【愛着障害】あなたの愛着スタイルとは?愛着スタイルチェックリスト

愛着スタイルという言葉をご存知でしょうか?

日本における愛着障害の第一人者である精神科医の岡田尊司先生は
愛着障害には、安定型・不安定型不安型・回避型・恐れ、回避型の4つの愛着スタイルが愛着あると解説されています。
愛着不安定型の愛着スタイルを持つ人は、1/3人にも達すると言われています。

不安定な愛着スタイルは、
大切な人と適切な距離を保つことが出来ず、依存関係を引き起こしたり、自らを孤独に追い込んでしまう。
安定した人間関係を求めつつ、不安で相手を信じられなくなったり、相手からの好意が重荷に感じてしまう
良好な人間関係を築きにくくなってしまいます。

愛着は人との関わりのベースとなってしますが、人生の土台でもあります。
愛着が傷ついたままだと

積極的にチャレンジすることができず、自分のやりたいことができずじまいになってしまう。
自己肯定感が持てず、自分を否定したり卑下ししてしまう。
将来に義帽が見いだせない。
など人生の様々な場面で「愛着の壁」が現れ人生の行く手を遮られてしまいます。

このような人生の様々な場面で起こるトラブルや悩みの解決の鍵は愛着スタイルにあります。
自分自身がどのような愛着スタイルを持つか理解することで、解決方法を見出す手がかりとなってきます。

今日は、
自分が持つ愛着スタイルとは?
愛着のスタイルのチェックリストを作成しましたので、
自分がどの愛着スタイルを持っているか、チェックしてみてください。

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

愛着スタイルをチェックしてみよう

Aタイプ▼

【人間関係】
・人に嫌われたくない
・いつも人に気を使ってしまう
・相手の顔色が異常に気になる。
・人からどう思われてるか、気になってしかたない。
・人から、愛されたい。受け入れられたい。認めてもらいたい。という気持ちが強い
・自己アピールがうまくできなず、本音を抑えて人の合わせてしまう
・相手に依存しすぎるタイプ
・人が離れていってしまわないか。。。と考えることが多い
・強く相手を求めているのに、拒絶されるのが怖くて、相手を逆に拒絶してしまうこともある。

【日常生活】
・落ち込みやすい
・文句や愚痴が多い
・ネガテイブな感情を引きずりやすい
・自信がない
・自己嫌悪になることが多い
・不安が強く、行動に起こすことができない

 

Bタイプ▼

【人間関係】
・距離を置いた対人関係がいい
・「親密さ」は重みに感じる
・縛られたくない
・人に依存もしないかわりに人から依存されることを迷惑と感じる
・仲間と一緒にいても否定的な意見が多く、
・人の気持ちを共感する事ができない(困難に感じる)
・愛情表現が苦手
・人の対して無関心になる
・人の頼る事や相談することができない。
・人とぶつかり合うのが苦手
・継続的な人間関係を築くのが苦手

【日常生活】
・面倒なことやトラブルはできるだけ避けたい
・面倒くさがり屋
・自分はさめている(クールすぎる)と感じる
・集団行動より単独行動が好き
・葛藤を避けようとする
・あまり感情を表情に出さない

 

あなたが持つ愛着スタイルとは?

Aタイプが多い・・・不安型スタイル
Bタイプが多い・・・回避型愛着スタイル
ABともに思い当たる事が多い場合・・・恐れ、回避型スタイル

愛着不安型スタイルの特徴
人の顔色ばかりみてしまい。空回りしているのが特徴です。
「相手はこう思っているのではないか?」と考えていますが、
ほとんどは、その通りではなく思い違いをしていることが多くあります。

目の前の人が不機嫌な姿を見ると
人から嫌われる事や、受け入れてもらえないこと、認めてもらえないことに不安をいだいて、
自分が、何かマズイ事をしたからではないか???と感じ自分を責めてしまいます。

相手がどうであれ、【自分がどう思われているか】かという事にしか関心を持つことができないからです。

相手の機嫌を伺いに、あれこれ気を回し過ぎて疲れてしまいます。

愛着回避型スタイルの特徴

人に縛られるのが嫌いで、人に依存もしなければ、依存されない関係性が心地よいと感じるのが特徴です。

自立していることが最良と感じているので、他人に迷惑をかけない事が大切なので
仕事では、全て自分で抱え込み他人に頼ったり助けを求めることができません。

愛着スタイル恐れ回避の特徴

人を強く求めながらも、拒んでしまうのが、恐れ回避型の特徴です。
人から傷つけられる事や拒絶される事を極端に恐れて、人に近づく事ができません。

でも、人が好きで、人を恋しいとも思っています。
常にアンビバレントな感覚で自分がどうしたいのかわからなくなってしまいます。

回避型との違いは、人の思いに共感できるという点です。
人の表情に対しては敏感で、人を助けてあげたいと感じるのですが、余計なことをして・・・・見捨てらたら・・・
と不安もとても強く人に近づく事に困難さを感じてしまいます。

安定型愛着スタイルを持つ人とは

自分が信頼している人は、自分の事を裏切らず、受け止めてくれると信じる事ができます。

相手が自分をどう思っているか・・・と悩む事も少なく、
人間関係でストレスレスを抱える事もほとんどありません。

自己肯定感も高く、自分の事や他人のこと、物事でさえも、
肯定的に捉えることができ、相手や自分の意思を尊重しようと努めます。

自分の強みや弱さを理解しているので、
「自分はダメだな」と感じる事があっても、卑下したりせず、ありのままを受け止めることができる

誰かの評価や、批判を気にするのではなく、
「自分の意思で行動する」事に迷いがなく、自分の意志を「自分はこうしたい」とはっきり伝え行動に起こすことが出来ます。

目指すのは、愛着安定型スタイル

愛着の傷を癒やし、不安定な部分を補い、安定型愛着スタイルを手に入れることが
愛着問題の解決に繋がっていきます。

どうすれば、今の生きづらさを克服し、人生をより楽しく生きることができるか。
今抱えている問題を解決して、より幸せにいきることができるか。

その鍵を握っているのは、自分自身の持つ愛着スタイルでもあります。

次回は、愛着スタイル不安型さんについて更に深堀りしてゆきます。

参考記事

 

 

愛情は自分の苦しみと引き換え…【愛着スタイル不安型】の特徴について

今日のテーマは愛着障害の「不安型」についてです。 会社にいても、家族といても、相手の顔色や機嫌を伺い。いつも人に気を使う 自分の言動で相手の反応に違和感を感じると、 自分の何がいけなかったのか・・・・ 相手に嫌われてしま …続きを読む

 

 

 

 

「逃げたい」 「消えたくなる」なる病 愛着障害回避型とは

今回のテーマは愛着障害の「回避型」についてです。 回避性愛着スタイルを持つ人の特徴は 距離を置いた対人関係を好み、人と一緒にいると窮屈感を感じる。 自立心が強く、お互いに自立することが最良だと感じ、人に頼る事・頼られる関 …続きを読む

 

 

 

◆無料メルマガ読者募集中

◆セッションの予約受付日をみる

 

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*