

そんな感覚が
年齢に近い娘さんを見ると
自動的に、まるで思い出せと強制されているかのように
鮮明に思い出されてしまう。

そして母親の声で「お前はダメなやつだ」と脳内で再生されると
目の前で泣いてる娘を見て「子供を悲しませている。私はやっぱりダメなんだ」
と死にたくなる。。。

自分が不安定な日に娘さんが泣いた時、余りもの恐怖で
過呼吸を起こし、泣いていた娘さんが「ママ大丈夫?」
と心配したこともあったそうです。

機能不全家族から卒業し健全な家庭を作るには

・幼少期に傷ついた心の傷を癒す事
・体に染み付いた恐怖を解放させてあげる事
・不安を安心に変える事
心の回復にはとても近道です。

心の傷を回復させると、フラッシュバックを起こしにくくなり
子供が泣いても落ち着いて対応できるようになります。

子供が泣いても、「私は大丈夫」そう自然に思えるようになると
子供の感情を受け止める事が出来るようになります。

子供の涙を受け止める事が出来るようになると
「泣かないで」と悲しむことを禁止する必要はあるでしょうか??

子供の態度で、自分の心の中でどんな反応が起こっているのか
どんなフラッシュバックが起こっているのか。
一度整理して見てみましょうね。

ではまた〜


一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

 

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会
【新春企画】かずことみどこの新春大放談会
題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

機能不全家族から抜け出すためにはどうしたらいいの?

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

年が明けて、半分が過ぎましたね。
明けましておめでとう^^と言ってた日が随分前に感じます。
時間の流れでこんな話をむかーしに聞きました。

20代は時間の流れが早くなるよーと
30代になると、もっと早くなるよーと聞き
40代なんて瞬きで日々が過ぎるから。
墓場まで一瞬だなと思ってたら。60、70は牛のようにゆっくりになるから。
安心してと(笑)
働き盛りは、毎日が濃厚なので早く過ぎるように感じるんですね。
時の流れは、生まれた日から同じなのに


さてさて、皆さんは
家族が家族として機能しない、機能不全家族という言葉を聞いたことはありますか?
機能不全家族の中で育つと
『人から嫌われる事』『人から見捨てられる事』に敏感になり
心地よい人間関係を築くことができなくなってしまいます。

今日はまず、機能不全家族について綴っていきますね。
機能不全家族から抜け出すためにはどうしたらいいのでしょうか。

機能不全家族で育った人が自分の「家庭」を持った時
この家族をどうしたいいものか・・・・
家族ってなんなのか・・・・
そもそも家族ってなんだろう。。。と言う思いにかられ
悩む人が多くあります。

まず
機能不全家族とはなんだ。
ってところからの説明をしておきますね。
家族という場所は子供にとって、安心で安全な場所であると
子供は「自分の個性」を大切いして育ってゆくことができます。が
機能不全家族ではその個性が認められることはありません。

家族という場所が不安定で、
「母親」が母親として「父親」が父親としての
役割を果たされて居ない。
戦後の日本の80%が機能不全家族だと言われているほど、
ほとんどの家が機能不全家族なのです。

うちは機能不全家族なんかじゃない。と思っている人も多いと思います。

私も最初は、自分の幼少期の家が機能不全家族だとは思いもしませんでした。
父親、母親、兄と祖父母、どこにでもあるような家庭でした。
むしろ、機能している家庭だと思って居ました。

機能不全家族かどうか、見分けるのはとっても簡単です。
泣くなと怒られていたら機能不全家族

機能不全家族には、暗黙の家族のルールがあるのです。

あなたの家の家族のルールは何がありましたか?

機能不全家族に多い「家族の決まりごと」があります。
このルールを知った時、私は衝撃がありました。
全部あるわ!って

機能不全家族のルール

・話をするな
・感情を表現するな
・人を信じるな

うちは、特に上の2つがとても強かったです。

・話をするな
我が家が自分の話をする事をあまり良しとされて居ませんでした。
学校で起こった事を話すと、「こんな事あってな!!」と
ワクワクしながら、話すと「お前そんな事したんか!!!」と
最後には怒られる。自分はダメで恥ずかしい存在なんだと思い
親に話してもどうせわかってもらえない。と話さなくなりました

・感情を表現するな
泣くと「泣くな!」と怒られる
怒ると「お前なんかが怒るな!!」と怒れる。
喜ぶと「調子に乗るな」「うるさい」と怒られる。

泣く事、怒る事、喜ぶ事を親の都合で禁止されていました。
感情を表現するなって事なんです。
感情を表現すると「うるせーーーー!」という親の声が聞こえてきました。

・人を信じるな
父はよく
「ええか。。お父ちゃんは嘘つきやからな。お父ちゃんを信用したらあかん」
と言われて居ました。
子供からしたら「ハテナ?」です。
本当に父親は嘘つきでした。
どこかに連れて行ってやる!と行っても本当に連れて行ってくれる事はほとんどなくて
「よし!どっか連れて行ったろ!」と行って、ワクワクした瞬間
トイレに連れて行かれたことがありました。
トイレの中で、期待が壊された悲しさでただ泣いて居ました。

話すこと、感情を表現すること、人を信じること
この事を、大人の都合で禁止し子供を育てると

子供は、生きるエネルギーがどんどん削れていきます。
だけど、死ぬわけにも行かないから。

どうやって生きたでしょう?

そうです。親に合わせて、親の言う通りに生きたのです。

このルールを背負って今も生きているとしたら?
実は、大人になった今も、
子供の頃の家族のルールを背負って生きている人がとても多いのです。

子供の頃のルールって
子供の頃からある当たり前の決まりごとで、違和感もなく
それが本当に「当たり前」で違和感なく受け入れているんですね。

自分が禁止されている事を目の前でされちゃうと
ファ!!!!!そんなこと許されるの?!
何考えてるの!!!!!
ちょっと待って!!!
信じられない。

と仰天の眼差しでその人を眺め。
自分がドキドキしてしまったり。
自分が焦ってしまう
自分が怖くなってしまう。

逆に「どうしてそんな事が出来るのか」
とその人に怒りを感じることもあると思います。

子供の頃のルールに縛られ、
自分のことを話す事が出来ずに一人で悩みを抱えて居たり。
自分の欲求がわからず、「自分はどこにもいない」ような感覚を感じたり
この人はどうせ私を嫌いになる。私を裏切るんだろう。と
人と関わる事に恐れてしまう。

家族のルールは大人になると生きづらさを生み出します。

ルールを破ることは、
居場所を失う事、
孤独になる事、
生きていけない事

確かに子供時代はそうだったと思います。

ですが大人にるとそのルールを必要としない現実があります。

機能不全家族から抜け出すには
子供の頃にあった大人の都合で作り出された
「ルール」「約束」「決まりごと」から
自分を解放する事です。

そうするともっと自由に生きる事が出来るようになります。

自由を手に入れていきましょうね^^


北海道で活躍するセラピスト白鳥大介くんと私のタッグで
大阪1daysセミナーを行います。

もしかして私嫌われてる?から抜け出す心のお話会

今回は人間関係の悩みに非常に多い共通点
「人から嫌われることが怖い心理」と
「どうしたら自信を持って人と関われるのか」をテーマに、
次のようなお話やワークをお届けします。

◆ 人にどう思われるかが気になり常に人の顔色を伺ってしまう心理とは
◆ 嫌われるのが怖くて人とうまく関われない心理とは
◆ 人に対するネガティブな妄想がやめられない本当の理由
◆ 人に対する自分の偏った感じ方や捉え方に気づくワーク
◆ 嫌われる怖さはどこから生まれてきたのか
◆ 妄想の恐怖から抜け出してラクに自信を持って人と関わる方法
◆ 妄想から抜け出して人と関われるようになるとどうなれるのか
◆ Q&A、リトリーブサイコセラピーオープンセッション

などなど、セラピスト自身の経験談なども含めてその深層心理を
「どうして?」から、「どうしたらいい?」
までわかりやすく楽しくお伝えします!

お申し込みはリトリーブサイコセラピー協会からお手続きください。
https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka
*開催日
3月21日 大阪 大国町セミナールーム

一人で悩まないで!!あなたが自分の人生に希望を持つためには?
心理初心者さんのためのお茶会

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar

私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会

【新春企画】かずことみどこの新春大放談会

題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年2月11日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大阪大国町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。

 


◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

愚痴を言える相手がいても悩みを相談できる人がいない。。。

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^
毎朝寒いですね。
今朝は洗濯物を干しながら手が凍えそうでプルプルしてました。
暖房器具のまでヌクヌクしたい。
でも。掃除。洗い物・・・入ってしまうと抜けれない
でも寒い。そんな葛藤ばかりしてる冬の朝。
皆さんもそんな事ありませんか?

さてさて本日のコラム記事は、
「悩み事を解決する方法」について綴って行きますね。

皆さんは悩み事を考えている時どんな気持ちになりますか?

人にはそれぞれの悩み事があります。

家庭、仕事、子育て、人間関係、お金のこと
悩みが深刻であればあるほど、
頭の中がゴチャゴチャしてまう。
ため息ばかりが出で答えが出せない。
何に悩んでいるのかさえ見失ってしまう。
なんて事あると思います。

悩みの解決は「話す」ことからなんて言われていますが。

そんな悩みをすぐに相談できる相手はいますか?

実は
悩みを人に話す事ができず
一人で抱えてしまっている人って多いのです。

悩み事を話せる人がいない。という悩みを抱えている人もいるくらい。

人に自分の事を相談する先がなく、自分で考えて解決するしか他に
選択がない。

たとえ、相談できそうな人がいたとしても。
・相手に迷惑にならないか。
・相手の負担にならないか。
・言ったら余計拗れるんじゃないか。
・自分が責められるんじゃないか。
・わかってもらえないんじゃないか。

そんな事を考えると、相談できそうで、相談できない

結局一人で抱え込んでしまい。
精神的にも気持ちにもゆとりがなくなって、イライラしてしまい
家族に「ちょっと!!」「いい加減にして!」と声を荒げてしまう。

こうやって自分のストレスを解消し
自分の中にあるイライラや焦りの「はけ口」に身近な人を使ってしまう。
(そんなこと意識的にしたいわけじゃないんだけど)

ストレスのはけ口にされる家族はたまったものじゃなりません。
『怒り』は『怒り』として跳ね返って
家族の中で「口論」になってしまい。
全てが嫌になって投げ出したくなってしまい。

この人には相談できない。と更に一人で抱え込んでしまう。

もぅ・・・悪循環。。。。。

悩みなんて解決できないんじゃないかと塞ぎ込んでしまう

悩みを解決する方法はあります。

悩みの解決方法は、
まず「共感してもらえるひとに話しをすること」です。

話に共感してもらえると
自分でも思っていなかったような言葉が口から飛び出てきます。
そんな言葉が
ゴチャゴチャしている頭の中を整理する助けをしてくれます。
そうすると
あ〜私はこれに悩んでいたのか。と根本の悩みを知る事ができ
悩みの解決の糸口が見つかると
心のもやが晴れたようにスッキリし
ホッと安心感を感じる事ができるようになります。

愚痴を言える相手がいても本当の悩みを相談できる人がいない。。。
そんな方が
安心してお話できるように
ひとりで悩みを抱えている人が、「悩み」についてお話できる
お茶会を開催する事になりました。

この場ではどんなお話をしていただいても大丈夫。
プロのセラピストがお話を伺ってゆきます。

場所は大阪と東京。
大阪は、古田しほ
東京は、木村貴子さんが行います。

*開催日
大阪:2月10日(日)10時~14時  担当:古田しほ
東京:2月23日(土)13時~17時 担当:木村貴子

お申し込みは一般社団法人リトリーブサイコセラピー協会の
お茶会お申し込みページになります。
サイトはこちら
https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar

セラピーという場ではなく、
お話をしていただける場所というのこの場でしかできないかなと思ております。

お気軽に、お話しをしに来てくださいね~


私の心理の師匠 カズ姐さんと親友みどこの座談会

【新春企画】かずことみどこの新春大放談会

題して「こんな質問していいの?あなたの疑問になんでもお答えします!

ひとりひとりの質問に答えていく形でスピリチュアル的観点からと心理的な観点から
人が幸せにな為のお箸を
質問形式で行われます。
是非ご参加ください。

■日時と場所について

【日時】2019年1月14日(月・祝) 13時〜17時(延長もあり)
【場所】リトリーブサイコセラピー協会 大井町セミナールーム 
【料金】5400円(税込み) 当日現金払いにてお願いいたします。


プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

どうして子供のイタズラにイライラしてしまうのか

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

新年のお正月が明けてから、禊の効果でしょうか。
毎日とても元気に過ごしています。
実家に帰ると、父親が「今年平成終わるの?!」という衝撃的な一言で
絶句しながらも、母親が作った煮しめを食べ、
しゃぶしゃぶを食べケンタッキーを食べ
食べまくりのお正月となりました。
みなさんはどんなお正月を過ごされましたか?


さてさて、本日のコラム記事です。
先日ツイッターでも少し呟いたのですが、
子供がいう「ごめんなさい」という言葉についてです。
子供が泣きながらいう「ごめんなさい」という言葉には
どんな意味があるのでしょうか?

あ・・・ツイッターやってます。子育ての事や心理の事を呟いておりますので
よろしければフォロー下さいませ♡
ツイッター https://twitter.com/furutashiho

きっかけはクライアントさんからのこんな質問でした。
子供(3歳)がいたずらをして
何度も「『ごめんなさい』でしょ!」というのですが、
伝わらないのか、怒って「謝りなさい!」というと泣きながら謝るのですが
結局また同じ事してしまうんです。。。。。。
わかってないのでしょうか・・・・
イライラしてしまいます。。。。。。。と

子供って何度言っても伝わらなくて
「何回言わせるねん!!!」って言いたくなる事私にも多々ありました。

子供の年齢が小さいほど、「何度目よ・・・」と本当に同じことの繰り返し・・・
成長してないのかな。。。と頭を抱え
これでいいのかと不安に感じたり
繰り返しにイライラすることもあると思います。

「ごめんなさい」の前にお母さんの叱り方について綴ってゆきますね。

お母さんが怒ってる時ってどんな風に怒っていますか?

最初は、落ち着いて「何がダメなのか・・・」
という事を伝える事が出来ても
回数が重なると
「もういい加減にして!」「何度言ったらわかるの?!」と
声を荒げてしまうことってないですか?

この時のお母さんの「声」や「顔色」「態度」に子供は驚き
「ごめんなさい」と泣きながら謝る。。。。

この時の事を少し振り返ってみて下さい。

お母さんは何に怒りたくなっていたのでしょうか?

子供のイタズラに怒っていたはずが、、、、、、
子供の態度や、何度も言わされる嫌気がさし
何に怒ってるのかさえ解らなくなって
ただ怒に自分が支配されてしまい
豹変したような怒り方をしてしまう・・・・

こんな怒り方ダメだと思っていたのに
怒りで自分が止まらなくなる。

こんなパターンが多いかと思います。

ただ怒りに任せて怒っている
お母さんの心理とはどんな状態だと思いますか?

実は、
・子供を自分の言う事を聞かしたい
・子供を思い通りにしたい
・子供をコントロールしたい
そうする事で、
自分の感情を揺さぶられない穏やかな安全な世界を作りたい
そんな気持ちが隠れている事が多いです。

子供がお母さんの言う事を聞かずに、
何度もイタズラを繰り返されると
自分の穏やかな空間を壊されしまうような感覚が生じて

穏やかな空間を壊す相手は「人」ではなく「敵」に感じてしまい
人が「敵」になった瞬間
目の前の敵をギャフンと言わせ潰して、
二度と立てないくらいぺしゃんこにしたくなってしまうのです。

子供を恐怖で縛りつけ
これくらいやれば
「同じ事を二度としない!」だろう・・・・と親自身が感じるまで
子供を攻め立ててしまう。

実はこれは、子供を恐怖でコントロールし
親に逆らえない状態になってしまうのです、

では、これを受けた子供はどうなってしまうでしょうか?
解決方法とともに

明日のメールマガジンでこの続きをお知らせいたしますね。

子供がいたずらした時
何を伝えたかったのか。。。そんな事を考えてお読みくださいね

◆無料メルマガ読者募集中

◆1月のセッションのお知らせ◆
1月度のセッションの受付枠は全て終了致しました。

メールマガジンにご登録いただきますと、
セッション枠の優先案内を行なっております。
現在メールマガジンの配信でご予約が埋まってしまう状況が続いております。
セッションを希望される方は、
メールマガジンにご登録いただきまいて、
優先案内をご活用ください。


 

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

不安から抜け出すためにはどうしたらいいの???

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^
新年あけましておめでとうございます。
2018年から2019年の年またぎは、海でした。
あれそんな趣味あったの??
実は、今年は禊と祈りを行なっていたのです。
私は全身つける勇気はなかったので、足だけつけておりましたが
冷たい海水は波が来るたびにピキーンと刺すような痛みに変化しました。
でも、禊と祈りのときは不思議と痛みを忘れておりました。
祈り中の私。
2018年の後半は本当にしんどいと思う出来事が多く、
こんなに辛い、と思った時期はなかったかもしれません。
友人と電話でずーっと泣きあったりもしました。
それでも、これからどうしていこうか・・・・・そんな風に話し合い
自分たちはどうして行きたいんだろうと考える日々が続いていました。
そんな2018年、心折れても腐るな。そんな言葉を合言葉にしていましたが、
腐りそうになったときは
腐った枝には花は咲かね〜
折れるだけにしとけ。。。。と心を立て直すこともありました。
2019年は「花を咲かす年」そんな風に感じております。
禊が終わるとき
木の枝いっぱいに花が咲いた映像が見えました。
折れても腐らなかった木は実をつける準備ができましたと。
腐らなかった自分を褒めてやりたいと思いました(笑)
2019年の皆様に幸せと豊かさが届きますようにを祈りました。
祈りからスタート2019年
どんな1年を作って行きましょうかね^^
今年の終わりにやりきったと言えるくらい。頑張りたいと思います^^

さてさて、今日は
「不安」について綴って行きます
不安を感じた時、不安から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか。。。?
子育てをしていると様々な「不安」と出会うことがあります。
子供の成長の不安
お金の不安
両親の不安
健康の不安
人間関係の不安
不安の数を考え出したらキリがないくらい、不安ってボコボコと湧き出して来て
不安しかない・・・・・
そんな経験ってないですか?
この不安を抱えている時、こんな感覚が強くなります。
チェックしてみてください。・感情のコントロールができない
・泣きだしてしまいそう
・イライラする
・落ち着きがない。
・集中ができない
・精神的に不安定になる。
・眠れない
・食事が取れない(美味しくない)

こんな感覚が馴染みがあるなぁと思う方は、「不安」を抱えて
しんどい思いをしているかもしれません。

 

セラピーを行なっていると「不安」という言葉を口にされる方もとても多いです。
それでね、「不安について話されている時、私はこの方はどんな恐怖を抱えているんだろう。。。。」と考えています。
不安と恐怖って、とっても親密な関係があるのです。
それってどういうことかというと・・・・

不安が強くなると、
あーどうしよう。。。><とソワソワ、ハラハラ。。。ドキドキ。
そんな感覚を感じることってありませんか?
手が痺れるような
足が宙に浮くような
手足が冷たくなる。といったような感覚を感じたりしませんか?

こんな状態になると
物事を良い方向にイメージすることって難しくありませんか?

私も前にね、「不安」を感じた時もっと悪い事が起こるんじゃないかと。。。
色々妄想を始めたんです、そうすると
起こってない出来事があたかも、「起こるんじゃないか!!」って
そうするともうね。。。「恐怖しかない」って思うようになりました。
怖くて、怖くてたまらん状態。

 

不安というのは
恐れている状況が起っていない時に感じる感覚です。

めっちゃ怖い出来事が起こる可能性がある時
人は不安を感じています。

本当はまだ「怖い、恐れている出来事」が起こっていない
恐れている事が起こるかもしれない。。。それが不安の正体です。

この「不安に飲み込まれている時」人は冷静な判断が難しくなります。
冷静な判断ができなくなると感じる方もいるのはないでしょうか。

人が不安を感じている時、「脳がフリーズ状態」になり
考える事がとても難しくなるのです。
不安が強ければ、強いほど、脳はフリーズしてしまうので
冷静な判断を行うことは尚更難しくなりますよね。。。

そんなとき、どうやって、「不安」から抜け出して
冷静に判断できるようになるのでしょうか・・・・・

この続きは明日配信しますメールマガジンにてお伝えしますね。

配信は明日の12時を予定しております。
不安から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか????

◆無料メルマガ読者募集中

◆1月のセッションのお知らせ◆
1月度のセッションの受付枠は全て終了致しました。

メールマガジンにご登録いただきますと、
セッション枠の優先案内を行なっております。
現在メールマガジンの配信でご予約が埋まってしまう状況が続いております。
セッションを希望される方は、
メールマガジンにご登録いただきまいて、
優先案内をご活用ください。


 

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

完璧な母親になろうと頑張りすぎるそれは子供を苦しめる事になる

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^
メリークリスマスです!

みなさんイブはどんな風に過ごされましたか?

私は、昨日クリスマスパーティーを家族と義理の母とで行いました^^
ローストビーフを作ったのです^^

一見難しそうな料理なのですが、すっごく簡単に作れるので
得意料理というと驚かれます^^
そして朝はサンタさんが来て、トナカイは差し入れの人参をひと囓りしたようです^^

さてさて、本日のコラムは
完璧な母を目指してしまうほど子供を苦しませる。
ということに綴っていきますね〜
クリスマスだけではなく、イベントになると豪華な飾りに、手作りの料理で埋め尽くされるテーブルの写真をよく見かけませんか?
そこにはとっても温かく幸せそうな家族の風景が映り出されてる写真
すげぇな〜と思って眺めています
そういった豪華なパーティーの準備を楽しめるのはいいのですが、
これをストレスに感じながら子供が喜ぶため、子供の笑顔を見るために
頑張りすぎてしまうとマズイ事になってしまいます。
子供のために頑張りすぎてしまう。。。
それは完璧な母親を目指しているサインなのかもしれません。
サインはこんな風に表面化されます
例えば、
子供が喜ぶだろう。。。って思ってやってみたのに
子供のリアクションが想像外のリアクションを見たとき
こんな風に感じことはありませんか?
クッソーー!!
はっ?!なんで!!
あんたの為に思ったのに何その態度!!!
ムカーーー!!ときたりムキ!!ってなったって
頭の中の火山が大噴火 ボルケーノーーーーーーーー!!!!
となった後
私なんの為にやったんだろう。
と虚しくなる。。。。。
私もありました。
せっかく作った料理を残されたり
「これ要らない」
なんて言われた時は
「もう二度とお前には料理は作らない!!!」と
「ママがどんな思いで作ったと思うの?!」と
大噴火しておりました。
子供はその姿を見て「ごめんなさい。。」と泣きながら食べていましたが、
私の気持ちはそんな事ではおさまりませんでしたねぇ。。。。
嫌なら食べるなや・・・・って
こんな経験ママなら一度や二度経験した事あると思います。
実は、そこにはこんな心理が隠されています。
心理については本日メールマガジンにて配信いたしますね^^
本日配信のメールマガジンでは、1月のご予約受付日の他
クリスマス特別割引についてもお知らせいたしますね^^
配信は17時を予定しております。
◆無料メルマガ読者募集中

私の心理の師匠、カズ姐さんの1Dayセミナーが大阪で行われます。
11月16日
ダブルバインドの様々な事例についてお話があります。
大阪1DAY心理学&オープンセッション


プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

子育ての不安を解消したい。

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

外は寒くなりましたね。急に真冬がやってきた。そんな気持ちです。
学校では、腸炎やインフルエンザなど病気の話題もチラホラ聞くようになりました。
皆さんも体調管理気をつけてくださいね^^

さてさて、本日のコラムです。
「子育ての不安を解消したい」
子育てに関する不安を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?
心理的なアプローチが子育ての不安を解消してくれます。

お母さんの不安が強くとなると増えるものがあります。
それはなんだと思いますか?

不安が強くなりすぎると
親子関係に亀裂が入り、親子関係が壊れてしまうだけではなく、
お子さんが成長して大人になった時、
人間関係や恋愛がうまくいかなくなってしまいます。

 

子育てって幼少期から青年期まで考えると「不安」と「心配」はつきものです。
先ほども書きましたが、
冬で風邪引かないか。
インフルエンザにならないか。という病気の心配だけじゃなく
授業についていけているのか。
勉強は行き詰まってないか。
お友達と仲良くできているか。
いじめにあってないか。。。
いじめていないか。。。
何かトラブルに巻き込まれてないか。
仲間はずれになってないか。。。。
ヤンキーとつるんでないか。。。。

などなど
日常的な心配や不安を抱えているお母さんも多いですよね。

不安の強いお母さんの中には、
インフルエンザが教室で出た。と聞いただけで、
その子の座ってる席はどこ?
最後にいつ話した?
などと事細く子供に尋ね
あ〜〜もーーーあかん。。。。近くやった。。。うつるかもしれない・・・・
と不安になったり

帰宅が遅れると、誘拐されたのでは?!事故にあったのでは?!と焦り
家を飛び出し、探し回る、、、というお母さんもいます。

少し、ここで不安のチェックをしてみましょう。

・子供が毎日何をしているか気になる。
・友達関係を把握していないと気が済まない。
・子供の行動が気になって仕方ない。
・この子はこのままで大丈夫だろうかと過剰に思うことがある。
・学校から帰ってきたら何があったか根掘り葉掘り聞く
・⚪︎⚪︎ちゃんとは遊んではダメ、と友達に関係に口出しする。
・危険だと思ったら「危ないからダメ!」と阻止する
・子供のやることに「こうしなさい」と先にアドバスする。
・子供のやることにハラハラしてさせることができない。
・子供の嫌がることはさせない。
・兄弟喧嘩にすぐに仲裁に入る。
・子育ての心配を話せる人がいない。
・子育てを理解してくれる人がいない。
・夫婦仲が良くない。
・子育て全てを任されている。

チェックが多いと子育てに不安が強くなっているかもしれません。

子供のことを把握していて、なんでも親に話せる。
一見、仲が良さそうな親子関係に見えます。


しかしそれは、「子供思い」という暖かな感情だけではなく。
私を不安にさせないでという「不安という感情」から始まっている
「支配」が起こしている可能性があります。

それは、本当に子供の為だけを思っているものなのでしょうか・・・・

「子育てに不安が強いお母さんに増えるものがあると。
冒頭でお話ししました。
増えるものそれは「禁止」と「支配」です。

不安。という感情は人はあまり歓迎できない感情で
感じたくない感情でもあります。

そう。。。感じたくないから
不安になりたくないから
お母さんの不安になる事はしないでという「禁止」
無意識にお母さんの思うことだけをしていてほしいという「支配」
ということを無意識に行ってしまうのです。

子供の「やりたい」という気持ちよりも、
お母さんの不安が優先されてしまいます。

子供は、自分で様々なことに挑戦して、失敗してながら
色々なこと経験して成長していきます。

しかし、親から「禁止」と「支配」が強くなると
子供は挑戦することも
失敗することできず
経験できまいなまま、年齢だけが大きくなってします。

挑戦する事を禁止してしまいできなくなったり
人間関係で人を「支配・コントロール」をしてしまい、
人間関係がうまくいかなくなったり
恋人に対しても支配・コントロールを行なってしまいます。

お母さんの不安というのは、子供の人生を左右してしまう
感情でもあるのです。

私のセッションに来られる方のほとんどは、
幼少期から
親からの「禁止」や「支配」があり
「不安」が強く何をするのも「不安」な気持ちが先行してしまい
「いつも不安だ」とお話されています。

いつ頃から「不安」な気持ちを抱えていたか。
振り返ってみるのもいいかもしれませんね^^

さて、その不安を解消するためにはどうしたらいいのか。
それは、明日配信します、メルマガで解消方法をお伝えさせていただきます。

子育てに「不安が」強く。解消したいな。と悩まれている方は
ぜひ無料メールマガジンの登録してくださいね^^

◆無料メルマガ読者募集中

私の心理の師匠、カズ姐さんの1Dayセミナーが大阪で行われます。
11月16日
ダブルバインドの様々な事例についてお話があります。
大阪1DAY心理学&オープンセッション


プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

 

母の依存に苦しむ子供達

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^
2018年もいよいよ終わりに近づいた12月ですね。
来年のイベントやお茶会などご用意しておりますので、
楽しみにしていてくださいね^^
M-1グランプリがありました。
元芸人の私は、このM-1を見るたびに昔のことを思い出します。
芸人を目指していた頃、「みんなの笑顔が見たい」そう思っていました。
今はやり方は違いますが、その思いは変わらず持ち続けています。今でもテレビに出てるところ見て見たーい。なんて声をいただきますが
また出ることはあるのかなぁと笑っています。


さてさて、今日のコラムは、「母親の依存に苦しむ子供達」

お母さんは子供に「依存している」なんて思ってもいないかもしれません。
子供の将来を思い、口出し、手出しし

「あなたの為を思ってやっているだけ」その思いが子供を苦しめることになるかもしれません。

どうして、子供に依存してしまうのでしょうか・・・・・

「毒親」という言葉でテレビで特集があったり、「毒親」という言葉が浸透してきているように感じます。

毒親とは

虐待などで子供の心を傷つける。子供の自立を妨げたりする親の事を言います。

虐待だけが、毒親の特徴ではありません。
過保護、過干渉、
束縛する親。子供を支配コントロールすることも、毒親の特徴です。

母親の依存に苦しみ始める
それは終わることのない苦しみの始まりとなるのです。
クライアントのYさん(女性)は自分が母親から依存されている。
とは思ってもいませんでした。母に頼られる訳でもなく、母親に束縛されている感覚もありませんでした。

Yさんの悩みは、「いつも自信がなく、仕事場でもいつも仕事が遅いと怒られる」こと

自信を持つことができれば、きちんと仕事をこなし。怒られる事はなくなるのではないか・・・・・
そんなYさんのお話を伺っていると、
要所要所に「お母さん」という言葉が出てきます。
お母さんの為に、今の仕事を選んだ。
お母さんが結婚しろというからした。
お母さんは子供もいるんだから頑張りなさい!!!という。
Yさんは幼少期は、お母さんが怒らないように。
お母さんの機嫌が悪くならないように。。。。。とお母さんの顔色を常に伺っていました。
お母さんはというと。。。。
テストの点数が悪いと、何時間も正座をさせられ、怒られる。
言われて事をできていないと。「お母さんだってしんどいんだからね!!!!」
どうしてお母さんのいう事を聞けないの?!できないの!!!と時にはヒステリックにYさんに暴言を浴びせることもありました。
「なんでちゃんとできないの!!!!」「なんでいう事を聞けないの!!!!」
涙を流すと。
「泣きたいのは私の方!なんであなたが泣くの!!!!」と泣きながら叫ぶ母親。
Yさんはお母さんから逃げ出したい・・・と小学生の頃には思っていたと言います。
でも、大人になってもお母さんから逃げ出さずに、
親の近くで暮らし。親の言う事を今も聴き続けている。
「お母さんがいなかったら、私は何もできない」お母さんに依存しているんです。
と涙ながらに話されていました。でも、これは、お母さんに依存している娘。。。。ではなく

母親も、娘に依存しているのです。
そして、娘は、母親に依存する事で、母親を助けているのです。

お母さんはどうして、子供に依存しているのでしょうか????

この続きは明日の12時に配信するメールマガジンにてお話させていただきますね^^

子供に見捨てられることが怖い。。。。
子供にはそばにいてほしい・・・・・そんな思いを持つお母さんに届けたいメルマガです。

◆無料メルマガ読者募集中

私の心理の師匠、カズ姐さんの1Dayセミナーが大阪で行われます

ダブルバインドの様々な事例についてお話しします。
大阪1DAY心理学&オープンセッション


プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる


この苦しさ今すぐ楽になりたい。

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^
今日、張り切ってお風呂掃除の大掃除をしようと、
シャワーを出しながら床を磨いていたら、
シャワーがズボ!という音と共に抜けてしまって、
中途半端にフィニッシュ!切り替えてトイレ掃除をしておりました。
大掃除に季節が参りましたね。今年の汚れ、今年のうちに❤︎


さて、
子育てをしていると、毎日慌ただしくて、
なんだか、私の方が泣き出しそう。と心が不安定になって、
育児や家事に手が付けられない。
そんな時ありませんか?
気を緩めると泣いてしまいそう。
そんな自分を抑えるのにいっぱい、いっぱいなのに、
子供はいうことを聞いてくれなかったり、
突然気絶しそうな事やらかしてくれてたり。。。
もぅやめてよ!と怒ってしまって、
また自己嫌悪に。。。というループ、
ハマってしまったら抜け出す方法もなく
強い孤独感に苛まれて、出口のない暗いトンネルに入ってしまったような気持ちってしまうことってないですか?

旦那さんにもなかなか打ち明けられない方もいれば、
打ち明けたところで、解決しない。
現状は何一つ変わらない。。。。。

私が我慢しなきゃいけないのか・・・・・・
私が我慢していればいいでしょ、、、、、

怒りながら、涙をこらえながら家事や育児をする
心の状態って育児や家事に直接影響を与えてしまいます。
ちょっと涙をこぼしてしまったら自分が壊れてしまいそうな気持ちになってしまう。
そこまで追い詰められても
なお頑張るしかない。。。。それって本当に辛くしんどい事です。
そんな時、自分の心を一度整理してみると、本当の問題が見えてくることがあります。

本当の問題って何?って思われるかもしれません。

実は、
本当の問題に触れないように、
一番起きて欲しくない問題が起こらないように
不安な気持ちと怖さで
無意識に心や行動にブレーキをかけてしまっています。

それをし続けると、体が過度に緊張してしまい

心や体がしんどくなって、
孤独感はさらに強くなってしまう
もっとしんどくなってしまいます。
どうして、不安なのか。
何が怖いのか。
それが本当の問題なのです。
何が本当の問題かわからない状態は
ただ苦しく、しんどくなってしまいます。最近、しんどい。辛いな。。。って思ったら一度
ご自身の心で何が起こっているかを言葉にして話してみてください。話してみると、心の状態が整理されて
不安や怖さが軽くなって、
心が楽になり、日常生活で涙をこらえなくて良くなってきます。心の声を言葉にしてみてくださいね

日本全国で活躍する心理セラピストが
あなたのお話を伺っております。
新たに3名のセラピスト 福満 多岐子さん
田中 めぐみさん ひがしさやかさんも皆さんのお悩み、
お話に寄り添い、本当の問題に気づかせてくれます。

今日、聞いてほしい。今苦しい、、、そんな時に
当日でもお申し込みは可能となりました!


私の心理の師匠、カズ姐さんの1Dayセミナーが大阪で行われます

ダブルバインドの様々な事例についてお話しします。
大阪1DAY心理学&オープンセッション


プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

◆無料メルマガ読者募集中

子供が自分に似てくるとゾッとする

みなさんこんにちは、
大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 
心理セラピーを行っています。古田しほです^^
気がつけば11月ももう中旬になりましたね。
そしてもう年末へ。
20過ぎたら1年早くなるよー
なんて言われてたのは遠い昔のことの、30代は更に加速して、
40代って一瞬で過ぎてしまうかもしれない。。。オドオド。さて、先日セッションを終えた後の送迎の時間にクライアントさんが
「自分の子供が自分と似てる。って思った瞬間ゾッとするんですよね〜」
とお話くださいました。

子育てをしていると、「あ〜私に似てるな〜」「夫と似てるなぁ〜」と
思う感じることは多々あると思います。
それは、顔立ちだけの話ではなく、「性格」についても。

そして、
自分がゾッとする部分は、「性格」が似てると感じた瞬間。
が多いのではないでしょうか。

実はこのゾッとするという反応。心理的に二つの要因があります。
両方とも根深いんですよー

自分が、自分の嫌いな部分と子供が似ててくる

自分が今の性格でいて苦労を重ねていたり、
人とうまく関われないなくて辛い思いを沢山してきた。

だから子供にはそんな思いをさせたくなくて、試行錯誤しながら
子育てしてきたのに。

似てくる。。。。ため息を漏らしたくなる瞬間でもあると思います。

子供が似てくる。。。これは意識的に止めたくても、
それはとっても難しいことなのです。

子供は一番身近な親の真似をして生きることが安全に生きる方法だと
本能的に知っているからです。

親の真似をするしか生きるすべを知らないのです。

私たちって自分の嫌いな部分を受け入れることってなかなか難しいと思いませんか?

例えば、
人の顔色ばかりを伺っている自分が嫌い。そんな自分が嫌い。
そんな自分を変えたい。って思っている時って
自分を受け入れられていない状態なんですよね。
人の顔色を伺っている自分を排除したい。消し去りたい。って思う事あると思います。

子供が、お母さんの顔色を伺ってくると
「そんな事しなくていい!」子供が自由になるようにのびのびと育つ工夫をするんだけど

そう思っていると、
子供が我慢していないか。
ニコニコしているか。
無理してないか。と不安になり
子供の状態をよーく観察する。
その顔ってね実は、すっごい真顔で、たまーに怖い顔になってるんです。

子供がニコニコしてると「のびのびとやってるなぁ」って安心する。

これって子供の顔色を伺っているんですよね。

子供はといえば
そんなお母さんの様子はよーく観察しています。

自分がニコニコしていたら、お母さんの機嫌っていいんだなぁって
学ぶと子供は、お母さんのためにニコニコするようになります。

笑っていたら、受け入れてもらえるって。
逆に、我慢してたりしてたら、お母さんすごい不安そうな形相で見てくる。。。
怖い。心配。。。

お母さんが心配な顔をしていると
子供ってこんな風に言いませんか?
「ママ笑って」
「ママにっこりだよ
なんて無邪気に。

そしたらお母さん罪悪感を感じちゃう。
子供に心配させてしまった。。。。
子供に顔色を伺わせるなんて私はダメな親だ。って感じることがあると思います。

自分の嫌いなところは子供に似て欲しくない。。。
ゾッとする一つ目の正体は「自己否定」からくるもの。

自分を否定している部分に似ていくるとゾッとするから
自分に似ないように、子供の顔色や仕草を観察する。
それが返って、子供に不安を与え、お母さんの顔色を見るようになってしまうのです。

これって、みんななんとなく気がついてる部分でもあるのですが
解決する方法ってなかなか難しいんですよね。

でよく、自分を好きになれば解決するんじゃないか。って
自分を好きになろうとするのですが。
そうすると
次の問題が勃発してくるのです。

実は根っこの問題が解決していないからなのです。

根っこの問題はなんでしょうか?

この根っこの問題を抱えたまま生きていると、
次から次へと不安が押し寄せ、イライラが増えたり。
何もかも投げ出してしまいたくなったりします。

その根っこの問題については、メルマガでお伝えしますね。

あとメルマガで12月のセッション先行予約の受付の日程をお知らせ致します。

ご登録はこちからから
◆無料メルマガ読者募集中


日本リトリーブサイコセラピー協会主催
1DAYセミナー&オープンセッションを
東京で開催しまーーーす!!

『心理で読み解く!目に見えない世界』
〜「わたし、もらいやすいんです」←それって本当?〜

11月23日(祝)場所・品川区大井町
お申し込みはこちらをクリック★
↓ ↓ ↓ ↓
https://jnpta.com/seminar-event/201811_tokyo

どなたさまも大歓迎!!ぜひ、お越しくださいね!!


私の心理の師匠、カズ姐さんの1Dayセミナーが福岡と大阪で行われます
福岡は3名ほど欠員が出たそうです

心理学を気軽にかじってみたい方に、、、
福岡1DAY心理学&オープンセッション

ダブルバインドの様々な事例についてお話しします。
大阪1DAY心理学&オープンセッション

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

◆セッションの予約受付日をみる

◆無料メルマガ読者募集中