居場所。安心感。欲しいな・・・人間関係の悩みを紐解いた1日

こんな方にオススメ記事▼

・人間関係に疲れた

・人間関係の問題を解決したい

・人間関係がうまくいかない理由が知りたい

自分を変えようと頑張る事を止めようと思った。

人間関係を円滑にする為に自分を変えようとすることは
それはかんばり続けないといけない。という苦しさがついて回ってきます。

昨日大阪でリトリーブサイコセラピー協会の公認セラピスト
喜多村純子福満多岐子古田しほの3名で行ったリレーセミナー
3者3様の語りでとっても盛り上がりました

人間関係で悩むのは「性格」のせいじゃない!
自由で安心できる人間関係を手に入れるための1dayセミナー

が開催されました。

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

リレーセミナーという始めの試みの講座、
近畿地方の方だけではなく、
東京・福岡・島根といった遠方のからお越しいただき
24名のご参加をいただきました、
とーっても嬉しかったです^^

子育てや夫婦関係の中に起こる人間関係の問題を解決する方法

担当したのは喜多村純子さん

純子さんの実体験も含めながら
子育ての苦悩、夫婦関係の苦悩  、

子育てをしている私も「あった!あった!!」と思いながら
首を縦に大きく頷いておりました。

子育って、自分が子供時代の気持ちを無意識に「投影」してしまいます。
その投影が、子育ての「不安」やストレスに繋がっているんですよね。。。。

どうして「親」はストレスを抱えながら
育児をするのか・・・・
そのストレスがどのように親子・夫婦といった人間関係に影響を与えるのか

親の不安って無意識に子育てに影響を与えるんですよね。

その不安を夫婦間で共有できればよかったのに、
それを夫に相談できず、一人で抱え込んでしまうお母さん。

不安の正体・・・・その正体を知ることが
親子間、夫婦間の人間関係を円滑にする秘訣があったのです。

ご参加いただい方からは、
私も同じ事やってた・・・・・
ねばならない。という思いは、夫も含め周りの人に認めてもらいたい。
そんな思いを持ってやっていた自分に気がついた。
なんてお声をいただきました。

この日、純子さん20年ぶりに旦那さんからプレゼントされた

スカートを履いたそうですよ(関係ない)

会社、職場での人間関係、対人関係って重要な

お次は、リトリーブ界では「福満社長」と呼ばれている
福満多岐子さん

笑いの絶えない1時間、さすが福満社長

職場での人間関係の根底にあるものって何だろう???

 

それは、誰しもが抱える「認めて欲しい気持ち」承認欲求。
この承認欲求が人間関係を拗らせてしまう。

人から認めてもらい・・・・その気持ちが過剰になった時
人は、どんな行動を起こしてしまうの?

逆に、
人から認めてもらいたい・・・・その気持ちが希薄にった時
人はどんな行動を起こしてしまうの?

承認欲求の濃度が過剰。希薄どちらに傾いてしまっても
起こる問題があります。

承認欲求が起こす人間関係のモヤモヤ・イライラ

頑張りすぎて周りの人にイライラしていたけど
「周りから◎をもらおうとしていたんだな」と
思うと楽になれそう

普段意識することはなかったけど、
私は、認めてもらいたい。。。って気持ちをすごーく持っていた
そんな自分に気がついた。。。

自分の隠れてた気持ちに気づくってすごく大切!

人間関係でモヤモヤした時に
「あ〜私の中の承認欲求が疼いてるんだ」ってこれから気づけるもんね

2月9日実は、福満さんにとってリトリーブと出会った日。
そんな日に1dayセミナー開催。お肉の日はリートリーブの記念日(これも関係ない)

人間関係を良くする為に自分を変えると苦しくなる

ランチ休憩を挟んで、3番目は私でした。

あなたにとって人と関わるという事はどういう事?
人と関わる事でどんな感覚を得たいですか?

そんな質問から始まりました。

人間関係がうまくいかない時
そんな時、「自分が変われば、なんとかなるんじゃないかって」
自分を変える為に頑張ろうとする。

そういった人の心の中ではどんなことが起こっているんでしょうか?

人と関わりたい気持ち、
人間関係に疲れて
人と関わりたくない気持ち

相反する二つの気持ちに挟まれた時、
人は「どうしたらいいんだろう」って悩みを抱えます。

そんな思いの心の底には

人と関わることの怖さ。
関わらないことの怖さ。
が隠れています。

そんな怖さにも、承認欲求が潜んでいる。
そんなお話をさせていただきました。

関わらない・・・やっぱ孤独。。強くならなくちゃという
思いを持っていた事に気がついた

居場所。安心感。欲しいな・・・
その為にみんな頑張っちゃうんだなあと思いました。

そう。。。居場所が欲しくて、孤独にならない
安心感が欲しくて。
人と関わるのしんどいなって思っても、
人を求めてしまうんですよね。

人間関係の悩み。。。オープンセッション

3人それぞれ講義が終わった後は、オープンセッション。

セッションの内容は割愛いたしますが、

セッション中涙する人が続出、

オープンセッションでは、絶対に感情移入はしないだろうと思っていた。
だけど・・・
実際に見てみると
息が苦しくなり、涙が溢れたりしました。
どこでスイッチが入ったのかわからないけれど
まだ、自分の中に癒したいものがあるんだなと気づきました。

1日を通して気分が楽になりました。ありがとうございました。
M.Kさま

それだけ、頑張ってきたし、我慢してきたんだよ・・・・・
苦しくても、苦しいなんて言えない。
そんな辛さが、セッションを見ていると
自分の過去の気持ちが刺激され

抑え込んでいた思いが溢れ出てきてしまいます。

オープンセッションを終えると、
なぜか会場の空気がガラリと変わりました。

疲れはあるけれど、みんなちょと気持ちが落ち着いたのか
リラックスされていました。

表情もすごく穏やか。

みんな本当にお連れ様でした!!!

掲載許可をいただいた、ご感想を紹介させていただきますね。

 

中野彩子さま

3人3様のカラーも違い、面白かったです。
子育ての話。職場の話、吉本の話。自分の経験だからこそ話せるし
説得力がある。
面白いなぁと思いました。
自分の中に安心感があれば、どこにいても安心できるという言葉に
その通りだなと思いました。

 

石原由美子様

3人の方々のエピソードから心理の話に繋がる流れが
とても分かり易かったです。
セラピストの方々も悩みがってそれを乗り越えてこられたという姿が
自分も変われるんだ。という勇気に繋がると感じました

会場の雰囲気も暖かくて良かったです。

 

 

T.kさま
初めて参加しました。
人間関係のことで。好きな仕事もモチベーションが下がり、面白くない毎日
オープンセッションってどんなのか・・・とワクワクでした。
自分の中にある閉じ込めていた感情を出すことは大変なんですね・・・
でも、悩みの元はそこだ!!ということがわかりました

紹介しきれないくらいのご感想をいただきました。
ありがとうございました!!

次回は5月17日!!テーマはきっと共依存!!

今回参加された方も、参加できなかった方もぜひご参加お待ちしております。

気持ちをつかむ文章教室▼

小説家、奈須崇さんと心理セラピスト古田しほのコラボセミナー

書きたい事を書けるように脳を整理し

読み手の気持ちをつかむ文章教室を開催

◆セッションの予約受付日をみる

◆無料メルマガ読者募集中

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*