「逃げたい」 「消えたくなる」なる病 愛着障害回避型とは

今回のテーマは愛着障害の「回避型」についてです。

回避性愛着スタイルを持つ人の特徴は

距離を置いた対人関係を好み、人と一緒にいると窮屈感を感じる。
自立心が強く、お互いに自立することが最良だと感じ、人に頼る事・頼られる関係性が苦手でもあります。
人に頼ることが出来ずに仕事では、独りで背負い込みやすく人に相談できずに、トラブルが大きくなってしまうこともしばしば。

どうして人を拒み、関わりを避けるのでしょうか?
回避型さんが抱えやすい悩みとは?
その原因はなんでしょうか??

回避型さんの悩みの根本の原因がわかるブログとなっております。
最後までお付き合いください。

みなさんこんにちは、大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー®
心理セラピーを行っています。古田しほです^^

回避型さんが抱えやすい悩みTOP3

私のところに来られたクライアントさんのデータをもとに、
回避型さんの抱えやすい悩みTOP3を選んでみました。

人に頼ることができない。
仕事を独りで抱え込んでしまい、
気がつけば抱え込めないほどパンパンになってしまって自分ではどうしたらいいのかわからない。辛い・・・・

子供を愛せない子供が近づいてくると、どうしても避けたくなる。
独りで遊んでいてほしい・・・・そんなの母親としてどうなんだろうか・・・・・


逃げ出したくなる
嫌だなぁ。しんどい。辛い。。。といったネガティブな感情を感じた時に
「ココから居なくなりたい」「消えたい」・「逃げ出したい」とう思いが強くてなってしまう

どうして「回避型」になるの?

幼少期養育関係にある、保護者からの愛情表現が乏しく、
子どもとのコミニュケーション不足により、回避型スタイルが形成される傾向があります。

親のサポート部不足
困ったことがあったり、心が傷つくなど、親からの助けて手が必要になった時に、
「自分んの事だから自分でやりなさい」「あなたがもっとしっかりとしたいない」などといった言葉や態度で接しられると時、
自分のことは自分でやらなければならない。と自立の意識が強くなり、人と関わるより自分でやなければならないと回避傾向になりやすくなります。

大人になると…
人に助けを求める事ができない、人に相談することが出来ない。
といった悩みの種となってきます。

育ての親が回避傾向が強かった
親自身の愛着スタイルが回避傾向が強い場合、親自身、子どものとの親密・情緒的な関わりを避ける傾向あります。
子どもが近づくとイライラしたり、声を荒げてしまう。
子どもに時間を奪われる事を嫌う。

だから、子どもは、親の機嫌を損ねないようにする為に、無意識で親に近づかない事が自分の事を自分で行い。親の手を煩わせないように、
親に近づかない事が最善なのだと学び、回避となってしまうこともあります。

親の回避型スタイルは、子どもが親になった時に、子育てに強い影響を与えます。
自分自身の子どもとのスキンシップが苦手になったり、子供と関わる事を避ける。
自分の親にされて嫌だったことをしてしまう事で、コレじゃマズイ。。。と自分自身の愛着スタイルと向き合うきっかけになる事が多くあります。

このように幼少期の養育経験の中で
親から「子ども」として適切な助けや愛を受けることが出来なかった場合、
大人になって「愛着回避型」スタイルを持ち、生き辛さを持つようになってしまいます。

回避型スタイルを持つ人大きな特徴は、「葛藤を避ける」ということ

人とトラブルが起こった時
人とぶつかるくらいなら、自分から見を引くことで、状況の収拾を図ろうとします。

「自分がいなくなれば、この問題は解決する」と
実際にトラブルが起こった時に、その場から去る事を選ぶ事も多くあります。

その場で、仲間たちと解決方法を練るのには、
人と関わる事や、Aを取るかBを取るかといった葛藤が生まれる事があります。
この葛藤を「去る」というかたちで避けてしまうのです。

これは、
自分の感情も同じで、ネガティブな感情を感じた時に、この状況から脱出するために、逃げたい。消えたい。。。と感じてしまうのです。

葛藤を避け続ける事は、人生のあらゆる局面で乗り越えられる壁も、逃げてしまい。人生を前に進まず停滞してしまいます。
回避型愛着スタイルをそのままにしておくと
人生を積極的に生きるチカラを奪われ目の前にきた幸せになるチャンスを自ら逃してしまう事もにもなってしまいます。

まとめ

回避型さんの特徴と悩みの原因となる幼少期の養育経験についてお話しました。

 

人を拒み生きる愛着障害回避型さんの心の傷は、求めても応えてもらえなかった悲しみが存在しています。
悲しみを癒やしていくと、人との関わりに抵抗が薄れ、人と関わる事ができるようになってきます。

次回は、問題が複雑化しやすい。愛着障害恐れ回避型についてお話いしたいと思います。
そちらもぜひ参考にしてください。

参考記事

 

愛情は自分の苦しみと引き換え…【愛着スタイル不安型】の特徴について

今日のテーマは愛着障害の「不安型」についてです。 会社にいても、家族といても、相手の顔色や機嫌を伺い。いつも人に気を使う 自分の言動で相手の反応に違和感を感じると、 自分の何がいけなかったのか・・・・ 相手に嫌われてしま …続きを読む

 

 

 


【愛着障害】あなたの愛着スタイルとは?愛着スタイルチェックリスト

愛着スタイルという言葉をご存知でしょうか? 日本における愛着障害の第一人者である精神科医の岡田尊司先生は 愛着障害には、安定型・不安定型【不安型・回避型・恐れ、回避型】の4つの愛着スタイルが愛着あると解説されています。 …続きを読む

 

◆無料メルマガ読者募集中

◆セッションの予約受付日をみる

 

プロの手を借りて頭を整理したい。
モヤモヤをスッキリさせたい。
そんな時は日本リトリーブサイコセラピー協会のセラピストが行う
電話カウンセリングをご利用ください。

日本リトリーブサイコセラピー協会の
メルマガの発行がスタートしました!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*